Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 16日

苦労が報われるのは一ヶ月半後?

d0007653_10305157.jpg

ポスターを送ってきた円形の筒ふたつ。
こいつを持ち易い様に楕円形に整形することから始めて、手持ちの磯竿二本の入る竿入れに仕立てた。
ボール紙然としてるのを隠すために、雑多な和紙を探して貼り付ける。
何かに使えるかも~、などと思って巻き取って置いた古い道糸を巻く。
d0007653_1203097.jpgそうそう、持ち手も必要だ~、と竹の切れっ端を持ち出してこれもくっつける。
出来上がってみると、真っ白な筒に、いにしえ人の達筆の墨跡などが黒々と所々に。
これじゃ余りにも不可思議な筒なので、柿渋を数回、塗り重ねることにした。
糸を捲いてゆく単調な仕事に飽きがきて、かなりサボったけど、もう手を加えるところはない。
コンパクトで軽く、持ち手のバランスも良くって、何よりも世界でひとつの竿入れ。
完成までにおよそ一週間を掛けた労作
なのだけど、やはりキテレツ感は否めない。
「これ、お前のため作った」とプレゼントしたとしても、だ~れも使って呉れそうにない代物、露骨に嫌な顔されるかもな~、などと思っている。

こちら(←←)は最初に手掛けた筆箱。
水で溶ける水彩鉛筆一ダースと絵筆数本が丁度入る大きさなので、大分前から机の上にころがっていて、blogに写真が無い場合などはコイツでヘタな走り書きをしてごまかす。
外に出て絵を描く、な~んてことはないのだから、筆立ての方が便利なのだけど、作ったからにゃあ使ってやらないと。
そんあ訳で、紙製竿入れ、暮の"納竿の儀"には、お供させることになるのだろう。
[PR]

by molamola-manbow | 2007-11-16 12:48 | ホビー


<< 紅葉の秋に ♪ そよそよそよと...      Ukulele Soloを満喫 >>