カテゴリ:今度は地元真鶴( 203 )


2017年 02月 17日

  「ウ ソ つ け ~」 は正しかった

d0007653_8584949.jpg箱根湯本の町役場を訪れた時に、正面玄関横の『早雲寺近道』という小さな標識を見つけた。
小田原城の初代城主は北条早雲です。
「キット関係のあるお寺に違いない」と考えて、役場で用事を済ませて道順に従った。
階段115段(⇨ ⇨)を上らされました。
それから急坂(⇩ ⇩)の下り。
箱根登山鉄道の湯本駅から昇り始めた事を考えるとひと山越えたことになる。
片道 2 0 分弱の上り下り。

d0007653_9513883.jpg小田原駅前の路地裏・『おしゃれ横丁』にちっちゃな墓地があります。
小田原を納めて五代 1 0 0 年、というよりも関東一円を支配した武蔵・相模の国の大大名・北条家の氏康、氏政( 3 、4 代目)の墓だと看板ではうたっております。
お墓は小田原城の天守閣からの直線距離で 8 0 0 メートルほどの近距離です。
城主であればお城の庭先にだってお墓は建てられますけど~。
ココはお掘の掘削土砂を捨てた『揚土(あげつち)町』、職人が集まった『大工町』などの近場でして、「お殿様がこんな所に建てるか~?」の疑問を捨てきれません。
山越えまでした探求心には、そんな動機も潜んでおりました。

結論は墓地の奥、階段 2 0 数段を上った上座に鎮座なさっておりました。
左から早雲、氏綱、氏政、氏直、氏盛と、北条家五代の当主の墓が立っていて、墓前には真新しい花が飾られていた。
早雲寺は北条早雲が建立して北条家の菩提寺としたお寺ですが、豊臣秀吉はココ早雲寺に本陣を置いて小田原城を攻め、天正18年(1590年)の一夜城(石垣山城)完成と同時に寺を焼き払って本陣を移した。
再建されて早雲寺の名前が復活するのは徳川三代将軍家光の時代だとされますので、半世紀以上お寺も墓も荒れ放題であったらしい。
戦国時代の敗将は敗れただけでは済まなかったようです。

そんな訳で小田原駅前のお墓は、やっぱり「何なんだ?」
商店街の小知恵の利く誰かさんの発案で設けた客寄せパンダと言うことになります。
但し、どちらが幸せかどうかは判らない。
駅前墓地には観光客が引っ切り無しですので北条さんは退屈しないで過ごせそう。
本当の墓地は~、山越えをしなければ到着できません。
写真を撮って小一時間、この間ダ~レとも出会わなかった寂しい所にあるんだもの。
「こりゃ、手持ち無沙汰だわ」なのですよ。

d0007653_12125053.jpgd0007653_1213169.jpg

        苔むした萱葺き屋根の鐘楼に吊るされている梵鐘は、豊臣秀吉が小田原城を包囲した際に一夜城で使ったモノであるらしい。
                         敵も、味方も一緒の菩提寺、「ウム~、珍しい」
d0007653_12113131.jpg

             コチラは早川沿いを彩る箱根湯本のサクラ、憶えてきたはずの擬宝珠で飾られは橋の名は・・・・・?
d0007653_812255.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-02-17 07:42 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 14日

  お う い 雲 よ

d0007653_8522190.jpg
時折り頭に浮かんでくる詩がある。
ポッカリと空に浮かんだ雲に向かって「 お ~ い 」と呼びかけた山村暮鳥のあれ。
草原にゴロ~ンと横になって空を見上げていたに違いない。
初夏であったろうか、晩夏だろうか?、な~んて季節も考えちゃう。

伊豆半島の付け根部分、函南の空に浮かんだ今朝の雲( ⇧ ⇧ )も暮鳥の「 お ~ い 」とつながった。
と言っても、「浮かんでいたのは二つじゃなかった筈だ」とか、「雲はもう少しデカかったに違いない」・・・・・。
と、頭の中では否定的に考えて「コチラの方が合ってるかも」と、数日前にカメラを向けた同じ函南の雲を考えた。
ただし、コチラ(⇩ ⇩)だってポッカリ浮いてるとは言えません。
d0007653_8531462.jpg

                          おうい雲よ
                           ゆうゆうと
                          馬鹿にのんきそうぢゃないか
                           どこまでゆくんだ
                          ずっと磐城平の方まで行くんか


「オイ、コラ雲よ」と呼び掛けたくなるコチラ(⇩ ⇩)はドンドン広がって 神奈川県足柄下郡真鶴町に 2 0 1 7 年度の初雨をもたらした 1 月 8 日の雲。
函南の空に浮かぶ雲の形で天気が判る様になれば、『天下御免の晴れオトコ』の株は天井知らずとなるのだが・・・・・。

d0007653_8534863.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-02-14 10:14 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 11日

  季節の神様は怒ったのかな?

薄っすらと雪化粧をほどこした奥湯河原の山波を遠望しつつ、「されど春優勢」と昨日は述べた。
暦の上でも立春( 4 日)をサッサと通り越しましたし・・・・・。
でも、冬将軍はお怒りになったようです。
今朝の真鶴はコウ( ⇩ ⇩ )ですもの。
d0007653_9155866.jpg

目覚めは 0 6 ; 3 0 ごろでしたか。
その起き抜け、すぐさま雲隠れを試みたお天道をパシャリとやった時には、手前の雪化粧した屋根(⇩ ⇩)には気付かなかった。
神奈川県の西の端っこ真鶴の初雪です。
"年一ペース"で屋根を白くすることはある様だ。
d0007653_957599.jpg
「昨日の雪化粧はどうしちゃったんだい?」の奥湯河原山麓遠望(⇩ ⇩)。
J R で駅ひとつしか離れていないのに・・・・・。                          
ボンネットの雪も 2 時間ほどの命でした。
d0007653_10318100.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-02-11 10:07 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 10日

  お山は雪化粧

d0007653_845081.jpg

スマホの方位計で調べると真鶴の西 2 4 0 度、雪化粧は芦ノ湖の南側を囲む奥湯河原の山々になる。
昨日は『日本一の早咲き桜』をキャッチフレーズに、東伊豆で『河津桜まつり』がオープンした。
写真の"真鶴桜"は今が満開です。
"熱海桜"は先週の内に晩期となって道路を桜色に染めていた。
「キャッチフレーズを鵜呑みにしちゃあアカンぜよ」の典型だけど、河津川の両岸を真っ赤に染める並木だけは見事です。
ソメイヨシノの淡いピンクを是とする人にとっては、真鶴も熱海も河津も、眉を顰めかねないどぎつい赤ですが・・・・・。

今は冬と春のせめぎ合い・・・・・
なれど里も海も春優勢ですね。
d0007653_10103476.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-02-10 10:17 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 07日

  2月22日は忍者の日   

2 月 2 2 日を『ニン・ニンニン』と読ませ、ニンは忍でイコール『忍者の日』としたらしい。
『ニャン・ニャン・ニャン』と読ませて、猫好きの皆さんは同じ日を『猫の日』としている。
『ニン・ニンニン』の忍者の日は 2 月 2 日を『ニン・ニン』と読ませて、この間を『忍者月間』として、様々なイベントを計画し始めました。
小田原市も忍者の里の二大巨人(伊賀、甲賀)と組んで、忍者ごっこを始めた。
忍者衣装で小田原を訪れると商品進呈、な~んてイベントです。
但し、盛り上がってはいません。
架空の忍者・猿飛佐助同様に、小田原忍者の看板役者・風魔小太郎も、ゲームや漫画の主人公の域を出なくて、実像のイメージが浮かびません。
そんな訳で「小田原が忍者の里だ~?」と、疑問ばかりが湧いてきて、伊賀、甲賀とは並び立たないのです。

小田原と言えば相模の国の玄関口、もう少しデカク構えれば首都圏の玄関口であって、東日本への入り口として栄えたのに、そんな覇気を爪の垢ほども感じないのが現在です。
d0007653_10204721.jpgイベントの宣伝もこんな( ⇨ ⇨ )、小田原駅の改札口がですよ。
オイラもしばらく、気付かなかったもの。
ミツウロコの家紋と言えば北条家、その家紋の前で忍者ごっこでは、落城寸前のイメージだしな~。
       駅前商店( ⇩ ⇩ )
d0007653_10351095.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2017-02-07 10:38 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 29日

  ひな人形

d0007653_10204038.jpg
お店の入り口、ドアの外っ側に置かれた手作り雛です。
この時期、小田原市では『ひなにんぎょうのひなたぼっこ』と称して雛飾りを店頭に配してお客さんの目を楽しませておりますので、コチラさんも始めたのだろうと。
帰宅して写した写真を調べましたところ、これらの手作り雛は『一体 5 0 0 円』也の売り物でした。
売り物であったとしても、ひなたぼっこ行事に支障は何一つ御座いませんが・・・・・。
交差点の向こう側から眺めても、一番目を惹いたのはコイツだったもの。

d0007653_10353765.jpg他のお店には豪華な五段飾り( ⇨ ⇨ )も飾られておりましたが、手作り雛は目立つたな~。
「男雛と女雛の、配置はこれで良かったけ?」( ⇩ ⇩ )などと考えたりもして・・・・・。
d0007653_1031015.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2017-01-29 10:43 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 26日

  お猿さんだけじゃなかった

真鶴町の図書館、壁際の新聞綴じをパラパラッとめくっていて知らなかったニュースと出会った。
小田原城内で起こった射殺騒動( 9 日)、新年早々、市のど真ん中で起こった物騒な事件です。
全国ニュースとしても取り上げられたのではないでしょうか?
「君らも気をつけろ」と、コノ b l o g も趣旨を替えねばならない。
d0007653_23152050.jpg
写真は大磯町のミカン農園で撮られたショットです。
「こんな光景は日常茶飯事」の言葉を裏付ける様に、のんびりムードで落ちた果実を喰らっておいで。

チョコツと調べたら出て来た平塚市での27年度のイノシシ捕獲数は 2 7 頭にものぼる。
2 8 年度はこの数字を 1 2 月の時点で上回り、被害など一度も出たことのない三浦市でも田畑が荒らされる回数が増加しているようだ。
環境庁が『丹沢山塊のツキノワグマの生息数は 3 0 頭以上』とはじき出したのは何時だったでしょう?
神奈川県の屋根・丹沢は、日本列島が一番太くなる日本アルプスの庇だ。
サルもイノシシも、ツキノワグマだって生存していても不思議じゃあない。
このことを肝に命じて、目の前の相模湾ばかりに目をやっていてはいけませんね。
d0007653_10423100.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-01-26 10:09 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 25日

  似た駅ばかりの東海道線に、またひとつ

d0007653_8425880.jpg

小田原から西 、早川~根府川~真鶴~熱海と続く J R の路線は、昭和 9 年( 1 9 3 4 年)の丹那トンネル開通以降に出来た。
コンナのが走ってた時代もありましたが・・・・・。
その"人車鉄道"の終点が一新された(⇧ ⇧)というので見に行ってきた。
晴れ渡った陽光に、駅舎は光り輝いてはおりました。
ただし、茅ヶ崎、平塚、小田原と、東海道線の駅舎を席捲中の L u s c a が、「またひとつ目映い駅舎を建てやがった」と言うのが印象です。
陽光にキラメク姿に、少しの変わりもないんだもの。
外見だけじゃあ御座いませんでした。
駅前のお土産屋さんに、食い物店さんが、駅舎の中に勢揃いです。

坂道だらけの街で、お宮の松まで歩こうものなら帰路がタ~イヘン、フウフウ言いながら急坂を登らなければならなくなるのが熱海です。
新婚旅行のメッカと言われた時代は遥か向こうに行っちゃって、熱海銀座はシャッター商店街化し、駅前の一角だけが賑わう町に変わった理由、そいつはコノ急坂でしょう。
現代人は歩くことをやめちゃいましたもの。
そんな訳でお客さんは更に先鋭化して、「駅の中だけに留まっちゃうかも」と心配しちゃう駅舎でした。

お土産は駅舎で買えて、小腹も満たせる熱海駅、外に出る必要がないのです。
これでいいもでしょうか?
新婚旅行の思い出の地へと、再び足を運んだジッちゃん、バッちゃんは新しい駅舎にどの様な言葉を残すのでしょう?
先にあげた三都市(茅ヶ崎、平塚、小田原)と同じ姿の駅舎なのです。
そして、賑わう駅舎から一歩外に出ると、人通りもまばらな街の広がり・・・・・。
そんな危惧だけを抱いて帰ってきました。
                                旧の駅舎( ⇩ ⇩ )
d0007653_924555.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-01-25 11:17 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 15日

  小田原の衰退・・・・・?

新幹線の停まる町、首都圏の奥座敷・箱根の山への玄関口でもある小田原の街角から、一軒の本屋さんが消えました。
文具と本を扱う『伊勢治』、江戸幕府の親玉が徳川家綱から五代目・綱吉へと交代した延宝八年( 1 6 8 0 年)から続く老舗中の老舗の廃業です。
今じゃあ閑古鳥の鳴くシャッター商店街ですけどね。
右に行くと国道 1 号線、左は小田原市役所や警察署などが固まる市の官庁街へと通じる、かつての"小田原の銀座通り"でした。
三百ン十年も続いた老舗でもダメか~と、考えちゃいます。
ただ今の小田原市の人口は、右肩下がりを続けて19万チョボチョボ。
しかもお年寄りが多くなって、歩く距離が大層短くなりました。
路面電車の撤廃が響いてるな~。
駅から遠いかつてのカマボコ通りなども、今じゃ閑古鳥だもの。

と考えましたが、小田原市は駅前ロータリーの地下街ですら二度もつぶしてる。
三度目の正直で始めたばかりの地下街からも撤退するお店が出ましたし・・・・・。
神奈川県の西の玄関口は、こらからどうなるのでしょう・・・・・?
d0007653_7383558.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-01-15 10:44 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 10日

  つるし雛

d0007653_87821.jpg

小田原カマボコの老舗・籠清さんの飾り付け。
女児の誕生を祝って、健やかに育って呉れと願う伊豆稲取の桃の節句の吊るし雛飾りがココの N e w Y e a r 飾りの習わしであるらしい。
ガキ時代からラーメンの中に入っているナルトを残して叱られておりましたのでね。
魚肉のすり身製品には今でもそっぽを向きますが、小田原駅前のコノ窓だけはだ~い好き。
「もう止めねば」と思いつつも撮っちゃいます。
ことしは例年になく華やかです。

    去年(⇩ ⇩)                             一昨年(⇩ ⇩)                                             
d0007653_8572836.jpgd0007653_858673.jpg


              おめでたついでの今朝の日の出、八丈島での初日の出は、三原山(東山)の裾野が邪魔をしました。
d0007653_9395081.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-01-10 09:32 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)