Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 01日 ( 1 )


2017年 04月 01日

  伝 書 鳩

コノ鳩たち、つい最近まで飼育下にあった者どもだと見た。
噴水さながらの登場の仕方、ほぼ真下からデカイ羽音とともに舞い上がってきて、躊躇することなく目の前で羽を休めた。
m a n b o w との距離 1 m 少々といったところ。
恐れる様子など少しも見せずに、「何にもネ~のかよ、ビスケットぐらいはあるだろう」みたいな顔で止まり続けるんだもの。
お陰でシャッターを切ることもできた。
手摺りに止まらずに更に上をめざした個体も居たので、合計は 6 ~ 7 羽の群れだったでしょう。

腰を振り振りホーム上を彷徨って、ベンチで弁当など開いているのを見つけると「少し寄越せ」と近寄ってくるヤカラたち。
鳩と接する機会、ホーム上で見掛けるアノ薄汚い野郎たちだけですが、コノ三羽は体型から黄色い足先まで身綺麗なんだ。
野性よりも飼育下にあった者どもを綺麗、と言い張るのはおかしいのですが・・・・・。

ベランダの鳩たちには「ホーム鳩みて~にはなるなよ」と諭した。
この近辺の海にはミドリハトなる珍種がおいで。
岩場に通って打ち寄せる波と戯れながら、驚いたことにショッパイ海水を飲むのです。
我々人間は一定の距離までしか近づけさせない。
で、「ヤツラを見習え」と。

初対面の m a n b o w を警戒するでもなく、「何か呉れ」の態度では無理でしょうね。
犬に猫に、魚類に、爬虫類・・・・・、飼育に飽きてみ~んな野外にポイ。
いずれはホーム鳩の仲間入りをするのでしょう。
d0007653_10281136.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-04-01 11:03