Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 11日

  富浦から浦賀へ

d0007653_8185085.jpg
「オメ~さんは、昨日の追悼式にも空から参加して呉れたんじゃなかったかい?」
東京湾の奥底から吹き付ける真北の風をスタボーに受けて、 H i n a n o は上り角ギリギリのコースをカツ飛んでいた。
メーンとジブをギリギリまで絞り込んだクローズドホールの帆は、吹き付ける 1 5 メートルの風を増幅させて後方に流している。
その後方気流の強い流れに優雅に乗って、一羽のカモメが富浦から従っていた。
「アレ、耕ちゃんじゃないかい?」
d0007653_1045834.jpgd0007653_1065067.jpg
         ミネさん                                             ツ~セさん
d0007653_1075416.jpg

そうだったのかもしれない。
目的地浦賀港の出口を塞ぐ"アシカの岩礁"を H i n a n o がかわすのを見届けると、安心したように大きく上空を旋回して、モヤイを解いた富浦港へときびすを返した。

最後のクルーズ、最後の回航に、 H i n a n o のコックピットには 9 人のクルーが座っていた。 
語り明かして日の出を迎えたい気持ちを無理に押さえて、前夜は眠りについた。
語り残しは頬を切る寒風のコックピットでも続いていた。
                                                         高木さん
          d0007653_108435.jpgd0007653_10225043.jpg 
         森さんとリキちゃん                                       シュンちゃん   
九十六年三月四日、 H i n a n o はオークランド(ニュージーランド)のリガード造船所で生まれた。                             
その進水式当日に落水者が出た。
ナナ、なんと第一号は H i n a n o を設計した林賢之輔先生
スタンパルピットを乗り越えて、ラダーの具合を覗き込もうとした途端だ。
掴まったハシゴがロックされていなくて、スローモーションを描いてドボ~ンした。
トイレが詰まってスキッパー耕ちゃんが糞まみれになったお話。
d0007653_10373536.jpg真水を汲みに出た故・笠原さんを置いてけ堀にして出航し、両手にバケツでポカーンと佇む人影見つけて「アッ、一人忘れてた」。
ナイトクルージングの太平洋上、草臥れ果てたツバメが一羽腕に掴まりに来て、ラット操作が固まった強面の徳ちゃん。
遠征を掛けた沖縄から、トカラの島伝いに北上した話しの数々、ニュージーランドからの回航、グアムまでのレース・・・・・。
初代の H i n a n o Y A M A H A 3 5 』を駆った屋久島遠征で遭遇した潮岬の渦巻く濁流。
ロッククライマー 3 人を絶海の孤島・孀婦(そうふ)岩に送り付け、ふたつの雑誌に取り上げられた冒険談。
「レートゆるくしてやったのに」(林先生談)勝てなかった K E N N O S U K E C U P ・・・・・。
そしてその反論、「Hinano 向きの風が吹きやがらね~。今日みて~な風が吹いたらな~」。
      マッちゃん              前夜の続きは、最後のクルーズが終わって、ヴェラシスに H i n a n o をモヤった後も尽きることがな  
                         かった。                                                          
                           

九日午前九時三十分ジャスト、富浦港を離岸した H i n a n o は、大房岬の蔭で最後の帆走に移った。
「メイン準備いいか~」
d0007653_11575826.jpgラットを握るミネさんの声には、僅かな震えを感じた。
「ヨ~シ、揚げ~」の声が重なる。
スルスルッとマストを駆け上がったセールは、残り五センチを余したところでダダをこねて止まった。
これが最後のセーリングだということに、オマエも気付いたのかい?
大丈夫だよ、イヤイヤなんかするな。
真っ赤なセールに替えられても、船体濃紺に塗られても、遠く遠くを走っていても、オイラたちは直ちにオマエを見分けられる。
必ず声掛けてやるから心配は要らね~。
ウソのように H i n a n o のダダは収まった。
                                                         フ~ちゃん
d0007653_1262314.jpg
前夜、バウ・キャビンに寝ていたオイラの頬に、結露の一滴がポタ~ンと落ちた。
泣いているのかい?、と思ってしまう。
全てを擬人化してしまうんだから、考えている以上に辛いのだ。
H i n a n o よ、耕ちゃんはオイラ達より、もっともっと辛いと思ってる。

でもだ、別れと思うな、新たな出発だよ。
男はみんなグラマラスな美人が好きだ。
きっとまた可愛がってもらえる
サヨナラはいわね~、再会したら、また舷側撫ぜ撫ぜを約束する。
           m a n b o w
d0007653_1050232.jpg
これは耕ちゃんへの報告だ。
林先生はこの日も H i n a n o をヴェラシスに出迎えて、モヤイを取って下さった。
おまけに松ちゃんとオイラのアッシーまでして引き受けて、横須賀中央駅まで送って呉れた。
助手席のフ~ちゃんは、もっと遠くまで運転して貰った筈だ。

そうそう、キャビンをカラにしたら、走ったよ~、ビュンビュンだ。
K E N N O S U K E C U P も、第一花丸もメじゃあね~
[PR]

by molamola-manbow | 2009-03-11 12:20 | ヨット


<< 友有り、呼び出されて・・・・・        久我耕一は海に還った >>