Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 19日

シャケの燻製にアタ~ック!

ススキノで焼き鳥屋を営んでいる友人が居る。
札幌五輪の前年に赴任して親しくなり、いまだに続く付き合い。
当時はスナックの雇われマスターでしたけど、五年ほど前に自分の店を出した。
札幌に出掛ける友人知人には「行って来い」と勧めるけど、開店の通知だけ頂いて、まだ顔をだしていない。
秋アジは群雄割拠の北の激戦区で頑張る、その一城の主とつながります。 
学校が終わるとランドセルを放り出して川を目指した世界遺産・知床人間。
「ヒグマの漁場はね、監視員も敬遠するところでさ~、注意しいしい密猟者も入るんだわ。そのヒグマの漁場になぜか受け入れられてさ~。オマエもこっちさこ~、なんて手招きされた。
密猟者にじゃないよ~、ヒグマにさ~。最初は恐る恐る、最後にはそいつはオレんだ邪魔するな~なんて、喧嘩するぐらい仲良く獲り合ったんだわ~」d0007653_8521949.jpg
d0007653_8492542.jpgシャケにはランクがあって、鮭児(けいじ)を筆頭に銀毛ブナのA、B、C、最低をホッチャレと別けられること。
成長仕切った大型のシャケを指して時不知(ときしらず)と呼ぶのではなくて、時期外に獲れるから時知らず。
眼からウロコは「羅臼と札幌、どちらのシャケがおいしいと思います
「オレって札幌に出て、初めてシャケの美味しいのに出会ったんだわ~。真水飲んだシャケばかり食ってたからね~」
世界遺産男はこんな風に自問自答してくれました。 

前回は片身で挑戦して、皮だけの燻製を作ってしまいました。
煙を掛けてる途中で身の部分だけがポットンと、落っこちちゃったんですね~。
そんな訳で、シャケは難しい。
どうせサーモンピンクには仕上がらないんだ。
失敗したら自分ひとりで食わなければならないぞ~などと、屁理屈をつけてしばらく敬遠しておりました。
でも、スーパーの大安売りで値段を見ちゃったらいけません。
失敗しても元々だ~と蛮勇を振るい、塩抜きは目分量の「この程度でいいかな~」で済ませ、天気図だけは真剣に検討して、乾燥時間を割り出して、再アタックです。

あした燻製に掛かりますが、完成品を見せないで"使用前"を見せるあたり、manbowのズルさでしょうね~。

焼き鳥・『とり長』札幌市中央区南六条西三丁目ニュー公楽会館1F
[PR]

by molamola-manbow | 2007-09-19 10:46 | ホビー


<< 脳内メーカーは当るんだってさ ...      こちらはまだまだ蕾だよ~  >>