Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 31日

KENNOSUKE CUP 2009 

大した規模ではないけれど、太平洋の北と南に双子の低気圧が出来ていて、レース前日までの海上は時化た。
お蔭でレース海面までの回航を見合わせた艇も出たけれど・・・・・。
一夜明けた三十日の『KENNOSUKE CUP』(城ヶ島沖)は、スタート時刻(午前九時過ぎ)には雲も切れて青空が覗き、いい風だけが残って各艇ぶっ飛んだ(らしい)
裏方組の『Hinano』クルー、ゴール後が仕事だから「皆が集まったら腹ごしらえして備えようか」と、のんびり構えていたところ、「ゴールまでおよそ二十分」と通告してきた艇が出た。
コノ方々(↓↓)『第一花丸』と『LeaticiaⅢ』の二艇。
お蔭でマグロの旨い三崎港まで来て、昼飯食い損なったがな、もし
d0007653_8145355.jpg
ファーストフォーム、そして優勝の『第一花丸』クルーの中に、なぜか一人赤い半被の『HINANO』のメンバーが・・・・・。
「オイラが居たからダ~ントツのゴール、て~ことをスキッパーに強烈アピールしておくんだぞ」と耳打ちしといたのに、アフターレース・ファンクションでは何故かでかいからだを小さくしておりました。
恐れなしたんですかね~、アチラの方々の腕前に・・・・・。
「レースを真面目に戦って気持ちよ~くしてゴールして、KENNOSUKE CUPはそれからが勝負だゾ、飲め~!!」(林賢之輔先生の発破)のファンクションを待つまでも無い。
三崎港のゲストバースにモヤウやいなや・・・・・。

  左から湯川艇・『美如佳』、緒方艇・『グレートサークル』、能崎艇・『翔鴎』などなど、もうやってます。
d0007653_854324.jpgd0007653_857689.jpgd0007653_858353.jpg
クリスタルガラスの優勝杯(右端)に混ざって、林賢之先生『HINANO』杯を設けてくださいました。
スキッパー久我耕一が折に触れて吹いていた法螺貝が賞品。
獲得したのはエ~ト、第二位の・・・・・。
なにせ酔っ払っちゃって。
公式サイトにいずれ成績その他が掲載されるハズです。
d0007653_9205146.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2009-05-31 12:03 | ヨット | Trackback(1) | Comments(6)
2009年 05月 30日

木製デインギー

d0007653_16152938.jpg
江の島でお茶をするなら炒り立てのコーヒーが二百円
都心から一時間ほどで行ける手軽な観光地だから、参道はウイークデーでも原宿の竹下通りと勝負できるほどごった返すけど、ここだけはガラ~ンとしていて、テラスに座れば風も通って別天地なのです。
ヨットハーバーのレストラン、東京五輪からほぼ半世紀が経って、建物はボロボロだけど。
で、デインギー溜まりを抜けて向かっていると、建物の蔭で小雨をさえぎりながらニス塗りに打ち込んでいるグループの一人からニコニコッと笑顔を向けられた。
笑顔の御仁とは過去に一度、同じ作業をしている時に出会って、二言三言言葉を交わしたことがある。
しょっちゅう江の島通いをしている訳でもないのに、この出会いの頻度は凄いことです。
言い換えれば、眼の中に入れても痛くない可愛がり方をして乗っておいでってこと。
「美しいですね~、今回は何度目です?」
「三度目かな、四度かな、あと二回は塗り重ねたいですな~」
真鍮の金具は黄金色に、白いところは真っ白に
形式古いから木製部には日焼けの変色もあるのだけど、そこも貫禄と感じる感じるほどピッカピカだ。

お茶をすすりつつ思ったのは別のこと。
この日は女性のお仲間もニス塗っておいでだったけど、車にしろ、骨董にしろ、ピッケルにしろ、釣竿にしろ。
ホビーに女性はこれほどまでは入れ込まない。
何故でしょう?
[PR]

by molamola-manbow | 2009-05-30 06:34 | ヨット | Trackback | Comments(0)
2009年 05月 29日

日本百低山、いえいえ里山

中学一年の夏休みに白馬岳に登って大層苦しい思いをしたので、「二度と山なんぞには登らないぞ」と決意して、今日まで無縁で過してきた。
新宿発の夜汽車に乗り込んだ時からトイレに行きたかったのに、通路も座席の下もヒトひと人
とてもじゃないけど行き着けそうに無い状況だったので我慢した。
コイツが悪くって、頂上の山小屋に着くまで冷や汗流して苦しんだ。
「ちょっと失礼、雉撃ってくる」な~んてことが言えない年頃、クラスメートの女性もいたし・・・・・。
そんなオイラに、深田久弥の随筆『日本百名山』をもじった『日本百低山』(小林泰彦著、文芸春秋)が送られてきた。

d0007653_10134596.jpg河出書房新社から出ている"名山三部作"、『名山の日本史』、『名山の文化史』、『名山の民俗史』(これは近日発売かな?)の著者・ 高橋千劔破(ちはる)さんと雑談する機会があって、疑問をぶっつけたのがきっかけ。
ヨットの上からのんびりと、陸地を眺める機会が続いていたことを話して「名山はともかく、里山に毛の生えた程度の低山、麓から頂上までビッシリと常緑樹で覆われていて道は無い。猪や鹿でさえ分け入るのを敬遠するような山でも、未踏の頂上は存在しないんでしょうか?」と。
山国日本は今でも平地は三割ほど。
昔はもっともっと山地が民家に迫っていたに違いないから、小高い山だとしても取り付くまでだって大変なハズなのです。
しばらく腕組んで考えて答えてくれた。
「証拠が存在してる訳じゃないけど、山と名のあるモノに未踏は無いと考えて方はいいでしょう」
オジイさんは山に柴刈りに、オバアさんは・・・・・のお伽噺通りに、昔はトコトン山を利用して、そこから糧を得ていたこと。
高い低いに関係なく神様が宿ると考えて山を敬い畏れて生活していたから、神を鎮めるために石ころ程度だとしても何かを置いていたこと・・・・・。
山に対する信仰が薄れ、ゼロになったのは明治の神仏棄釈から。
国土測量のために明治政府が剣岳に調査隊を出したのは一九〇七年。
この時頂上で発見した銅の錫杖(しゃくじょう)と鉄剣、鑑定の結果は「平安前期にまで溯ることができた」といいます。
ウ~ン、頂いた『百低山』より、ページを捲ったことのない『三部作』の方を読みたい。

『日本百低山』に掲載されている山々、「登るまい」と決めてても北海道の▼裳岩山▼函館山、東京の▼高尾山、神奈川の▼金時山▼明神ヶ岳と、五つには登ってる。
高尾山は決意前の経験だけど。
[PR]

by molamola-manbow | 2009-05-29 10:21 | カテゴリー外 | Trackback | Comments(0)
2009年 05月 28日

酒席の話題

d0007653_847825.jpg
酒席の話題なんて、すべてたわいの無いものだし、ポンポン入れ替わるし、三人のうちの一人はほとんど他人の話を聴いていなくて、パチンコの話題にだけ身を乗り出す男・・・・・。
中でひとつ、オヤオヤと思ったのは新型インフルエンザの東京第一号、「あれ、ウチの生徒、それで今日まで一週間休校」て~のがありました。
d0007653_10153729.jpg話題の事件とか、ヒトとか、流行とかにはまったく縁がなくて、間近に接したり出合ったこと一度も無いオイラと違って、この音楽教える先生、澁谷・松涛のエステシャン・ビル爆発事件、あの時も近くを歩いていて「危なかった」経験をしている。
「オメ~さん、三億円宝くじ買ったかい?、きっと当るぞ」な~んて。
学校にはジャンジャン電話が掛ってきて、「迷惑考えろ」と。
罹った子を寄ってたかって苛めたり、理不尽な文句を付けたり。
「こちらで頼んで罹ったわけじゃね~」と、啖呵切りたいですね~。
嫌な国だな~、国民だな~と思っていたら、他でもやってました。
患者容疑の乗客が町に入るのを阻止しようと、住民がバスを取り囲んだアルゼンチン。
あんなの、鎖国してたって入ってくる。
秋口あたりからが勝負だろうから、「大流行する前に罹って、サッサと免疫つけちゃった方が利口だ」と考えることもできる。
ボトル一本、といっても焼酎だけど、三人で丁度いい量になる。
この不景気な時期に、お客さんひっきりなしのお店『けんどんや』(成城)には、これからもお世話になりそう。
韓国の家庭料理中心のお店です。
[PR]

by molamola-manbow | 2009-05-28 10:24 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
2009年 05月 27日

週末はKENNOSUKE CUP

三十日(土曜日)の三浦半島・三崎港ゲストバースは、クルージング・ヨットの『KENNOSUKE CUP』出場艇で大賑わいでしょう。
HINANO』クルーも審判艇に乗るとか、レース後の誘導係留を手伝うとか、パーティーの裏方に回るとか、そんな形で参加する。
クルーに去来するものは、改めて「チクショウ」でしょう。
中学時代に楕円球の魅力に取り付かれて、そのまま"体育会系ラブビー学科"を卒業することになって、オイラも勝負にはそれなりに燃えるように作り変えられちまってる。
遣り残しもひとつあるし・・・・・。
国内外のクルージングレースを荒らし回っている『第一花丸』をやっつける
HINANO』と同じ林賢之輔さん設計の姉妹艇を従えて、一度でいいから写真(↓↓)のようなゴールをしたかったのです。
d0007653_6231342.jpg
このショットは『HINANO』のオーナースキッパー久我耕一の散骨式に、わざわざ東京湾を渡って駆け、付き従ってくれた際の後方、『第一花丸』です。
例えこの程度の差のゴールでは、艇の長さ、帆の大きさが違うから『花丸』の上を行く順位は獲得できないのだけど、オイラの様なトウシロウには、"花丸より先にゴールすること"が順位より大切な勝負なのです。

KENNOSUKE CUP』の公式サイトを開いて動画の『KENNOSUKE CUP PV#2』をクリックすると、『第一花丸』vsHINANO』のデッドヒート(かな?)を観ることができる。
下田開港百五十周年を記念し、下田湾口をスタートゴールとして、神子元島ー豊根を回る三角コースで行われた二〇〇四年のレースです。
先行する『第一花丸』を追尾し、追い抜き、引き離してカッ飛ぶ『HINANO』が撮られているから、是非大画面に広げてご覧下さい。

以下は内緒のお話し。
豊根を回って、最後の上りに入って始まったタック合戦。
『第一花丸』はいつの間にかすぐ後に来ていて、オイラ達は追い抜かれ、引き離され、遥か前方を走られることになった。
「ゴールで待ってるよ~」とかなんとか、そんな大声だして抜いてったんだ。
腕の差をまざまざと見せ付けられて、悔しい悔しい声は耳朶(じだ)に残っていて、ア~ア、チクショウ
『第一花丸』の常勝クルーの面々には、「そんなことあったっけ?」ぐらいの思い出でしょう。
そいつを考えると、なお悔しい
抜き返されるところは写ってないから、とっても楽しいフイルムなのだけど・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2009-05-27 09:40 | ヨット | Trackback | Comments(2)
2009年 05月 26日

  Hinano空を飛ぶ

三浦半島から握りこぶしのような形で東京湾に突き出した観音崎を、南側の浦賀からグルリと回って横須賀新港の『ステップマリン』まで、二十キロ弱の回航クルーズを終えるとHinanoは宙を飛んだ。
d0007653_8595945.jpg
                          海から引き抜かれ
d0007653_903158.jpg
                           持ち上げられて
d0007653_905269.jpg
                       十一トンの巨体は青空に浮かぶ
d0007653_9274028.jpg
再会に要した「元気だったかい?」までの時間はおよそ二ヶ月。
この間にスクリューには小さなフジツボが住み着き、喫水下には海藻の子供も・・・・・。
化粧をもう一度し直して、しばらくはここがHinanoのお住まい。
[PR]

by molamola-manbow | 2009-05-26 09:49 | ヨット | Trackback | Comments(8)
2009年 05月 25日

ロケ弁

真昼間、お客さん十数人が集まって卓上仕事をしなければならなくなったので、「しょうがね~、お昼は腕を振るって薩摩の酒寿司でも作ろうか」と決意したのに、台所方の女性陣に拒否された。
「あんなもの、結構好き嫌いがあるのよ」
なんと、後片付けの面倒臭さを含めて、"あんなもの"扱いだ。
で、候補は握り寿司を取る事に傾いたのに、「誰かがロケ弁はいかが?、その方が容器ごとポイできるからカ~ンタン」と更に変更になって、ネットで選んで以下のようなお弁当となった。
「ふ~ん、これがロケ弁かあ」
「あのね、ロケのとき食べるお弁当は何でもロケ弁なの。別に決まりがある訳じゃないのよ」
「じゃあ、何故ネットでロケ弁と名乗っとんじゃあ」と、『ロケ弁』の正当性を主張して頂いたコイツのお値段二千百円也。
時折り食べる街中のお弁当屋さんのとんかつ定食は、出来立てだから暖かくて確か六百円。
オイラの軍配はとんかつに挙がります。
あれやこれや詰め込み過ぎで、皆さんお年寄りばかりだから量も多過ぎ。
台所方の女性陣は、「今夜のオカズにしましょ」」と半分をお持ち帰りです。
仕出し屋さんの名前、止めときましょう。
d0007653_20594141.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2009-05-25 05:35 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(4)
2009年 05月 24日

羽の無いニワトリ『ウイングレス』

d0007653_162174.jpg報告例は数例(最初は一九五一年のイギリス)に過ぎないけど、ニワトリの世界ではごくまれに羽の無い個体が生まれるらしい。
養鶏を営む人たちにとっては忌むべき奇形である。
幸いなことに奇形はたった一代で終わって、また正常な個体にもどるので彼らは報告をしないし、むしろ奇形が生まれたことを隠そうとする。
学会ではその様に予想して、「羽なし個体の生まれている確率、報告例よりも多いに違いない」と読んでいる。
話を聞いても、「フ~ン」ぐらいの感想しか持たない。
飛ぶことが大層へたくそな鳥だし、飛ぶことを必要とする生活もしていないので、「次に羽を失くす鳥の候補なら、一番手はニワトリだろう」ぐらいの考えは頭に浮かぶ。
猛獣王国アフリカのダチョウはともかく、ニュージーランドの巨鳥・モア、モーリシャス辺りに居たドードー、南極のペンギン等々は、肉食獣の居ない土地で育ったから飛んで逃げる必要がなくなって羽が退化して行ったんだと。
進化論にはそんなことが書かれているから、ニワトリの将来は自ずと見える。
d0007653_1622983.jpg知らなかったのは文部科学省の外郭団体『進化生物学研究所』の名前と、そこでやっているお仕事。
羽の無いニワトリを、英語のWingressをカタカナ表記して『ウイングレス』と名付け、ほぼ半世紀に渡って系統飼育してるのだそうだ。
自然に先立って人工的に羽なしのニワトリを造りだそうとしている訳だ。
「ダメよう~、そんなことしては~」と、手羽先好きの連れ合いは骨の間のコラーゲンを食えなくなることを危惧する。
ま、それもあるだろう的反対意見はともかく、新種のニワトリ造りには、どのような利点が考えられるのだろう?
翼を作り出すエネルギーを必要としなくなる分、ヒナの成長は早まって、従来のニワトリよりも成鶏になるスピードが早いのだという。

三十日午後一時過ぎから、東京農大の『食と農の博物館』では、こんな内容の講演が聴けるらしい。
講師は進化生物学研究所の白石幸司主任研究員。
羽の無い奇形同士が自然界でツガイになる確率を、人工的に高めて半世紀、どの程度まで進んでいるのか、ちょっと興味を惹かれる講演なのだが、生憎この日は用事で行けない。
▼七月二十五日『鶏の原種と野鶏の家畜化』▼八月二十九日『新しい家禽としてのダチョウ』と、関連講演は続き、こちらを聴くしかない。

ニュージーランドの巨鳥・モア(↑↑)の骨格標本。
[PR]

by molamola-manbow | 2009-05-24 10:02 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(2)
2009年 05月 23日

生カラスミ

d0007653_672321.jpg
「オヤオヤ、珍しい」と注文して、出てきたモノを見てちょっとガックリ、そして、「ま、仕方がないかあ~」
ボラの卵巣の酒漬け『生カラスミ』です。
短冊切りのキュウリの小片三つに、小匙で掬って塗りたくり、パクッと口に放り込めばもうお仕舞いだから、何とも物足りない。
お猪口のヘリに残ったこびり付きまで綺麗に拭って「ウ~ン、不満」。
塩味押さえた上品さも、量の少なさを強調することにつながったけど、珍味の中のそのまた珍味だ。
d0007653_7313185.jpgそいつを五、六百円で食わそうとするなら、こんな量になるのでしょう。

コチラ(↓↓)、プチトマトの添え物のミドリは『バラフ』なる新野菜。
多肉植物の様に肉厚で、表面には産毛が生えている様にも見え、かつまた別名の『塩菜』が示す通りに塩に負けて縮んだみたいでもあるんだけれど、サクッとした食感がたまらなくいい。
サラダの添え物に絶好の野菜だな~と、コチラは痛く気に入った一品。
『焼き味噌』を柳川鍋の器を用いた供するアイデア、冷え難くてグーですね~。
久しぶりに訪れた豪徳寺の蕎麦屋『あめこや』のメニューから。
d0007653_743247.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2009-05-23 07:47 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(2)
2009年 05月 22日

これも創造主の悪戯?

d0007653_6243361.jpg
「犬っコロでならこの毛並み、見たことあるような、ないような・・・・・」などと、ファインダー覗いて大型の犬種『アイリッシュウルフハウンド』のことなど考えていると、サ~ツと一陣の風が吹き抜けた。
d0007653_748393.jpg左右に風が分かった毛並みの蔭からは、それはもう、ハッとするような真っ白な内毛が覗く。

「フ~ン、オメ~さんの正体、白猫かい」
「そうなんでござんすよ、ダンナ、コイツは世間欺く仮の姿でして、アッシの正体、何を隠そう・・・・・」
「皆まで言わぬとも拙者には判るゾ。オメ~さんも神様がそこらのハギレ掻き集めておつくりになった片割れで御座ろう
よ~く見るとハギレ猫』(→→)の色のひとつはコイツと同じ。

江ノ島の橋渡って左手のウッドデッキに陣取るオジサン釣り師に可愛がられて二匹のニャン公、穏やかな野良してる。
d0007653_635533.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2009-05-22 08:31 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)