Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 04日

天空を泳ぐ

d0007653_811958.jpg
気持ちよさそうに秋空を飛んでる不思議な物体、能面の様に見える五つの穴は、左から目玉、エラ、背ビレのあった所です。
そう、サカナの皮をベロ~ッと剥いだヤツ。
先日のハゼ釣りの帰途、お茶を飲みに立ち寄った房総・富浦の『Mc Peach』なるイタ飯屋のご主人からせしめた。
カラカラに乾いてちじんだはずなのに、長さは三十センチを超えているから、種としてはかなりの大物、世間には余り知られていないシロサバフグ(白鯖河豚』の皮です。
コイツで擬似針を作る
ヨットのスターンからの流し釣り、このところの『Hinano』はケンケンと呼ばれる釣りで一匹もあげていないから、コイツの擬似針でことし最初の獲物をモノにしようと。
相模湾のヨットはイロイロ挙げてるんですけどね~。
石垣河豚、箱河豚と同じように、コレも食べられる河豚だけど、近縁のクロサバフグは毒を蓄積する。
気味が悪いので肉に手は出していない。
d0007653_8123428.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2008-10-04 08:58 | ホビー | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/8711213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amamianguide at 2008-10-04 20:02
カイトで 釣る方法ありましたよねぇ・・・確か南の島!!
それには少し小さい(大笑 なるほど疑似餌の素材!! カワハギが
いいとは 聞いていますよ(笑 島の古老は同じ方法でウルメ(たぶんムロアジ)を釣るサビキを作っていましたよ!! 色合いや硬さで釣果が違う・・・微妙な細工に ・・・ロマンがありますね(笑!!
Commented by mintogreen at 2008-10-04 23:27
え、え、え~!
これ初め拝見した時、凧かと思ったのですが・・・。
船から空に泳がせているんですよね。

島で食べるフグの皮って・・・そう言えばとげとげが付いたまま乾燥して電球の傘になってたりしてました。^^

manbowさんのブログには次から次に楽しい物が登場しますね。^^
Commented by molamola-manbow at 2008-10-05 10:12
amamianさん、ラジコンの船とか飛行機使っちゃうとロマンなくなりますけど、凧は葉っぱを使うらしいですね~。
Commented by molamola-manbow at 2008-10-05 10:19
mintogreenさん、船から飛ばしたんじゃないですよ。
短いテグス結んで、庭でパチリ。

電灯のカサに使われてるヤツときっと同じ魚です。
やはり食べられるんですねこいつ。
水温高くなって、関東沿岸でも生きられるようになったんですね。
昔は滅多に姿など見ない魚が最近は日常的に漁港に姿をあらわすようになった。
Commented by amamianguide at 2008-10-05 23:14
若い頃 ほら 奄美もリーフで囲まれている場所が多いでしょう
ところが お魚のいるポイントには到底 餌を流せない・・・で、、凧!!
考えましたよ~マジで(大笑!! 風がどこから吹くのかまでは
考えていませんでした(汗
Commented by molamola-manbow at 2008-10-06 09:27
amamianさん、落ちたら大変の高い防波堤から楽に釣り上げられる方法、こんどはコイツを考えて差し上げてください。
あの青年、大喜びですよ!


<<   スピニングリールの原型      日傘の季節は終わったし・・・・・ >>