Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 21日

久しぶりに緊張が走ったぜ!  城ヶ島大橋

房総半島から眺めると、対岸の城ヶ島は蜃気楼さながら。
足元の辺りをおぼつかな気に、お盆を伏せたような真っ平らな島影で海の向こうに浮かんで見える。
梅雨時に目標を視認しながらのクルーズ、こんなことは滅多に無い。
男四人は、「これ人徳のいたすところ」などと言い合い、久しぶり(二十日)に海を渡って城ヶ島大橋を目指した。
d0007653_7401727.jpg
Hinanoにはこの城ヶ島大橋を潜る時、ゲストに告げる言葉を持っている。
「船が波と波の間の底に入った時、急いで潜って仕舞わないと、マストが大変なことになるんだ。しっかり上を観ててくれ」
話を聞いたゲストに緊張が走るのを見て、クルーもマストの下などに張り付いたりして演技を開始する。
「それでは波のリズムとりま~す」
水面と橋桁までの高さは、最大満潮時で22メートル。
Hinanoのマストトップは18メートルだから、ぶつかる恐れはないのだけれど、真下から見上げた時の2メートルの差なんて、無いに等しい。
それどころかマストの方が高くさえ見えるのである。
直ぐにでもゴッツンコするか、衝突の勢いでポッキンと折れるか・・・・。
マストトップを見上げて固唾を呑むゲストの緊張が楽しくて、何度やってもやめられない、とまらないい悪戯、まだまだ続くことだろう。
d0007653_9252321.jpg
その橋桁潜りで、今回は男四人にゲスト並の緊張が走った。
改装中なのか、定期点検なのか。
三枚の映像ではうまく捉えられていないけれど、橋桁に工事用の足場が組まれていて、キャンバスの覆いが掛けられている。
垂れ下がったキャンバス地の丈で判断すると、橋は目測2メートルほど低くなっている。
つまり、「最大満潮時」を抜きにすれば橋の底とHinanoのマストトップとの高さは全くのイコールである。
エンジンを超スローに、いつでもバックに切り替えられるようにして、そろりそろりと前進します。
ぶつからないことは判っていても、四人の気持ち、ゲストとまったく同じ。
緊張の一瞬でございました~。
d0007653_9482825.jpg





東京湾にそそぐ大中小の河川から、一斉に泥水が流れ込んだ精なのでしょう。
せっかく青空が広がり、秋の空を思わせるように高いのに、海が青さを映さないのです。
舳先の切り裂く波にさえ白さは失われていて、その汚さ利休鼠に限りなく近かった。

ゴメンネ、白秋さん。
[PR]

by molamola-manbow | 2007-07-21 07:48 | ヨット


<< ぷれぜんと      人気の宮崎県とサザエの関係 >>