Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:今度は地元真鶴( 203 )


2017年 04月 24日

  欠 陥 ロ ー タ リ ー

d0007653_8591367.jpg

小田原駅東口のロータローを俯瞰したショット、正面の道を真っ直ぐ進むと国道 1 号線と交わり、その先は御幸の浜、相模湾の広がりです。
駅ビルの天辺からそのロータリーを見下ろして、「ンンッ?」と首をひねったのは神奈川県の西の玄関口の欠陥でした。
8 路線が発着するバス乗り場への横断歩道が一本もない。
J R 、小田急線からバスへの乗り継ぎは、二階からのエレベーターなのです。
この事を知っていれば便利だと思う方もおいででしょうが、初めて小田原を訪れた人はそうは行きませんよ。
誰だって地上まで降りちゃいます。
そのロータリーを囲んで林立してるのは『渡るな』、『横断禁止』の立て看板だけ。
どうやってバス乗り場に行きつけるのか、その案内表示が見当たらないんだ。
すぐ目の前はバス乗り場でしょ。
『横断禁止』を無視して渡って、去年は死亡事故まで起きた。
バスへの乗り降りに熟知している小田原市民だって、「二階まで上がってバス乗り場へ」とは考えない。
タ~クサンが『横断禁止』を無視してるもの。

ロータリー地下の『 H a R u N e 小田原 』からバス乗り場へと行ける道はあるようだ。
しかし、神奈川県の西部に住んで5年以上が経つオイラにもわかりずらい。
二度も廃墟と化した地下街の再、再、再オープンは明確化のチャンスだったのに。
首都圏の奥座敷へと続く神奈川県の西の玄関口、見た目はきれいに整備されたかに見えるのに・・・・・。
15両編成の車両が発着する東海道線のホームから改札口への連絡階段がひとつしかないために朝夕のラッシュ時に殺人的大混乱が起きる小田原駅にも問題がある。
d0007653_107404.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-04-24 10:29 | 今度は地元真鶴
2017年 04月 23日

  阿弥陀籤・・・・・?

d0007653_8333314.jpg
「前にも一度出会ったことがあるぞ」と思いつつカメラを向けた。
探し出したソイツがコチラの二人
同一デザイナーかどうかの真贋は知らない方がいいね。
「今度はどんな飾り付けだろう?」を楽しみにして前を通るのが良いんだ。
小田原駅前のロータリーには他にもタ~クサンの蒲鉾店が店開きしているけど、前を通って楽しいのはココだけだもの。
老舗カマボコの店『籠清』、何時だって商品を正面に押し出さずにウインドーを飾ります。
小田原から登山鉄道に乗り換えて二駅目、入生田にはドーンとカマボコビルを建てちゃって、観光バスが横着けする同業者もおいでだけど、オイラにとっての『買うならココ』は『籠清』なんだ。
買い物をしたのはたった一度だけ。
お客さんを連れて行った時を数えても、まだ二度しか入っておりませんが、ファンなんです。
本店の重厚な店構えもステキです。
肝心の味、魚のすり身が嫌いなもので、一度も食べ比べをしたことが無い・・・・・。
                               完   成(⇩ ⇩)
d0007653_9574158.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-04-23 10:05 | 今度は地元真鶴
2017年 04月 21日

  と ん が り 帽 子 の 昇 降 台 に 乗 る   

d0007653_9532887.jpg
お婆ちゃんがコチラに向かって来ましたので、ドアを閉めずに 1 0 秒ほど待っていたら、大層感謝されてエレベターの中で会話が弾んた。
「有り難いとは思っていますがね~、必要なのはコッチ側じゃあないでしょ」などと。
4 月 1 日から稼働するようになった東海道線を跨ぐ歩行橋に設置した昇降台の事を言っている。
昇降台の完成で階段 2 0 段ほどを登らないで跨線橋の上まで行ける様になりましたが、必要なのは反対側なのです。
「コチラっ側の 2 2 段に対して、反対側の階段は 6 5 段もあるのよ」
「そうだったっけ?」と頷きますと、「向こうっ側は 1 6 段毎に踊り場があるでしょ。その踊り場で何時も息を整えるのよ。休まずに登ったことなど一度もない」
「向こうっ側は何時着工でしょう?」と、階段の数を知ってるお婆ちゃんに感心しながら相槌です。
海側に設ける話はないこと、聞いていますが、コレは話さなおいでおく。
だって伝聞の範疇だもの。

国道、河川、線路などで町が二分され、同じ町でありながらガラリと変わっちゃうところ、多々見掛けます。
真鶴岬の付け根部分に広がる漁師町を中心に発展した真鶴も、線路をを挟んだ海側と山側でガラリと様相が異なる。
一軒も商店が無いのが山側で、食料品の買い出しにさえ海側に出掛けなければ何ひとつ買えない。
トンネルで線路を潜る道は町の外れにしかないし・・・・・。
つまり、跨線橋は山側の住人の生活道路、 6 5 段の方にも昇降台は必要なのだ。

『要らぬお世話だ!』の張り紙(⇩ ⇩)、やはり 6 5 段側の設置予定はないのだろうか?
d0007653_9471447.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-04-21 09:32 | 今度は地元真鶴
2017年 04月 12日

  四 月 に ・・・・・ 雪 ?

d0007653_826074.jpg
集合住宅の 6 階、解放廊下からの眺め。
三寒四温の寒に戻った日だから一昨日でしたか、その前の日の出来事でした。
畑が薄っすらと雪化粧をしたではないですか。
箱根のお山には何度か積雪がありましたが、"暖国・真鶴"の今冬の雪はこの程度です。
「四月に入ってからは歴史的かも知らない」と、カメラを取りに部屋に引き返した。
アハハの早とちり。
ほんの数歩歩くだけで、真下の様に全体像が変わるんだ。
昇降階段の隙間から覗いている景色( ⇧ )と全体像( ⇩ )、もっと拡大したのが最下段のショットで、緑のこんもりは二月の中旬に満開を迎える。

サクラには原種が存在しないらしい。
野生種も自生種も尻軽野郎ばかりで、人の手を借りずとも交配しちゃうらしいのです。
早咲きで有名な東伊豆の河津桜を凌駕する熱海桜の開花は、 X ' m a s の翌日だったようだ。
d0007653_8511911.jpg

d0007653_9114193.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-04-12 09:37 | 今度は地元真鶴
2017年 03月 25日

  と ん が り 帽 子 の 昇 降 台

♪ 緑 の 丘 の 赤 い 屋 根

と ん が り 帽 子 の 時 計 台

鐘 が 鳴 り ま す キ ン コ ン カ ン

メ ~ メ ~ 子 山 羊 も 啼 い て ま す

 風 が そ よ そ よ 丘 の 家

黄 色 い お 窓 は 俺 ら の 家 よ


昭和 2 0 年代の頭にラジオから流れ出ていた連続ドラマの主題歌、日々であったのか週一であったのかの記憶は飛んじゃいましたが、メロデーを耳にした家族は茶の間のラジオの前に集まった。
映画にもなって、小学校では生徒鑑賞会まで開きました。
校庭に生徒を集めて、町の映画館まで行列作ってゾロゾロと。
鹿児島の伊佐市、当時は大口町と言った郷里でのお話しです。
とんがり帽子が上に乗っかったことで、フル~イ記憶を呼び起こしました。

T V が家庭に入り込むのは 1 9 6 4 年の東京五輪が切っ掛け。
昭和 3 0 年代の半ばまでは T V は駅前にあるモノであって何時も黒集り。
力道山の空手チョップに熱を上げるソノ黒山の中の一人でした。

のんびり工事と映りましたが、新年度の初日が使い初め。
とんがり帽子の昇降台に、行列はできるでしょうか?
d0007653_9504585.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-03-25 09:52 | 今度は地元真鶴
2017年 03月 14日

  崖 上 の 駅

d0007653_8173338.jpg
               元日には"日の出列車"が運航される東海道線唯一の無人駅・根府川のホームからの眺め。
               水平線から昇る初日の出を、海抜 4 5 m のホームから拝められるとあって人気があるらしい。
               お隣りは注連縄を張った三ツ石の間から昇る朝日が人気の真鶴岬に行く下車駅、真鶴です。
               手軽にみられるだけ「根府川の方が便利」と見ましたが~、ホームを歩いていて気付いた。
             「この木の間から日の出を覗かせたら(⇧ ⇧)、ムンクの叫びと同等の効果を生むかもしれない。

         相模トラフ上で起こった断層のズレが引き起こした関東大震災( 1 9 2 3 年)の震源地は、根府川駅の目の前の海でした。
      マグニチュード 7 越の揺れをまともに喰らった地滑りは、停車中の列車ごと根府川駅を海に引きずり込んで130人もの死者を出した。
     現在も相模湾を真下に見る崖上のプラットホームが撮り鉄には人気の駅ですので、コノ木だって先刻承知かも知れませんけど・・・・・。
                  真下の海は『新宿魚業協同組合』、略して『新魚連』の主要漁場でもありました。
d0007653_9161631.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-03-14 10:16 | 今度は地元真鶴
2017年 03月 09日

  一 番 、二 番 と 来 て 、今 満 開 は 根 府 川 と 籠 清 

東伊豆・河津町のカワズザクラほど名高い訳じゃあ御座いませんが、コノ近辺のサクラは河津町を凌駕して二月の初旬に満開期に入る。
早咲き N O 1 は 6 0 本が糸川沿いを飾る『あたみ桜』で、今年は一月中旬に見頃期を迎えた。
早咲きの日本記録を保持する桜たち。
真鶴で目立つのはコイツで、数日遅れて早川沿いの『はこね桜』も見頃となりました。

今が見頃の中途半端な早咲きは『おかめ桜の里』を合言葉に鋭意"おかめ"を増産中の根府川です。
線路脇に植わる十数本はまだ樹高 2 メートルほどの貧弱な幼木に過ぎません。
しかし、小田原蒲鉾の老舗・『籠清』のショウウインドー(⇩ ⇩)と時を合わせて今が満開。
シイタケ刈りと炭火焼の『お山のたいしょう』( 0 4 6 5 - 2 9 - 1 3 9 3 )まで登れば、見事な『おかめ桜』との出合となる。

ソメイヨシノのサクラ前線、スタートは何時でしょう・・・・・?
d0007653_7511864.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-03-09 09:24 | 今度は地元真鶴
2017年 02月 27日

  看 得 到 海 的 地 方 の 日 の 出

                        中国語で『 看 得 到 海 的 地 方 』と言うらしい。
          日本語訳は『海の見える場所』、なにしろそこら中に C h i n e s e が溢れかえっておりますもので・・・・・。
             こんなに早く目覚めるようになったのは『 看 得 到 海 的 地 方 』に引っ越して来たからじゃあない。
                   なにしろ、後期高齢者、日の出の時刻に目が覚める様になちゃいました。
               太陽と一緒に目覚めていると夏至(梅雨の季節)の頃には 4 時台の起床になっちゃう。
                気象庁データによると 5 日は 0 6 : 4 0 分で、 2 6 日は 0 6 : 1 5 分の日の出。
                       東へと夏至( 6 月 2 1 日)の日までドンドン移動です。

d0007653_234037.jpg
                        今月の 5 日(⇧ ⇧)と 2 6日 (⇩ ⇩)の日の出
d0007653_23463369.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-02-27 08:50 | 今度は地元真鶴
2017年 02月 24日

  今度は真鶴、またも駅

d0007653_6512821.jpg
東海道線の真鶴駅は、上空をホームの中央部を跨いで町の歩道橋が走っている。
4 本の線路と 2 車線の国道を跨ぐのでかなり長い。
駅に辿り着くまでに大層な遠回りをしなければなかった山側住人のために、有志が設置に携わった跨線橋、町も J R もな~にも対策を打たなかった。
その山側部分で今、階段のひとつをエレベーターに変える工事を行っている。
2020年には7000人を割り込むだろうと予想される中で、更に比率を高めるのはお年寄り。
自治体も今度は重い腰を挙げたことになります。
但し、エレベーターは山側だけの一か所で終わっちゃうらしい。
タクシーの運転手さん曰く、「山側は町の土地ですが、海側は J R の持ち物ですので」と。
つまり、エレベーターの設置を J R は許可しないってことらしい。
「ホントですかね~?」のお話です。
山側の階段20数段に比べて、海側は65段を数えます。
設置すべきなのは山側じゃなくって海側の方なのですよ。
手摺りに捉まって途中で一休みしてるお年寄りを良く見掛けるのは海側だもの。
意地を張って m a n b o w は上まで登り切ることにしておりますが、何時も上まで登り切った途端にホッ、角度もかなりきつい。

海側にこそ必要なエレベーター、スペースだって障害など起きそうにないのに・・・・・。
地下通路を延長し、山側にも改札口が有って良い筈の駅なのに・・・・・。











[PR]

by molamola-manbow | 2017-02-24 08:50 | 今度は地元真鶴
2017年 02月 22日

  海の上に建つ駅

d0007653_875912.jpg
相模湾に向かって真っすぐ伸びる跨線橋は、昨日の根府川駅です。
真下の海は釣りの同好会『新宿魚連』の主要漁場のひとつでした。
チョコンと突き出した岩場の先、漁場の両サイドに定置網が入ってお魚の影が潜んじゃうまでは、毎週のように通ってた。
夏場は主に銛漁、4キロ級のコショウダイとかクチジロをゲットできる好漁場だったのです。
d0007653_9473835.jpg
そんな、ナガ~イ付き合いの駅なのに気付かなかったこと。
「ンンッ?」は画像をパソコンに取り込んだ昨日ですので、ロクなショットしかありませんが、線路に一番線は無くて 2⃣ ~ 3⃣ ~ 4⃣ 番線の三本表示だけだなんて何故?、なのですよ。
跨線橋の階段表示(⇨ ⇨)も同じです。
「そういえば 2⃣ ~ 3⃣ ~ 4⃣ 番表示も反対側から数えてる」と気付いた。
下りの方を若くして「 1⃣ ~ 2⃣ ~ 3⃣ と下りから数えるのじゃあなかったっけ・・・・・?」
真鶴も小田原も、かつての住まい小田急沿線も、皆そうでしたもの。

d0007653_11435329.jpgテツちゃんに変身して調べますと『 1 番線は海の中』(⇦ ⇦)とする記述が多かった。
関東大震災( 1 9 2 3 年=大正 1 2 年)は駅舎もろとも 停車中の車両を土石流とともに海へと引きずり込んで 1 0 0 人越えの犠牲者を出した。
その鎮魂の意味を込めて 1 番線は設置しないんだと。
「フ~ン」と納得しちゃいそうな記述ですが、コレって後付けの創作ですね。
1 番線は貨物専用のプラットホームとして 1 9 7 0 年代までは存在してた。
おかめ桜の幼木が植えられている右っ側が そのホーム跡、高低差は左っ側とピッタリ合います。

東海道線唯一の無人駅、駅員さんに尋ねる訳には行かない。
線路番号を逆打ちする理由?、コイツは謎のままです。

         コチラ(⇧ ⇧)ダイバーの設置
d0007653_1122555.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-02-22 11:32 | 今度は地元真鶴