Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 23日

  カラス

d0007653_2214791.jpgある朝、ベッド脇の窓を「コツコツコツ」と叩くモノが居るのよ。
もう、ビ~ックリしちゃって、ほんの少しカーテン開けて隙間から覗くとネ、小首かしげたカラスが一匹こっちみてるの。
少しもワタシを怖がらないから、台所に走って残り物探して与えたワ。
そしたら、おいしそうに食べるのよ、ときどきコッチ見上げたりして。
きっと前住んでたヒトが馴らしたんだワ、と思ったから引き継ぐことにしたの。
毎朝ご馳走あげてる。
可愛くって、可愛くって、朝起きるのが楽しみ!!

テレビの暇ネタで知ったのか、本で読んだのか。

カラス好きのオイラも、是非こんな間柄になりたいと、時々屋根の上に餌放り投げてるけど、なかなか仲良しにはなれない。
釣った魚を外で捌いたり、秋刀魚の燻製作るために外で準備したりしていると、何処からともなくやってきて、おこぼれ放り投げて貰うのを電線に並んで行儀よく待つ。
間柄としてはこんなモノだ。

d0007653_18205933.jpgそんなオイラをあざ笑うように、誰かが道路脇のゴミ収集所にカラスを吊るした。
「このヤロウ」と思ったのは『幽霊の正体みたり枯れ尾花』。
道路にはみ出した庭木を剪定した痕(あと)の切り株(↑↑)、コレがベランダからは色こそ違え、吊るされた"灰色ガラス"そっくりに見えたのです。
「直ぐに取り去ってこい」な~んて連れ合いに命じちゃったりして。

でもね~、カラスを大好きだと思っていても、子育てのシーズンに自転車で隣町走ったりしていると、背後から「早くどっか行け~」と襲われる。
カラスに認められているのは地域限定、限られた近所だけなのです。
朝起きると「コッコッコッ」、羨ましいな~。

こちらは近所のカラス除け(⇧ ⇧)。
吊るされているすぐ近くの塀で、ホンモノは恐れもせずに遊んでます。
[PR]

by molamola-manbow | 2009-01-23 10:29 | 犬・猫・蛙に動植物


<< ナゾの飛行物体      観たい 煙突解体! >>