2008年 11月 05日

干し柿を作る

d0007653_13572943.jpg白壁の土蔵に橙色の暖簾(のれん)となってズラズラッとぶら下がる干し柿の美しさ。
m a n b o w の頭から一向に消えない心象風景は、赤い夕陽に照り輝くコイツです。
下から石ぶつけると、丁度食べ頃になった柿だけがヘタから離れてポタ~ンと落ちる。
拾い上げて土など払い落としてガブリ
小学校へと駆け戻る晩秋の心象風景は、濃厚なとろける甘さを伴なってやってくる。
干し柿をドライフルーツの王者だと考えるようになった背景には、多分にこの心象風景が影響しているのでしょう。
で、荒縄を綯(な)うことから始めて、甲州・白州郷で買い求めた渋柿を"吊るし柿"に仕立てた。

重たい思いをして購入した三袋のうちのひとつは、東京まで車で送っていただいたヨット『 K o K o L o 』のオーナー夫妻に差上げた。
もう一袋は車から降りた途端、「東京農大の収穫祭に連れてけ~」と携帯電話が鳴った b l o g の友達 n o e g o n ちゃんに手渡した。
「何ともタイミングの良いことじゃのう」と感心しながら。
唯一残った渋柿の皮を剥き、綯った荒縄に吊るしてみると、あげてしまった二袋が心残りでしょうがない。
土蔵がないのは我慢するとしても、残念至極、たったこれだけじゃあズラズラズラッの『干し柿暖簾』になりゃしない。
後悔しきりとは、ケチですね~。
d0007653_8192835.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2008-11-05 09:24 | ホビー | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/8870066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2008-11-05 13:15
今熟柿を楽しんでいます。
柿の甘さのカチが分かる人は語るに足る人、少なくなりました。
若者に。
Commented by コーチャン at 2008-11-05 18:38 x
マンボウさんが帰宅した後、柿収穫しました・・・
ギンナンアレルギー加齢により解消したかと思いきや現在顔面カユカユ!
年とると反応が遅くなるだけだったようです。
Commented by molamola-manbow at 2008-11-05 23:11
ヘギ蕎麦の入れ物をでっかくしたような、つきたての餅を入れる器に渋柿をズラリと並べて口に含んだ焼酎を吹掛ける。
熟柿はそうして作っておりました。
器からコッソリ盗むと、そこだけポッカリアナがあく。
盗み食いが判らないように、並び替えてアナを塞ぐ。

saheiziさん、オイラは子供の頃からワルでした。
Commented by molamola-manbow at 2008-11-05 23:14
コーチャン、干し柿食らって帰るはずのアイツ、そのままにしてサヨナラしちゃったのが心残り!
Commented by birdscafe at 2008-11-06 00:25
どうして、干すと、美味しくなるんだろう。
なんでも美味しくなるもんね。
ワイも干したら美味しくなるかな。なんないだろうな。ぁぁ。
トビウオの季節には、トビウオを送ろうと思います。
燻製か、塩干。
組長が作ったら、きっとまた美味しいのできるもんね。
この干し柿、首飾りでもイケそうな。
Commented by noegon8p at 2008-11-06 06:33
manbowさん、うちも今週末は干そうと思ってます。
初めてだから、お手本の写真つきで嬉しいです。
久しぶりの再開はブログ秘話も聞けてすごく楽しかったで~す。
ありがとうございました!
Commented by molamola-manbow at 2008-11-06 07:43
bird'sさん、首飾りにするなら野生児アビ用だね。
K也の後をゾロゾロ引きずって「アタイも連れてって~!」
Commented by molamola-manbow at 2008-11-06 07:45
noegonちゃん、「あげたの返せ~!!!」
アハハ
Commented by birdscafe at 2008-11-06 09:22
もうね、「おい、ついてくんな!」って言われてんの。
アビ、「けいや~けいや~」って必死。
おにいちゃん!なんて絶対言わない。
K也が「おにいちゃんでしょ」って言っても「けいや!」
なんか、ほんとアビに似合いそう・・・
Commented by molamola-manbow at 2008-11-06 13:45
K也、かわいそうだね~、折角お兄ちゃんになったのに、アゴで使える子分が出来たのに!
bird'sさん遊びの質が違う弟、妹を連れて歩くのはヤナものだからね~。
「k也、アビも連れてっておやり、お兄ちゃんでしょ!」は程ほどにね。
Commented by noegon8p at 2008-11-15 00:45
こんなんでよいのか、うちの渋柿ももっか甘さ増量中です!
ボケてる写真がなかなか良くてアップしました。
縄だと見た目にももっと味が出るのですが、残念、うちには無くプラ紐で下げてま~す
Commented by molamola-manbow at 2008-11-15 08:15
上出来ですね~noegonちゃん。
竹串に刺したり、ザルに載せたりしてても出来上がるけど、絵になるのは吊るし柿!


<<   甲州・白州郷のお土産第ニ弾...        海派の男(オナゴも)の銀杏収穫隊 >>