Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 21日

ニシンの燻製はkippered herring    なぜsmokedを使わない?

d0007653_11161478.jpg塩抜きに一昼夜、乾燥にまた一昼夜、塩梅を見ながら煙掛けにおよそ半日ほどでした。
スーパーの大安売りで買い求めた新巻鮭(ホントかなあ、絶対に年期モノだね)を利用したダンボール燻製の完成です。
あれは相模太郎の灰神楽の三太郎でござんしたかねえ、などと浪曲を話題にしても、何のことだか判らないでしょうけど、前回の挑戦ではシャケの身がポットンと落っこちて、灰神楽の三太郎になる失敗をやらかしました。
そこで「これから燻製に入るよ~」と、予告だけして済まそうと思っていたのですが、他にblog upするモノはないし、とりあえずは出来上がったし・・・・・。
世に言う燻製とは、チ~とばかり違います。
最大の違いは塩抜きが足りないってことでしょうか。
何たって元塩ジャケですから
でも、ジェントリーです。
料理ハサミで中骨の部分だけ切り落とし、小匙で中オチをこそげ落します。
コイツをキャベツの千切りとマヨネーズで和えて・・・・・。
d0007653_11185021.jpg
d0007653_1120723.jpg
予告編の書き込みの中では「カラ~イのを食いて~」などと言って、同意を求めましたけど、一応燻製ですからね~。
味を例えるなら、イギリスのB&Bに泊まると朝食に出てくるニシン(鰊)の燻製に似ております。
酒席に出せば十人中八人は美味しいと言って呉れそうですが、smoked salmon と言うかどうか・・・・・・。
食べていないのにこんなことを言うのは片手落ちですけど、スーパーで買ったヤツをそのまま塩シャケとして食うよりは、二日半の手間分だけ旨さは加わっているかと
チップは山梨産の山サクラ。
こうなることを期待してチップを作ってくれた男・某がいるから、半身はお駄賃にしようかと。
[PR]

by molamola-manbow | 2007-09-21 07:03 | ホビー | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/6187186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by birdscafe at 2007-09-21 18:47
・・・およばれされたワケでもない・・・
でも食べたい。こうゆうのは、見せられるだけで、食べさせてもらえない。
近所だったら、何度も何度も、組長宅の前を誘われるまでうろついていたでしょう、ワタシ。それでも、警戒されて誘われなかったら、このシャケ
頭にかぶって逃げる。サーモン仮面。
こんなんで、飲んだら最高だろうなー。いいなー。
アユの燻製を作ったことあります。オナベで。
ちいちゃいから楽チン。
こんな大物、手間がかかって大変ですね。
組長、先日サーモンの刺身を使い、焙りのスシを作ってみるかと、
(サーモンのスシって若者に人気らしく)
主人がバーナーで焙って、味見し一言、
「ただの塩ジャケになってる・・・」チーン。
Commented by jakky at 2007-09-22 00:50 x
やっぱり!相当手間隙かけて愛情注ぐんですねー!
覚悟しないと朝鮮できないなーーー(^^;
私もmanbow家の前を行ったりきたり派に参加します!!
Commented by molamola-manbow at 2007-09-22 05:17
おふたりのレデイー、bird'sさんとjakkyさんに申し上げます。
手間じゃないのでございます。ホビーですから、完成品より作る課程が楽しい。
そのくせ、全然凝らない。横着な性格は直らないからとびっきりおいしいのはできない。
「そんな面倒なことしなくても、食えるじゃん」

bird'sさん、ご主人とお話がしたかった~、これ心残り。
Jakkyさん、早くお鍋を活用しなきゃ!簡単なチップ、お鋸屑を棒状に硬め、一度火をつければ30分ぐらい持つのもございますよ。


<< てやんで~!  などと若気の至り      脳内メーカーは当るんだってさ ... >>