Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 31日

銀座を渡るエーゲのそよ風

連れ合いが満開の千鳥が淵の桜を撮ってきた。
「好きな季節は?」と問われれば、躊躇せずに「夏!」と答えるけれど、"春もいいかも"、と認めざるを得ない絵である。
そのいい季節に、"エーゲの風を銀座で感じることが出来る"、としたらどうでしょう。
ナニナニ、「April-foolには一日早い!」とイチャモンですか?
これ(↓↓)ですよ、これ(↓↓)。
前に"七つの顔を持つ男"だと紹介した久我耕一の写真展です。
d0007653_1183547.jpg
松屋の角を築地方面に曲がって、昭和通りにぶつかったら顔を左へ。
そこが個展会場の東和ギャラリー、八日までやってます。

More
[PR]

by molamola-manbow | 2006-03-31 02:08 | ヨット
2006年 03月 30日

うつりにけりな

d0007653_2351827.jpgd0007653_2353570.jpg
大好きなボケ(木瓜)が見ごろになってきた。
ほとんどの花が真っ白なのに、一枝にふたつとか三つ、薄い紅で着色したような花びらが雑ざる。
これがなんとも可愛い。
もともとは白一色だったのに、庭いじりの好きな長姉の接木によって、薄紅色の花が交ざるようになった。
ボケは玄関先にも植えられていて、やはり接木で二色の花を咲かせるようになったが、いつも可憐な花だけ手折られ、いまでは平凡なボケに返っている。

竹ボウキの先っぽの様に、全ての枝が真っ直ぐ天を目指して伸びてゆく右の木も、「場所を取らないから狭い庭には打って付け」だと、これまた長姉が持って来た。
名前もズバリ、ホウキモモ(箒桃)という。
やって来る客が、いつもソソクサと帰ってしまうのは、庭にホウキが植わっているせいなのだろうか?
あまり知られていない庭木だと思うから、満開になったら、もう一度写真をアップするつもりでいる。

d0007653_0331181.jpgd0007653_0363930.jpg
つい先日(十日ほど前かな)、見ごろを迎えていた二つの庭木のイマがこれ(↓↓)。
白モクレン(木蓮)の分厚い花びらは地上に落ちて変色し始め、サクラもどきのハナスモモ(花李)は"葉ハナスモモ"と化してしまった。
  はなのいろはうつりけりな ~~ とか、なんとか
小野小町さんの観察眼、鋭かったんですね~。

[PR]

by molamola-manbow | 2006-03-30 00:52 | カテゴリー外
2006年 03月 26日

  春の星座

d0007653_1728314.jpgレース終盤の上マーク回航では、激しい怒声が飛び交っているようです。
双方で、「マストアビーム!」、「水をくれー!」と叫び合ってますね~。

こちら、中継ヘリ、こちら中継ヘリ、聞こえますか~。

『新宿魚連杯争奪・金魚鉢レース』のグッド・ショット、これほどの競り合いは、数々の名勝負を刻み込んできたヨットレースでも、まれかも知れません。

トップを行くのは『Hinano』(左端)じゃないですか?

そうです、やっぱりHinanoです。
この調子だと、五月のKENNOSUKE CUPで、一躍優勝候補でしょう。
間違いないですね!!
Hinanoクルーの錬度の高さ、中継ヘリからでも、よ~く判ります。

d0007653_21443435.jpgヤヤヤ、もう一艇、大型艇に挟まれながら、健闘している船がいますよ~。
初出場の『月波』じゃないですか?!
やっぱりそうです、月波です!
初出場の抱負を聞かれて、スキッパーが謙遜していた船ですよ。
「船の名前は月波ですが、私の腕は月並みですから」などと!!
やりますね~!!!!

夢の中では、自由自在に物語を組み立てることができます。
『新宿魚連杯』の激戦を終えて、それぞれのホームポートへと、船を回航する時には、夜のとばりの支配する世界でした。
でも、春の星座を仰ぎ見つつの、ナイトセーリングも、オツなものです。
寒ささえ我慢出来れば!!の但し書きが付きますけど。
北の天空には、『こぐま座』、北極星を抱いた星座です。
目をほんの少し下に向けると、ヒシャクの形をした七斗北星。
星座の名前では『おおくま座』になります。
その更に下には、赤(アクトウルズ)、青(スピカ)、黄色(デネボラ)に輝く三つの星。
ほぼ正三角形をしてますから、見つけ易い星ですよ~。
これが『春の大三角形』です。
ここから水平に、東の空に目を移して行くと、まだ『冬の三角形』も見えるはずです。
  @@@@@@@@@
Hinanoのクルーに、ミネさんというベテランがいます。
終電車でHinanoの係留地までたどり着き、あまりにも星空が綺麗なので空ばっかり仰ぎ見ながら歩いているうちに、道に迷った逸話の持ち主です。
天体観測のワタシの先生ですから、面と向かっては申せませんが、キツネに化かされたんですよ。
待てど暮せど、やって来ませんでしたもの。
「駅に着いた」連絡はあったんですけど・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2006-03-26 22:16 | ヨット
2006年 03月 25日

Blog de Mail

d0007653_14431939.jpg
お~い小滝橋のご隠居さ~ん!
『蝦子撈伊麪(シャーズ ラオ イーミェン)』と聞いて、何か思い当たる節はございませんか~あ?
指折り数えますと、ふた昔も前の出来事で御座いますから、記憶から飛んでいるやもしれませんね~。
でも、それって人間が生きてゆくための知恵で御座いますから、心配いりません。
悪い記憶は次から次と捨ててゆく!
大丈夫で御座いますよ~、思い出せなかったら、思い出させて差し上げますから~。
小滝橋のご隠居さんなんぞは、それはもう、高村光太郎さながらで御座いましょう。
「僕の前に記憶はない 僕の後に捨てた記憶の山ができる・・・・・」。
ワタクシなんざあ、記憶力が良いものですから、よ~く覚えてます。
特に他人が滅入ったこととか、失敗したことなんざあ、昨日のことのようにね。

ここまできても、まだ首をおひねりですか?
しゃあない、仕方がありません。
bekino8さんのBLOG(ぶらり途中下車の旅②)に、ジャブ程度のことを書き込んでおきましたから、読んで下さい。
あの時は、大枚叩いて『蝦子』を買って来たんでしたよね~!!
あの高価な『蝦子』、どうしたんでしたっけ?
ご隠居のガックリした顔は鮮明に浮かんでくるんですけど、『蝦子』のその後は、どうやっても思い出せません。
[PR]

by molamola-manbow | 2006-03-25 14:59 | カテゴリー外
2006年 03月 24日

猿の腰掛

「ウチで採れたモノです」と言って、弟の嫁さんから椎茸を貰った。
弟夫婦は小田急線で多摩川を渡った多摩丘陵の高台に住んでいる。
周囲にはまだまだ雑木林が沢山あって、環境は私のところより数段良い。
そこのチッチャな庭で育てているらしい。
手渡された茶封筒の封を開け、机の上で逆さに振ると、ゴロンと一個、中から椎茸が転がり出た。
「ン ン ン ?」
弟の嫁さんいわく
「すこし、育ち過ぎちゃった」

More
[PR]

by molamola-manbow | 2006-03-24 12:56 | 犬・猫・蛙に動植物
2006年 03月 23日

いろは48文字        

     色は匂へと散りぬるを 我か世誰そ常ならむ 
        有為の奥山今日越えて 浅き夢見し酔ひもせす

一番ポピュラーな手習い歌(いろは歌↑)の英訳(↓)と言うモノに、初めて出会った。

     Though flowers and odors are scattered free,
     There's naught that here can constant be;
     To-day I crossed life's rugged steep,
     No dream I see, nor lull with wine my sense to sleep.


d0007653_932712.jpg花は香りとともに散り去ったが、この世には常に変わらないものは何もない。
今日、私は人生の険しい急坂を登りきった。
もう私は夢見ない、酒を飲んで安らかに眠ろうともしない。

面白くなかったら途中で放り出すつもりで読み始めた本(日本研究の古典などとありましたので)に、出ていたんですね~。
投げ出すどころか、久しぶりに一気読みをしてしまいました。
著者は1893年(明治26年)から14年間、日本に滞在したアメリカ人宣教師。
本の中身は、日本中に敷設され始めた鉄道を用い、あちこち旅した見聞録ですが、びっくりするほどの親日家です。
薩摩藩士が英国の若者・リチャードソンをたたき切った生麦事件を、「大名行列を無礼にも騎馬で横切った」
と記述しているほどなのです。
表紙に写る手前のお嬢さんにも、和服の晴れ着を着せてますね~。
調べてみると著者が帰国した年(1906年)に全国の民営鉄道は国営化されるのですが、その総延長距離は4,800kmに達していたようです。
♪ 汽笛一声新橋を~
と歌ったのが1872年(明治5年)。
以後の30年で4,800kmですから、明治は凄い!!
その近代化への道を一気呵成に突き進みはじめた頃の日本を、生き生きと活写している"幻の名著"(腰巻の宣伝文句)でした。
柿本人麻呂作と言われている『いろは歌』より、こちらの方が判りやすい。
なんたって、『ん』の字まで詠み込んでいます。
昔々、文芸春秋社が公募した、『昭和の手習い歌』だと聞いています。

     乙女花摘む野辺見えて 我待ちゐたる夕風よ
        鶯来けん大空に 音色も優し声ありぬ
[PR]

by molamola-manbow | 2006-03-23 01:35 | 読書
2006年 03月 21日

貰って頂きます  多謝!!

d0007653_11402432.jpg
①小滝橋さん  最初は泣き言、ついで脅迫と、二度に渡って不正抽選を示唆して参った知り合いで御座います。
「悪は滅びる」なんて、ウソですね~。悪の親玉、アタっちゃましたもの!

shake さん  連れ合いのポジャギ仲間、と言うより、先輩です。
私と同じ九州の産と聞き及んでおります。
近々、作品を持ち寄るグループ展が御座います。

anneさん  杜の都・仙台で自然に優しいスローライフを楽しんでおられます。
山葡萄などのツル物で編む籠の製作など。ワタクシ、携帯入れを貰っちゃいました。
詳しくは href="http://blog.goo.ne.jp/anne_s_1208" target="_blank">『ギャラクシー日記を!

karumian さん  連れ合いの布仲間。
ハンドルネームは大好きな花の名前だそうですが、無粋なワタクシにはどんな花か、見当もつきません。
絞り染めと食のお話はこちら染め色・いろいろ

⑤つうせさん、Mr・よーこさん  こちらのmanbow はハズレ馬券です。
①の小滝橋さんだけは阻止したかったんですが・・・・・。
世の中に、正義なんかない!!善が勝つのは漫画と映画の世界だけだ~ッ!!

⑥コーちゃん  長期喫煙中の短期禁煙愛好家。無競争だから、仕方がないかあ~。
来月2日から、銀座・東和ギャラリーで個展を開く風景写真家です。
皆さ~ん、鑑賞に行きましょう!そして、ライターは取り上げちゃいましょう!!


以上でmanbow-blog 開設記念トトカルチョは終了、休日明けに発送しま~す。
[PR]

by molamola-manbow | 2006-03-21 12:34 | ホビー
2006年 03月 20日

凹んだ時の起爆剤

久しぶりに覗いて見ましたが、
やっぱり笑っちゃいました。
気分が滅入ったり、
落ち込んでしまった時、
思い出してクリックしてみると気持ちを切り替えることができるかも知れません。
いえいえ、
下に掲げた"サクラもどき"の写真のことでは御座いません。
"もどき"については、
このところ連日でしたから、もう、辟易でしょう。
d0007653_12213328.jpg
            へこんだ時の特効薬、それはこちら
        ダメ、駄目! 駄目ですよ、 そこの貴女に貴方!
        あなた方は滅入ってもいないし、落ち込んでもいないじゃないですか!
        ここをクリックできるのは、そのような人たちだけです。        
       昨夜ボーイフレンドとやりあったそこの貴女、
       貴女にはクリックの資格がありますよ~。

More
[PR]

by molamola-manbow | 2006-03-20 12:46 | 犬・猫・蛙に動植物
2006年 03月 19日

無粋ですから・・・・

d0007653_12132898.jpg
                             再び春の雨がきて、ハナスモモ(花李)と白モクレン(木蓮)、咲いちゃいました。
                               右端に写っているお向かいのサクラの木(ソメイヨシノ)とは対照的ですね。
               こちらもとっても綺麗な花を咲かせますが、去年、大胆に枝を切り落としてしまいましたので、ことしの花は淋しいかもしれません。

                                             うーん、一句浮かんだぞ。
                                          春の雨 ひねもす しとりしとりかな
                                                 ・・・・・・・ン?

                                           只今、午前10時過ぎ(写真上)。
                            "ひねもす しとりしとり"どころか、時間にして一時間ほどで、日が照ってきちゃいました。
                                           花は一気に満開かもしれませぬ。
[PR]

by molamola-manbow | 2006-03-19 08:56 | カテゴリー外
2006年 03月 17日

春爛漫には いましばし

d0007653_1454916.jpg














d0007653_144093.jpg







昨夜の春雨で一気にきました。
写真(↑)ではふたつほどしか見えませんけど、そこここ、あちらとひらいてます。
白モクレン、これからしばらく楽しめます。
ただ、欠点もある花ですね。
花弁が厚い分、地面に落ちて変色し始めると、大層きたなく見えます。
後始末のことを考えると、庭木には向かない花かも、などと考えるのは可哀想かな~。
道行く人の十人が十人、
「ワ~ツ、もうサクラが咲いてる」
などと勘違いして見上げるのが花李(→ハナスモモ)。
寒に咲く河津ザクラなどもあるし、サクラとそっくりの花を付けるのだから間違えても不思議はありませんが、花だけを楽しむ庭木です。
スモモもモモもモモのうちのスモモの仲間のハナスモモ、実はなりません。
花がサクラよりかなり小さく、極めて薄い桃色ですから、見慣れたソメイヨシノや、モモの花より可憐です。
来週の週半ばあたりが満開でしょうか。
この木には藁で編んだ小鳥の巣箱 を掛けてあります。
三年ほど前、縞模様が小粋なコゲラが通ってきて、背伸びをすれば手が届くような低い梅ノ木に穴を穿ったことがありました。
巣は完成しましたが、アホなコゲラの危険極まりない巣に入るほどの、間抜けなメスが居なくて巣はそのまま。
巣箱を掛けたのは、このことがきっかけのひとつでした。
オ~イ、アホの作った巣よりも、安全ですよ~ッ!
[PR]

by molamola-manbow | 2006-03-17 15:01 | 犬・猫・蛙に動植物