Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 12日

  渋柿の皮

まだまだカラッカラという訳じゃあない。
天日干しに入ってから丁度一週間が経つけど、裏っ返したりすると水分を残している感触があるから、作業は年が改まってからになりそうだ。
d0007653_10425425.jpg甲州・白州郷で求めた渋柿の皮の天日干し。
田舎のバ~ちゃん、軒下の物干し竿に剥いた皮をクネクネと吊るしておいて、カラッカラに乾いたヤツを粉末にしていた。
茶筒に入れた粉末は、湯呑みに茶匙一杯ほどを移してお茶のように飲む。
「病気しなくなるよ、風邪なんか飛んでっちゃうよ」
何度か試しいるけど、美味しくはなかったのだろう。
続けた記憶はない。
粉末にする手段、ネックはバ~ちゃんが回していたような石臼がないこと。
スリコギを根気よくグルグルするしかないけど、皮剥きながら思い出したので試すことにする。
使っていたのは甘柿の皮だったような気もするけど、渋柿だって乾燥させると甘くなる。
だからこのことは余り気にしていない。
良薬は口に苦し、なのだし・・・・・。

ヌカズケの中に放り込んで甘味を出すことに使ったり、糠床を生き返らせたり、柿の皮の利用法、最近はどうなのだろう?
家庭でヌカズケ作るところ、少ないからなあ。
[PR]

by molamola-manbow | 2008-11-12 11:23 | 犬・猫・蛙に動植物


<< ニッポンのロイヤルヨット      都会の名ハンター >>