Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 30日

  突入! KENNOSUKE CUP 2008

d0007653_14174786.jpg
d0007653_21334226.jpg房総の先っぽで二日間を過して帰って来て、草臥れ果ててベッドに倒れ込むやいなやバタンキュウ。
翌朝目覚めると、手のヒラに心臓が移って来ていた。
少しばかり腫れ上がり、火照っていて、血がドクンドクンと波打っている。
握り締めると痛くって「こんなに手のヒラを酷使したのは何時以来かな~?」と、頭の中が昔に飛んだりして、多少高揚した気分でもあるんです。
そういえば、手の平の上をロープが走って、危うくヤケドを負うところでしたっけ。

今春のクルージング・ヨット『Hinano』は、何時に無く忙しく動き回って恒例の五月下旬を迎えようとしております。
まだ水温は十四、五度といったところでしょう。
冷たい海の中にドボーンと潜って船底のフジツボ落とし二日間が除幕式でした。
冷た過ぎ、頑張り過ぎ、そして前夜の乾杯のし過ぎ・・・・・?
ひとり気分が悪くなり、キャビンで横になる騒動まで起きるスタート。
帆を揚げて海に出ると、誰が何のために設置したのでしょう。
d0007653_5132983.jpg鏡ヶ浦こと館山湾に黄色くてでかい発砲スチロール製のブイが四、五百メートル間隔にみっつ、丁度いい具合にアトランダムに。
「回航マークだ~」などと喜んだのはつかの間でした。
三つのブイを回りながら、その都度ジブ・シートのスイッチを繰り返し、渾身の力でウインチを巻き、シートにぶら下がって引き込みます。
船首を風上に向け、タックを繰り返してジグザグに艇を上らせる練習が主体なのです。
滅多に陽の目を見ることのないクルージング・スピンが揚がった時には、ジブシートとの格闘から解放されてようやく一息。
揺れる船の上でクタクタに成り果てた人間様と違って、スピンの方は気持ちよく開いて機嫌よさそうでした~。
目指すは『KENNOSUKE CUP 2009』(来月二十四日、城ヶ島沖)。
d0007653_1792039.jpg中米コスタリカから背骨を傷めて帰国したオーナー・スキッパーの戦列離脱が猛特訓の元凶?なのです。
そして頼りのクルーが今回は様々な理由で来られない・・・・・。

房総の春、陸上の方も忙しく、代掻きが終われば田植え。
すぐに緑一面の世界に変わって、その頃KENNOKUKE CUPの本番となります。
それまにあと数回、心臓は手の平へと出張でしょう。
d0007653_824068.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2008-04-30 06:40 | ヨット


<< 祝・信号機 なんと三つも!  ...      黒い花びら >>