Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 17日

海 栗(雲丹、海胆)通し

d0007653_8591382.jpg
釣りの小物に『ウニ通し』(↑↑)なる道具のあること、ご存知だろうか。
荒磯の王者・石鯛釣りに使う。
d0007653_96275.jpg小振りのウニの背中から口に抜けるようにブスリと突き通して、その先っぽの鉤にワイヤーを引っ掛けて引き抜く道具です。
釣り針には岩イソメを付け、テグスの役目をするワイヤーにウニを三、四個通して餌とする釣りだから、ウニ餌の釣りには無くてはならない道具。
ウニと岩イソメの組み合わせ、釣り師は『ウニマムシ』などと呼んでおります。
今、この『ウニ通し』、燻製作りに重宝する道具に変わっている。
肉片にブスリと突き刺してタコ糸などを引っ掛けて引き抜く。
そうやって吊るす用意をする時に便利なのです。
d0007653_915866.jpg先日、秋刀魚を燻製にした折、皮付きの豚バラ肉など売っていましたので「これは珍しい」と一緒に煙を掛けました。
ラフテーには無くてはならない皮、燻製にはとっても邪魔なこと発見しました。
「硬くて味もないから、食う時は取り除いてから食え」
と、但し書き付きで友人へ。
二回目のリベンジは皮ナシのばら肉、漬け込みを終えたのでこれから乾燥です。
[PR]

by molamola-manbow | 2008-09-17 10:08 | ホビー | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/8623225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miki_buhbuh at 2008-09-17 22:48
こんばんは。
あらら、ウニ通しですねぇ。
私は昔、父に磯に無理矢理?連れて行かれてもほとんど上物ばっかりだったので
底物はあまりやったことがないのですが(体力的に無理です)、
一度、ガンガゼを横着してあの棘を切らなかったものだから
グラブの上から刺してしまったことがありましたねぇ。痛かった(涙)
しかし、ウニ通しなんて言葉も含めてもう10数年は聞いたことがなかったので
へんに嬉しくなっちゃいました。
そういえば結局、三段引きには縁がなかったなぁ。(笑)
しかし、ウニ通しにもそんな使い方があったなんて<("O")>
Commented by mintogreen at 2008-09-17 23:19
先日のサンマの燻製に続き、豚バラの燻製とは!!
何でも工夫し挑戦なさるmanbowさん、素晴しい。
それにしても美味しそう~♪
出来上がりも写真アップしてくださいね。
↓柘榴の小さな木の鉢植えが我が家にあるのですが、この木のように大きくならない木なんだそうです。
実は食べられますかね~?
Commented by molamola-manbow at 2008-09-18 08:36
buhbuhさんの父君、全てを伝授してますね~。
早目にお知らせしますから、カワハギ釣には来てくださいね~。
Commented by molamola-manbow at 2008-09-18 08:41
mintogreenさんとアビママには、もっと寒くなってから贈りましょう。
アクまでも遊びの品ですからね~。

盆栽のザクロ、種類がちがうらしいけど、詳しくは知りません。
小さくても、同じ実が、同じように割れて顔のぞかせるから、面倒な味は同じだとおもいますけど・・・・・。
Commented by birdscafe at 2008-09-20 00:46
え!マジっすか?やったぜーーー!
皮つき、以外ですね、むいてないんだ~。
垂土、ウニいっぱいだよ~おいしいよ~
これ持って来たら~


<< 旅行博2008      柘 榴 >>