Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 22日

  桜新町の鮮魚店・神田屋

d0007653_8222375.jpg桜新町の鮮魚店・『神田屋』で、色が薄くて少々細見の鯛を見付けた。
明らかに天然モノなのに、艶々、丸々の養殖鯛の半額近い値だ。

「何かイワク付きかい?」
「イワクも屁ったくれもネ~よ、お買い得の一尾ダ~。損させネ~、持ってケ~」
啖呵に怯まず、「裏見せろ」。
な~るほど、手カギのでかい穴が頭の部分についている。
ナスビだってキュウリだって、湾曲したり色がマダラになっちゃったりすると、皆さん買わないんだよね~。
オイラが使いたいのは塩釜だから、頭部の穴見て財布を開いた。
「こんなところのキズ、だ~れも気が付かね~」

d0007653_8244327.jpg
「おきゃくさん、お客さん、まだ開店前だよ~。もうちょっと入るの待ってくれ」
店員さんにもう少し外で待てと言われて、「な~るほど、道理で品数少ネ~」。
時間つぶしに近くの喫茶店に入って、云われた時間(午前十一時半)を十分ほど過ぎて戻ってみると、間口三畳ほどの店内はごった返してる。
近隣中に"安くて新鮮"は知れ渡っているらしい。

一ヶ月ほど前、立川の百貨店・髙島屋に入った折の一階フロアー、お客さんは総勢でもこの店程度だった。
冷え切った経済のなか、熱気のあるのはここだけだとしても頼もしい。
[PR]

by molamola-manbow | 2009-03-22 10:56 | 酒・宴会・料理


<< 戦いは終わりぬ      MENU作りもまた楽し >>