Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 14日

  H i n a n o が ゆ く  海 を 独 り 占 め に し て

d0007653_1044860.jpg
クルーをしていると、乗艇の帆走中の全容に接することはなかなかない。
房総・鏡が浦(館山湾)の北端に突き出す大房岬の天辺から(082月)

d0007653_14581018.jpg
真っ赤なハッピはHinanoの正装。
海に敬意を表して母港・富浦漁港を出航し保田のポンツーンまで。
新春の出初式(06月)

d0007653_13411073.jpg
ポセイドンのオベリスク・孀婦岩(そうふいわ)。
太平洋上、北緯294738秒、東経14020秒に位置する奇岩だ。
トータルログ1,400MLを超える遠征は、頂上を極めたい三人のクライマーを送り届けるクルーズだった。
屹立する石の塊、標高99メートル(03 ⇧ ⇩

d0007653_13434271.jpg

d0007653_11125069.jpg

d0007653_11132092.jpg
Hinanoの姫ふたり。

鏡が浦の晩秋を楽しむカワハギ釣りは恒例行事。

刺身に、肝和え、煮付けに、etcを堪能し、一日を楽しむ。

釣れなかった場合に」と、初回は漁協で魚を仕入れて臨んだ。

阿呆ですね~、クルーには新宿魚連の組長が控えているのに・・・・・。


d0007653_1302037.jpg
御蔵島(左手)、三宅島をかわして(078月)
              
d0007653_11385840.jpg
東京湾を渡って敵地に赴く。
目指すはKENNOSUKE CUPの大杯(08月)

d0007653_1156628.jpg
これはジブセールの前方に展開するクルージングスピン。
Hinanoではこれよりもうひとまわり大きなスピンをクジラと呼ぶ(08月)

d0007653_12571489.jpg
Hinanoの生みの親、設計者・林賢之輔御大もお迎えし、神田の葡萄舎に全舷上陸(06月)

d0007653_1382949.jpg
房総半島の突端・洲崎灯台をかわして一路南進、目指すは八丈島(07月)

d0007653_13174636.jpg
風よし、波よし、夕陽よし。

八丈島へのサンセットクルーズ、男どもから言葉を奪う一時の訪れ(07月)

d0007653_16141779.jpg
目的地、八丈島・神湊港は目の前だ(07月)

d0007653_13315892.jpg
情け島のゲストを乗せて(07月)

伊東でのKENNOSUKE CUPを終えて(06月 ⇩ ⇩)        お台場クルーズ(06月 ⇩ ⇩)

d0007653_85434.jpgd0007653_802856.jpg
d0007653_14444842.jpg
アラブの海賊(077月)

d0007653_14342874.jpg
トレーニングを終えたら海ご飯(08月)

d0007653_1651799.jpg
恒例行事の海の日クルーズ(087月)

d0007653_1619853.jpg
KENNOSUKE艇三崎に集結(085月 ↑↑

RedーCrew、KENNOSUKE CUPのアフターファンクションを席巻(同 ↓↓
d0007653_17115526.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2008-12-14 10:44 | ヨット


<< 吉へと転換しなくちゃあ      ♪青い山脈、そんな歌があったな~ >>