Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 27日

目にはサクラの初鰹

つくづく懲りないオヤジだな~と。
中米・コスタリカに取材して背骨を痛め、車椅子で帰国してまだ十日あまり。
背中はギプスで固定されていて、すり足、差し足、忍び足でしか歩けない。
そんな体で車を運転して房総・富浦まで往復してきたのだから開いた口が塞がらない。
しかも、でっかいカツオをぶら下げて、「いま登戸、今年初めて漁協に上がったカツオだよ~、取りに来る~」だもの。
d0007653_811484.jpg杖が頼りの三本脚でだよ。
負傷した場所が場所だから、半身不随になる可能性だってあったんだ。
事故にでも巻き込まれるとか、運転を誤れば、それこそお仕舞い。
「車のバケットシートがコトのほか樂チンで・・・・・」
楽なのと安全と体にいいとは違うよ、とは意見したけど、聴いているかどうか。
何たって『コマネズミ』と仇名される御仁だから、少しもジットしていることが出来ない。
お土産は青葉より早い目にはサクラだから、ありがた~く頂くけど、味覚の上でのカツオなんざあ外道なんだぞ。
manbowは江戸っ子じゃないしね。
鹿児島・枕崎港の野良猫なんざあ、振り向きもしないよ。
奴らにとっては小判だとか真珠と同格、猫またぎに過ぎないんだ。
鰹節に加工されりゃあ、しゃぶるだろうけどさ。
と、まあ、こんな魚だし、お身の方を大切にしなければ!!
 
我が家を訪れる江戸っ子野良、血合いをゴチしてやったらウハウハ、ムシャムシャと
昨秋、釣り上げたばかりの真ハゼはマタギやがったくせに・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2008-03-27 06:58 | 潜り・磯釣り・海


<< 公共性と言う名の脅迫        今は昔 江ノ島には もう一... >>