Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 01日

  仲人はKENNOSUKE CUP・・・・・

                    長いマストの右隣りにモヤっていた・・・・・(千葉・富浦港)
d0007653_136166.jpg
今回の『KENNOSUKE CUP』にはヨット専門誌『舵』社の取材陣が張り付いていた。
『舵』社の取材は、manbowの承知しているだけでも過去に三度ある。
その最初の出会いは、林賢之輔デザイン艇が三隻並んでモヤッた時、二〇〇三年の下田。
HINANO』の上に三隻のクルー全員を集め、仲のよさをアピールする写真を撮ることになった。
オイラはブームの上に仁王立ちとなってレンズに微笑んだ。
何たってこんな時には目立たねば!!
誌面に掲載された写真、写っているのは足先だけでしたね~、ぶった切られて。

d0007653_13171167.jpg「長崎にお輿入れと聞きました。寂しくなりますね」
「そうなんだ。大村湾まで嫁に行く。少し遠くて気軽に逢いには行けないんですよ。近場に嫁いで呉れること望んでいましたけど・・・・・」
胴体どころか、オイラを足首からぶった切ったカメラマン・安藤クンに大人のmanbowは和気あいあいで会話を交わします。
心の底で燃えている"殺気"のことなどオクビにも出さずに、な~んちゃって。
     チャートテーブル
d0007653_131896.jpgそうなんです、同じ林艇の『あうん』と『jacky』が仲人役を買って出てくれて、長年お世話になった『HINANO』はこの夏から長崎・大村湾に浮かびます。
      
堅固で復元力に優れ、42フィートもあるのにすぐにでもシングルハンドで世界中何処にでもクルージングに出られる基本装備を持つ林艇・『HINANO』。
その良さを熟知している二人の口利きでトントン拍子で進んだ婚礼の儀、九州までの距離だけが・・・・・。                                
                                                           バウキャビン

d0007653_13193069.jpg
詳しくは西国クルージング中の『あうん』のblogで、仲人・九里(くのり)保彦さん【http://blog.livedoor.jp/aunkunori/archives/2009-05.html=5月29日】が書いている。

広々とした波静かな湾だけど、水深が無い分、台風時は嫌な波が立つんだ。
気を付けるんだよ、HINANO
バウからコンパニオンウェイをのぞむ
d0007653_14333039.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2009-06-01 14:11 | ヨット


<< 一足早い江戸の花火      KENNOSUKE CUP 2... >>