Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

2017年 03月 30日 ( 1 )


2017年 03月 30日

  教 育 勅 語

日々話題になっているのに、「紙面に登場しないな~」と思っておりました文章( ⇩ ⇩ )とようやく出あえた。
パソコンに四文字ほどを打ち込めば、すぐ画面に登場する文章ながら、「コンナ騒ぎになっているのだから掲載すべき」と、考えていたのに掲載紙と出くわさない。
朝日、毎日、サンケイ、東京などなど、全紙を観てはおりませんので、もっと早く掲載した新聞もあったのかも知れませんが、m a n b o w の初見は 2 8 日の毎日新聞夕刊でした。

耳に残る教育勅語は出だしの部分 チン オモウニ ワガ コウソコウソだけ。
「フ~ン、皇宗( こうそう )であったのか~」を今回初めて知った。

                        1 8 9 0 年( 明治 2 3 年 )発布の教育勅語

朕(ちん)惟(おも)うに 我が皇祖( こうそ )皇宗( こうそう ) 国を肇( はじ )むること宏遠( こうえん )に 徳を樹( た )つること深厚( しんこう )なり

我が臣民 克( よく )忠に 克く孝に 億兆( おくちょう )こころ を一( いつ ) にして 世々( よよ ) 厥( そ ) の美を済( な )せるは 此れ我が国体の精華にして 教育の淵源 亦( また )実( じつ )に此( ここ )に存( そん )す

爾( なんじ ) 臣民  父母に孝に 兄弟に友( ゆう ) に 夫婦 相( あい )和 (わ )し 朋友( ほうゆう )相( あい )信( しん )じ 恭倹 (きょうけん )己( おの )れを持( じ )し 博愛( はくあい ) 衆( しゅう ) に及( およ ) ぼし 学( がく ) を修( おさ )め 業( ぎょう )を習( なら )い 以( もっ )て智能( ちのう )を啓発( けいはつ )し 徳器( とくき )を成就 し 進んで公益 を広 め 世務 を開 き 常に 国憲を重じ  国法に遵( したが )い 一旦緩急あれば義勇 公( こう ) に奉( ほう ) じ 以( もっ )て天壤( てんじょう) 無窮( むきゅう ) の皇運( こううん )を扶翼( ふよく )すべし
 
是( かく )の如( ごと )きは 独( ひと )り朕( ちん )が忠良( ちゅうりょう )の臣民( しんみん )たるのみならず 又( また )以( もっ )て爾( なんじ )祖先の遺風( いふう )を顕彰( けんしょう )するに足( た )らん

斯( こ )の道は 実に我が皇祖 皇宗の遺訓にして 子孫 臣民の倶( とも )に遵守( じゅんしゅ )すべき所( ところ ) 之( これ )を古今に通( つうじ )て謬( あやま ) らず 之( これ ) を中外( ちゅうがい )に施( ほどこ )して悖( もと )らず 朕( ちん ) 爾( なんじ )臣民と倶( とも )に 拳々( けんけん )  服膺( ふくよう ) して 咸( みな ) 其( その )徳 を一( いつ) にせんことを庶( こい ) 幾( ねが ) う

                         「何しに来たんだい?」の『さんふらわあ』
d0007653_10311419.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-03-30 10:45 | カテゴリー外 | Trackback | Comments(0)