Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 10日

おあずけの生シラス

d0007653_9255868.jpg
「済まね~、確かこの前も来てくれなかったかい?、午前中で売り切れちまうんだ」
そう言うと奥から名刺持ってきて呉れて「電話してくれれば今度から取っとくよ」と言い足した。
江ノ電の江ノ島駅近くに、『魚宇』と書いてウオウと読ませる魚屋さんがある。
d0007653_9291978.jpg地の干物で評判をとったのは江戸時代と言う、ふる~くから続く魚屋さん。
顔覚えていてくれたことが心地よくて、売り切れちゃった生シラスの無念さが多少和らいだ。
腰越漁協のシラス卸店覗けばあるかも知れないけど、たった一駅歩く気にもならない、外はギラギラの夏の陽光
『氷始めました』のヒラヒラに混じり、『生シラス丼あります』の旗が続く店々横目に帰途へ。
一度食えば満足なのだけど、もう風前の灯火のシラスの旬だ。
[PR]

by molamola-manbow | 2009-05-10 09:36 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/9706541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 仙人 at 2009-05-10 10:08 x
シラスに限らず魚は全般に「風前の灯火」状態・・。

生シラス丼?・・こちらにはありませんねぇ・・釜揚げのものは和歌山で新鮮な物が・・旬は最高ですね何でも・・大切に頂きましょう。
Commented by molamola-manbow at 2009-05-11 10:09
おっしゃる通り水揚げは先細り。
寄ってたかって少ない獲物取っちゃうから、親のイワシも取れなくなりました。


<< 忍び寄る生物崩壊の恐怖?      刺客にイチャモン >>