Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 15日

染めに挑戦! じゃなかった塗り絵に挑戦!!

グダグダと前書きを書きなぐり、書きたいことを最後にチョビッと。
manbowはそうやってblogを作っております。
日々配達されてくる新聞の記事とは正反対、簡潔には書かないであえてグダグダを好んでおります
今日も必要ゼロの文章を、すでに四行も! 
そろそろ本文に移らないと、な~んて言いつつ、五行目もムダ使いです。d0007653_19533250.jpg
恐らく日本一有名な外洋クルーザーだと思います。
三浦・諸磯湾に舫っている『第一花丸』(福田祐一郎スキッパー)のことです。
現在では日本で一番長いレースになってしまった三重県鳥羽から神奈川までの『鳥羽パールレース』で優勝を飾ったのは四年前でした。
台湾まで出掛けてV、鹿児島の『火の国レース』では準優勝
Hinano』とは姉妹、同じ林賢之輔さんの設計艇です。
黒潮に逆らい逆らい回航してレ-ス参加する。
このことだけでも、並大抵の苦労じゃないんですけどね~。d0007653_10342290.jpg
どの様な字を書くのでしょう。
漢字で書いても正解だとは思いますけど、『ショウコさん』と綴って置くことにします。
いつも艇と行動をともにするオーナー夫人です。
そのオーナー夫人、ショウコさんが描いちゃうのです。
『第一花丸』のクルー・ユニホームに、フリーハンドで花の画を→→
一見するとステンシル画の様に全員が揃って見えるのですが、それぞれが違った画です。
レース後の表彰式で、台上に上がる度に舌を巻いておりました。
『第一花丸』の艇名もショウコさんの筆によります。
真似を試みて、手元のアロハに悪戯を始めたのがこれ(↓↓)。
シャツにはアロハらしくない色で下絵がある訳ですから、子供時代に近所の女の子が夢中になってた塗り絵。
manbowも先生の話は左耳から右耳へと聞いて、教科書の絵に色鉛筆を塗りたくって居た時期がございます。
広辞苑の挿絵など、わざわざ専用のイロ鉛筆を購入しました。
「こうやって覚えれば忘れないだろう」などと考えたような記憶だけ記憶していて、効果のほどは・・・・・。
その幼い時代を思い出し、同じ手法で色付け中です。
すぐに飽きちゃうので、完成は数日後でしょうか。
完成品を披露する予定はございませんけど、この程度とさしたる変わりは無いだろうと思います。
何を使ったか。
「アイロンを当てると色落ちしません」などとある注意書きを信じたクレパスです。
d0007653_1138546.jpg




d0007653_17224436.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2007-09-15 11:47 | ホビー


<< ハゼ釣り      アウターリールとインナーリール... >>