Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 15日

染めに挑戦! じゃなかった塗り絵に挑戦!!

グダグダと前書きを書きなぐり、書きたいことを最後にチョビッと。
manbowはそうやってblogを作っております。
日々配達されてくる新聞の記事とは正反対、簡潔には書かないであえてグダグダを好んでおります
今日も必要ゼロの文章を、すでに四行も! 
そろそろ本文に移らないと、な~んて言いつつ、五行目もムダ使いです。d0007653_19533250.jpg
恐らく日本一有名な外洋クルーザーだと思います。
三浦・諸磯湾に舫っている『第一花丸』(福田祐一郎スキッパー)のことです。
現在では日本で一番長いレースになってしまった三重県鳥羽から神奈川までの『鳥羽パールレース』で優勝を飾ったのは四年前でした。
台湾まで出掛けてV、鹿児島の『火の国レース』では準優勝
Hinano』とは姉妹、同じ林賢之輔さんの設計艇です。
黒潮に逆らい逆らい回航してレ-ス参加する。
このことだけでも、並大抵の苦労じゃないんですけどね~。d0007653_10342290.jpg
どの様な字を書くのでしょう。
漢字で書いても正解だとは思いますけど、『ショウコさん』と綴って置くことにします。
いつも艇と行動をともにするオーナー夫人です。
そのオーナー夫人、ショウコさんが描いちゃうのです。
『第一花丸』のクルー・ユニホームに、フリーハンドで花の画を→→
一見するとステンシル画の様に全員が揃って見えるのですが、それぞれが違った画です。
レース後の表彰式で、台上に上がる度に舌を巻いておりました。
『第一花丸』の艇名もショウコさんの筆によります。
真似を試みて、手元のアロハに悪戯を始めたのがこれ(↓↓)。
シャツにはアロハらしくない色で下絵がある訳ですから、子供時代に近所の女の子が夢中になってた塗り絵。
manbowも先生の話は左耳から右耳へと聞いて、教科書の絵に色鉛筆を塗りたくって居た時期がございます。
広辞苑の挿絵など、わざわざ専用のイロ鉛筆を購入しました。
「こうやって覚えれば忘れないだろう」などと考えたような記憶だけ記憶していて、効果のほどは・・・・・。
その幼い時代を思い出し、同じ手法で色付け中です。
すぐに飽きちゃうので、完成は数日後でしょうか。
完成品を披露する予定はございませんけど、この程度とさしたる変わりは無いだろうと思います。
何を使ったか。
「アイロンを当てると色落ちしません」などとある注意書きを信じたクレパスです。
d0007653_1138546.jpg




d0007653_17224436.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2007-09-15 11:47 | ホビー | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/6149925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by birdscafe at 2007-09-15 15:53
広辞苑の挿絵の塗り絵って。子供の頃からオモシロすぎ~。
私は教科書に出てる人物写真の顔に、念入りにいたずらがきして、
自分で書いといて笑いをこらえる頭のワルイ子でしたー。
組長、このアロハいい作品ですねー!こんなに細かい作業・・・私だったら片そでで断念しそう。
クレパスで描いたふうにみえない。
前も気になるんですけど。
Commented by molamola-manbow at 2007-09-15 17:33
bird'sさんの教科書も華やかに彩られましたか。
そうやって絵心を育てられたんですね~。
私の図工、絵画はひどいものになりました。
水彩のイロ使いの上手いヤツ、巧いを使った方が正しいぐらい上手なのがいました。
Commented by amamianguide at 2007-09-15 21:15
ひとむかし前に 「クイントエッセンス」という小さなヨットが アメリカからカナダ、アリューシャン・・ニッポンを南下して奄美に立ち寄りました。スイス人のご両親とその息子&アメリカンの嫁。一日案内しましたが、オーストラリア永住が目的でした。「移住をヨットで」・・・なんでか知らないけど、感動して世話をした覚えがあります。どうなったんでしょうかねえ(笑 焼酎を12本(900ml)積んでやりました。赤道を越えるまでに4本、越える時に1本、着くまでに4本、着いてからのパーティーで2本、そして最後の一本は家族で・・と言っておきましたが・・・奄美の焼酎は旨いので果たして・・(大笑!!生きていることを信じていますよ!!
Commented by birdscafe at 2007-09-15 21:35
ぅをわっ!お手数かけまして・・・スンマセン。
味のあるアロハ!カッチョイイ!ヤシの緑イケてます。こうなってくると、
お召になってるとこも拝見したくもあり・・・。
八丈に来るとき是非披露してくださいね!
ちなみに、わたし色塗りの段階にヒドイことになること多かったです。
下絵でほめられて、色塗りで×もらいました・・・。
Commented by mintogreen at 2007-09-15 23:50
以前、manbowさんに教えて頂いた第一花丸。HPなどで楽しそうな様子が描かれていました。
海、って何てワクワクするんでしょうね。
そしてmanbowさんの染め・・・じゃなかった塗り絵、楽しい色あいに染まってますね。^^
さすが、海の色の表し方は海を知っていらっしゃる色に仕上がっていますね~。
私も、birdsさんと同じく、下絵はなんとか褒められても、「色をつけるとな~・・・」と言われていました。^^
でも、今のbirdsさんの絵の色は、Good!!ですよね、manbowさん。^^

9月12日に、白石康二郎のTV放映、見逃してしまいました!!残念!!カレンダーに印を付けておいたのに・・・。
最近、ヨットと聞くとアンテナが・・・ピピピ!^^
Commented by molamola-manbow at 2007-09-16 05:06
お二人の八丈レデイー、おはようございます。
このアロハ、故あって人様に差上げる約束をしたものでした。
もっか宙ぶらりん状態になっているんですけど、アハハ。
mintogrenさん、テレビはこちらも見損ないです。
最近では珍しい好男子ですが、実は奥方の方を先に存じ上げておりました。
Hinanoではお父上のHUMのお世話になってます。

Commented by molamola-manbow at 2007-09-16 06:01
amamianさん、主に英語圏の白人、彼らは地球を享受して生活していますね。気軽に出掛けて気軽に住み着いちゃう。つまりシャクだけど地球は彼らのモノ。日本人には大事件ですけど。
随分前、七年の休暇を工面して世界旅行中というアメリカ人のヨットを横抱きしたことがあります。
大工さん夫婦。一人娘はそんなにたくさん休めないから、飛行機で追いかけてきてところどころ乗りに来る。
さすが大工さん、その娘の部屋(バウ)の飾り付けが素敵だった。

Commented by saheizi-inokori at 2007-09-16 08:10
着たいなあ、そんなの。
Commented by molamola-manbow at 2007-09-17 10:45
確かインドネシア・バティック。
saheiziさんは息子さんからプレゼントされたステキなシャツをお持ちです!


<< ハゼ釣り      アウターリールとインナーリール... >>