Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 29日

蕎麦屋『あめこや』の夜

d0007653_7295169.jpg
宮崎の盆地の町・都城産の男に「久しぶりに帰省する。一緒にこないか?」な~んて誘われたのは去年の今頃だった。
渋っていると「親戚が舟持ってる。この辺りの海と違って釣れるよ~」と追い討ちを掛けてきた。
なのに話は待てど暮らせど具体化せずに秋になり、冬になった。

帰省はしていた。
オイラを捨てて妙齢の女性を伴って帰った。
歓待を受けたらしいので、「とうとう年貢を納めるのか、それなら、ま、しょうがないとするか・・・・・」

昨夜はこのふたり目の前に飲んだ。
年の差は二十あまり。
ヨチヨチ歩きの時分から知ってた女の子が、御年三十ン歳の神々しいほどの美人に育って、「嫁にきてくれたらな~」と思い始めたのd0007653_734333.jpgだけど、くだんの女性の方にはゼ~ンゼンその気がないと言う男女。
女性としては子供の頃から良く知ってる「親しいオジサン」の域から出ないので、去年の帰省も「じゃあアタシも」と便乗しただけのことらしい。

「オイラの理想はね、二人が一緒になることなんだけどな~」
な~んて話を向けても、「アハハ、冗談ばかり」と一笑されてしまって、この話はおしまい。
最初の二人との出合い、エプロンなど付けて甲斐甲斐しく夕食の支度などしていたんだ。
で、「てっきり」と思い込んで、かれこれ十年だ。
二人はすこぶる付きの仲のよさだし、男には嫁になって欲しい願望もあるのだけど・・・・・。
豪徳寺の蕎麦屋『あめこや』で。
[PR]

by molamola-manbow | 2009-06-29 07:56 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/9920187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2009-06-29 08:03
あるある、そういうのって。歯がゆいやら微笑ましいやら。
Commented by molamola-manbow at 2009-07-01 06:53
イライラするんですよ、このヤロウには!
「すまん」のひとこともないまま私を捨てたので、いまだにチクチクいじめて楽しんでおります。


<< 経堂界隈      オマエ、野良だろう >>