Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 10日

松飾りをかえし 来たりし年のGood Luckを

d0007653_20242144.jpg
『寒に入りて草木静か』とか、『万草静か』とか。
そんな季節にだって中にはこのような日和の日も御座います。
つい先日まで、「三月初旬のポカポカ陽気」などと新聞各紙、こぞって書きたてておりました。
「新聞の書き方はおかしい」と力説する方もいらっしゃいます。
温暖化によって「夏が長くなって秋にずれ込んできて、冬は縮小傾向にあるんだから、今は十一月初旬の季節に当る。だから、三月のポカポカ陽気じゃなくて十一月の陽気だと言うべきで、小春日和だな」

d0007653_2121511.jpgd0007653_2124315.jpg
母港・房総の富浦漁港を出て、ひたすら、という形容詞では語弊があるけど、南下を続けてHinanoは東京湾から太平洋へ。
様々な出会いが御座いました。
自衛隊の情報収集船、東京湾の入口を睨む洲崎灯台、海鵜の群れ。
覗き込んでも見えませんでしたけど、北限のテーブル珊瑚と、死滅回遊魚にならなくとも今年は済むかもしれない色鮮やかなお魚さんの居るのもこの辺り。

d0007653_2131434.jpgd0007653_213516.jpg
d0007653_2152748.jpg彼等に彼女、海の底で大喜びしていると思いますね~。
まもなく大寒だというのに、館山近辺の海水温、17度もあるんですから。
天気予報では、本日十日から寒気が入って寒くなるとのことだったけど、ともに『お天気オトコ』を豪語するホモサビエンスふたり。
どうやら北極に本部を置く寒気団の方で敬遠したらしく、風除けの合羽などいらないセーリングです。
洲崎まわって東に転針、平砂浦を望みながらのんびりと。
二〇〇八年度の初セーリング、何の為かと言うと、コレです。
d0007653_2154833.jpg日本は多神教ですから、海神様はた~くさんおいでで、宝船に御乗りの恵比寿様もそうでしょう。
ワタツミ(綿津見)の大神、スミノエ(住吉)の大神、金毘羅さんも。
西洋の神様はポセイドンとネプチューンのお二方しか知らないからそのお二人に。
そう、ことしの安航を祈願し、正月飾りを日本の神へ、グリーンリースを西洋の神へ
拍手打って、「こ・と・し・も・よ・ろ・し・く・~!!
d0007653_8593012.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2008-01-10 23:13 | ヨット | Trackback | Comments(23)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/6938060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by birdscafe at 2008-01-11 08:50
組長、久々の出演ですね~^^こないだは失恋話で横顔だもんね。
ポセイドンさんとネプチュ-ンさんに願いが届くといいですね~^^
Commented by molamola-manbow at 2008-01-11 09:09
bird'sさんおはよう。
紅顔の昔ムカ~シ美少年、過去に登場したこと、御座いましたっけ?
bird'sさんのご要望に応じて、続々登場と行きますか!!
K也とアビと、愛しの50オトコのためにも! アハハのハ~

Commented by MAKIAND2 at 2008-01-11 10:20
ヨット。素敵です~
むかーしの事を思い出しました。
東京に住んでる頃19歳。小田原の漁港にその頃乗っていた125ccバイクで通ったことがあるんです。漁船に乗せてもらいたくて。
でも、女は乗せてくれないって言うんです。だから通いました、学校が終わってから毎晩行って朝の漁師さんが仕事に出る時間まで、浜に引き上げていた小さな船のエンジンにかぶせてるシートの下にもぐって待っていました。
一週間目、「しょうがないなあ、一回だけだよ。」嬉しかった~
かもめが船の上を舞うんです。
Commented at 2008-01-11 10:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by HINANOコーチャン at 2008-01-11 10:35 x
早々の立ち上げ頭が下がります。気持ちよかったですね!!
なんといっても晴れ男そろい踏みだから!!
ちゃっかりモクモク日記に書き込みマンボウさんのこのページ、リンクしちゃいました!ご覧あれ。
夜の新都心ドライブまでおつきあいいただきありがとうございました。
Commented by HINANO こーちゃん at 2008-01-11 10:43 x
MAKIAND2様、僕も40年ほど前復帰前の沖縄、与那国でカジキのつきんぼう船に乗せてもらいたく毎朝3時頃からお願いし続けました。最初はダメダメの連続でしたが根つきて乗せてもらうことが出来とんでもない大きさのカジキ仕留める場を写真に撮ることが出来ました。
翌日からその漁師さんは「おまえは運が良さそうなので今日も乗れ!」といわれましたが。
ちなみに、ヨットHINANOは「女性歓迎です!!」
Commented by HINANO こーちゃん at 2008-01-11 10:58 x
何度も書き込みスンマセン!
皆さんこのページ最初の写真のマストの左端に写っている青、白、赤、の布なんだかおわかりですか?
これは国際信号旗でUW旗をあげる準備なんです。
母港に戻る途中自衛隊の情報収集船に近づき翻す予定だったけどチョイトしたエンジントラブルで揚げることが出来ませんでした。
意味は「貴船の安全なる航海を祈る」です。自衛艦や帆船は必ず返答礼の「UW1」信号旗を揚げます。
「そちらの行為に感謝いたします、そちらも安全なる航海を祈る」の意味です。
こちらが「UW」旗を降ろすまで「UW1」は降ろせません。
時々喜んで記念写真など撮っていたら相手船は降ろすにも降ろせず双眼鏡でこちらの動き監視していることが・・
Commented by つーせ at 2008-01-11 11:00 x
こいつア、春から縁起がいいや。
よツ、いろおとこ!!
フネは女性だというし、HINANOもこの新春航海に大満足だったことでございましょう。
今年の安全航海も、気を引き締めてヨロシク八百万の神様!!UW
Commented by molamola-manbow at 2008-01-11 13:54
MIKIANDさん、わたくしは「オメ~にだけは釣らせてやりて~ナ~」って、老船頭さんにシミジミと言われました~。
磯釣りに凝って、休みのすべてを下田沖の御子元島、およびその周辺の島に渡船して過していたころです~。
魚市場のトロ箱に潜り込んで寝て、早朝の舟で島に渡る。
似てますね~、シートの中の海好きと!!
「釣れましたか?」ですか?、アハハ、ヒミツ!!

Commented by molamola-manbow at 2008-01-11 13:55
コーチャン、『UW1旗』、惜しかったですね~。
「お前らの遊びに付き合っていられるか~」って、キャツら逃げやがった!!
Commented by molamola-manbow at 2008-01-11 13:55
つーせさん、♪オトコ船頭 に海もお天気も弱くって。
Hinanoの機嫌はさほどでもなかった。
アハハ、館山湾の真ん中でエンスト!!
Commented by MAKIAND2 at 2008-01-11 14:14
え?乗っていいんですか~?すごい!!
昔のことで間違ってしまったことを思い出して書き込みに来ました。
小田原ではなく大磯でした。それにバイクは125ccのトライアルバイクでは、足が届かないまま乗ってると危なかったので250ccのバイクに買い換えてたことを忘れてました。

いつかのせて欲しいです。^^
Commented by noegon8p at 2008-01-12 01:15
今回はごめんなさい!今日帰りました。
うちの会社は仕事中携帯はロッカーへ、ネットではセキュリティーがかかっていて
コメントはできない、ログインもできず、ただただ休憩の時に何度も写真を見て
「この中に入っていきたい!」と思いました。
そして海の上のお2人の笑顔が爽やかでかっこよくて癒されました。
Commented by jakky123 at 2008-01-12 06:19
波に反射する光が綺麗!絶好のセーリング日和でしたね(^^)v
manbowさんの着ているフリースは、ワイン女傑さんのですか?
一緒に連れていってあげたんですね~(^^)
Commented by molamola-manbow at 2008-01-12 08:23
MAKIANDさん、かつては『阿波踊りレース』参加のため、黒潮に逆らって遠征したこともあるんですよ。
Commented by molamola-manbow at 2008-01-12 08:29
noegonちゃん、清冽烈風の海もいいけど、やはり温かい季節がいい。
今回はポカポカ陽気だったけど、これからいい季節に向かいます。
いつでも乗れますよ。
Commented by molamola-manbow at 2008-01-12 09:19
jakkyさん、よく判りましたね~。
丸首の丸首とって愛用してます。
Commented by MR.YOKO at 2008-01-12 10:29 x
海の話で盛り上がりますね~。海が素晴らしいと感じた1つです。ちょっと若かりし時2~3杯で八丈をめざしてた時夜中デッキで男2人の話し声・・耳を傾けると詳しくは忘れたけどホンと歯が浮くような女の会話かと思えるようなロマンチックな話・・バカじゃないの!とデッキに出て後方の仲間のヨットを見てうわ~ピ-タ-パンの世界と興奮したのを覚えています。それはヨットが切る波が夜光虫によって青白く輝き、まるで夜空の★のなかを飛んでる光景でした!!荒れない海は最高!!
Commented by 月波 at 2008-01-12 14:29 x
エンスト気になりますね。
タンクの端に残っていた水でも吸い込んだのでしょうか? 
Commented by コーチャン at 2008-01-12 17:04 x
月波さん、エンストの原因は右舷側の燃料タンクが空になりエアーを吸ったようです。右舷側は満タン!!左舷のバルブを閉じエア抜きをやったらOKでした。でもかなり燃料パイプにエアーが入っていたようでエア抜きボルトをゆるめセルモーターで抜くという裏技使いました。これはバッテリーが充分充電されていて原因がエアーの吸い込みと確信できたときだけしか使ちゃだめですよ~。
Commented by jakky123 at 2008-01-12 20:12
MR.ヨーコさん、ロマンティック!
是非見てみたいな~!!
Commented by 月波 at 2008-01-12 23:32 x
夜光虫の私の思い出は○○ションのときのほとばしる輝き…、おっとせっかくのロマンチックな思い出をブチこわしてごめん、ミスタ。
Commented by molamola-manbow at 2008-01-13 08:20
MR.YOKOさん、夜光虫も減りましたね。
水質の向上を盛んに耳にするけど、「バカ言え」と夜光虫は言っている!
ちょっと若かりし頃のMRに逢いたい~!!

折角Jakkyさんも夢見る乙女になったのに、月波さんのほとばしる輝きは見たくない~。


<< 学生ラグビー日本一 そして宴会復活      女傑の栓抜き >>