Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 11日

アンコウの吊るし切り

よくblogにお邪魔するsaheiziさんが大洗名物アンコウ鍋を食いに行く話しを書いている。
manbowはアンコウと聞くと、鍋よりも木更津のヨット『KoKoLo』のスキッパーを思い出してしまう。
これはもう条件反射と言ってよい。

ハゼぐらいは釣っているけど、魚釣りは素人。
家庭で積極的に厨房に立つ噂も聴いた事がない。
そのnon包丁人がアンコウの吊るし切りに挑戦し、およそ三キロの大物をモノの見事に捌いてしまったのが原因である。
d0007653_937216.jpg奥方は木更津漁港の顔、猟師さんが何やかやと上納にくる。
でっかいスズキを一匹だとか、ヒラメを丸ごとだとか、アジ、イワシ、メバルの類いをドサドサ~ッと。
三キロのアンコウもそうした上納品のひとつ。
「ホ~イ、食ってくれ~」と漁師さんが甲板に投げ込んだ。
この大物を土産に、富浦のHinanoに遊びに来た時だ。
まあ大体の魚は捌いちゃうけど、Hinanoのスキッパーもmanbowも、グニャグニャの魚体を眺めるだけで「こんなもの誰が捌くんだ~」
KoKoLoのスキッパーも、最初は処理に困って「あそこなら」と持ってきたのだろうと推理しているのだけど、だ~れも手を出さない。
しょうがないから持ってきた手前、スターンのバーに吊るして。
驚きました。
「港で漁師さんの捌くのを数回見た」だけだというのに、肝を抜くミズブクロの異名を持つ胃を取り出すチリメン=卵巣も傷をつけないようにエラを切り取る頬に引っ付いてる肉片を落すコラーゲンの塊のような尾鰭を切り取る皮を剥ぐ。
七つ道具などといわれる七つの珍味を綺麗に並べて見せたのである。
そのうえで三キロの大物のからだにしては貧相な肉を
かなり時間は掛ったけれど、見事にがま口の蓋のようなアゴと背骨だけにしちゃったのです~。
「酒だ~」と叫んで道の片隅に置いてあった自転車を無断拝借、町中を走り回ったのに、何故か酒屋が無い。
ようやく見つけたお店はお休み・・・・・。
お酒抜きのアンコウ鍋も初めてでした。
富浦から舟を出したお隣り、那古舟形漁港でのお話だけど、あれ以来尊敬の念は高まるばかり。
舌を巻き、眼をひん剥いて最初から最後まで解体ショーを見てたのに、「次はお前やれ」と言われても捌く自信は湧いてこない。

▼交尾のためにメスのお腹に喰らい付き、そのまま皮膚と同化して一生を過すようになるアンコウのオス、探しましたけど見つかりませんでした。
つまり見掛けるアンコウはメスばかり、食べられるのもメスばかり。
一度見てみたいものです、幸せなオトコと言うか、不幸なオトコと言うかを。
[PR]

by molamola-manbow | 2007-12-11 10:01 | ヨット


<< 海 昇る太陽 沈む太陽      六本木界隈 >>