Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 06日

一転 蝉時雨

d0007653_9522568.jpg
遠雷が次第次第に近づいてきて、かなり近くに落ちたな~と思う間もなく土砂降りが来た。
一波が過ぎて晴れ間が覗いても、すぐに次が襲い来る。
夜を迎えるまでに都合四度ほどが似たような波長でやって来て、周辺を水浸しにして去った。
一夜が開けて雨に洗われ、瑞々しさを取り戻した木々の緑が、今日は早朝から騒々しくわめいている。
「セミの声が聞こえね~不思議な夏だ~」な~んて述べたのは一週間ほど前。
シマッタ~と思うほどのウルササだ。
やっぱり、水分を充分とった樹液のおいしさ。
セミだってちゃ~んと知っていて、美味しい樹木を選んで留まるのでしょう。
地上に顔を出してからのセミの一生、極めて短いものだから一食一食大切だもの。
ホタルの童謡にも、
♪あっちの水は辛いぞ こっちの水は甘いぞ
な~んての御座いました。

随分昔に暗渠になってしまったけど、小田急線の線路の向こうっ側に烏山川(緑道)が通っている。
自宅近辺でセミの声がしなかった間も、この緑道はミンミンゼミの天下でしたっけ。
[PR]

by molamola-manbow | 2008-08-06 10:16 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/8403109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ささやかな うれしいこと at 2008-08-06 20:28
タイトル : 女郎蜘蛛のお食事
わが家の庭の垣根に、せみの抜け殻が気持ちよい風景になってくれてます。 野生の朝顔も素敵です。 だけど、わが家の庭にはもう一つ大事にしてるものがあるんです。 女郎蜘蛛さんの巣を壊さないように気をつけて通っています。 一昨日の朝には、アブラゼミさん。 今朝は、クマゼミさんが女郎蜘蛛さんのお食事でした。 ちょっと複雑な気分ですが、自然界のことには口出ししません。 ... more


<<   駅前の巨大廃墟      生命力 >>