Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 27日

未完成のまま年越し

d0007653_9542997.jpg「エ~ト、エ~ト何んだっけか~」と、しばらく頭に浮かんでこない。
しょうがないので「一般的には先っぽに白いボンボンの付いた耳掃除をするヤツ」などと書こうとした。
そう、"耳掻き"の名前、なかなか出てはこなかった。
似て非なるモノ、茶杓の方はすぐに出てきたのに、「ウ~ン、耳匙だったっけ~」などと、新語まで作ってしまう度忘れようだ。
用語的には茶杓の方が難しいのにな~。
そのボケを、手先使って防止しよう、という訳じゃないないけれど、象牙の端材の端材で似た物ふたつ、耳掻きと茶杓をこさえた。
厳密に言えば、両方とも煤竹のようなものが見つからないので、まだ柄が付いていない。
来年まで持ち越しの懸案事項、政府と違って何処にも迷惑は掛からない。
出来上がれば耳掻きは机の上の鉛筆立てに放り込んで使い込むことに。
茶杓の方はどっちつかず。
d0007653_1235175.jpg棗を持ち上げて抹茶茶碗の上で底の方をポンポンと。
まるでフリーズドライのインスタント・コーヒーを飲むような使い方で抹茶を飲んでるから、必要とはしないのだけど、客人にはそうも出来ない。
と言った位の必要性だ。
黒いのはお箸の長さの黒檀から出来た。
抹茶を掬い入れるのではなくて、急須から茶葉を掻き出すのが仕事の中国茶用。
幾分細めに削り込み、片っ方はとんがっている。
[PR]

by molamola-manbow | 2007-12-27 13:38 | ホビー | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/6823340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jakky123 at 2007-12-28 07:38
美しいカーブですね。
象牙は使い込むほど飴色になって美しくなりますよね。
父の箸を思い出しました。
Commented by molamola-manbow at 2007-12-28 12:26
象牙のお箸では中華料理屋のマガイ物を思い出してしまう。
先太で掴み辛くって、「ウ~ン、マイ・オハシ」と、この時だけは思っちゃう。
折角のお父さんのお箸に、ゴメン。
Commented by 山梨に行くコーチャン at 2007-12-30 22:57 x
元々茶杓は漢方の薬匙ですからね~
耳かきは知らないけど


<<   ささやか忘年会      いろいろあった中の赤福のこと >>