Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 11日

オツムにきながらの燻製つくり

mail が来て「秋刀魚の燻製が食いたくなった。また作ってほしい」と言っている。
「お安い御用だ。百円切ったら作ることに決めている。イの一番に百円秋刀魚を食わせてやるよ」
嬉しいじゃないですか、オイラの趣味の燻製を旨いと言って呉れるのです。
ウ~ン、素人冥利、と思っていると追伸がきた。
d0007653_9255232.jpg
毎日新聞に秋刀魚特集の掲載(八月二十九日)があったらしく、物忘れ防止効果、血液サラサラ効果、風邪防止効果、若返り効果を挙げ募って、「費用出すから海の長寿食を三十匹頼む」。
態度豹変です。
「オイ、オメ~、費用出すから造れとは何事だオイラは商売してるんじゃね~、ボランティアでもね~、腰痛持った可愛そうな年寄りだぞ~。その可愛そうな年寄りの腰を労わりつつの道楽だ。誰を悦ばせようとしてるんだ、このドアホ~
言い足りないから更に言う。
ハラワタ抜いて、真っ黒な腹袋を一匹一匹、タヌキの刷毛使って洗ってやり、血合いまで引き抜く。
満遍なく塩打って、腹の部分はよく乾くように竹串で広げ、少なくとも二日間は天日に干すから、天気図とにらめっこしてからイザ作業開始なんだ。
そうしたコトをいかにも大変そうに、尾びれなが~く付けて説明してから、「オメ~が今際の際に食いて~と言うのなら百円秋刀魚の禁破り、ウロコキラキラの一本釣りの秋刀魚取り寄せて作ってやる。だがな、知らね~ヤロウに食わせる秋刀魚はね~よ。手間考えろ、ヒマが勿体ね~言っとくけど、費用のことで渋ってるんじゃね~ぞ」
d0007653_948046.jpg「オイラのナイフ、手入れ怠らないからよう切れる、腹割くとか三枚に下すだけなら百匹だってお茶の子サイサイだけどな、腹割いて、煙り掛けりゃ済むってモンじゃね~」と、更なるひとこと

残念ながら、馬事東風なんですよね~、このドアホウ

オイラも内弁慶だから、「そんなモノ作れるか~」と強く出たけど、他に差し上げたいお方もおいで。
今秋最初の百円秋刀魚三十五匹の煙り掛け、まずは天日干しから開始です。
「ついでだから作ってやった」ということで。 
[PR]

by molamola-manbow | 2008-09-11 07:45 | ホビー


<< 零余子ご飯      山村暮鳥も言いますね >>