Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 28日

  ③太平洋の海の民

d0007653_10485875.jpg太平洋の西の端から行動を起こして、小さな島々を伝いながら突き当たりの新大陸にまで足跡を残した。
東にばかり進出して行ったんじゃない。
今のパプアニューギニアから西に向かった一派もあって、インド洋を渡ってマダガスカル島に到達し、アフリカ大陸東岸にも足跡を残した。
行ったっ切りではなかった。
新大陸生まれの植物、サツマイモとかトウモロコシを持ち帰って今度は島伝いに西へと広めたのだから、ポリネシアの島々に散ったラビタ人の航海術は凄い。
縄文時代の後期にコイツをやったんだ。

ポリネシアンが鉄を知るのはマゼラン(名前マガリャエンシュと言うんだそうです)が太平洋に入ってくる一五一九年以降だから、石器で樹木を穿ち、カヌーを作って大海に挑んだ訳です。
帆柱の天辺の方に行くにしたがって広く開くので、蟹のハサミみたいに見える、クラブクロウと呼ばれるセイル、どんな性能なのでしょう?
d0007653_1053190.jpg
東へと太平洋を拡散して行く過程で習得した航海術は、『 W o f a n u 』と呼ばれる歌でもって伝承されたといいます。
ウクレレでボロロ~ンのような歌ではなくて、お経とか祝詞(のりと)のような節。
星、星座、月や太陽の角度をうたい、波の方向、飛来する海鳥の種類、飛び去る方向を示し、そこから目的の島を割り出す内容の歌。
海図は貝殻を括りつけて島の位置を示し、椰子の葉っぱの節を交差させて波の方向や角度を表したコイツ( ➡ ➡ )。

この『 W o f a n u 』は、太平洋に散らばる島の数だけ有ったといい、総称して『 W a y f a i n d i n g 』。
ミクロネシア・サタワル島に伝わる伝統航海術は、マウ・ピアイルクに師事して習得したハワイのナイノア・トンプソン(ポリネシア航海協会会長)が、近代天文学を加えて『モダン・ハワイアン・スターナビゲイション』と名付けて現代に甦らせた。
トンプソンは復元した古代ポリネシアン・カヌー『 H o k u l e ' a 』で太平洋に乗り出し、一九七六年のハワイータヒチ往復以降、太平洋全域を走破して一昨年はハワイー日本往復も成功させた。
H o k u l e ' a 』の走破距離は地球四周分、十八万五千キロにもおよぶらしい。

G P S や六分儀や、緯度・経度計算には欠かせない時計すらも排除して、紀元前の航法、ラピタの昔のクルーズを続けているわけです。
ラピタの昔、数多くの還らぬ人が出た様に、シンプソンも親友を失う『 H o k u l e ' a 』遭難も経験していますが・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2010-02-28 11:02 | ヨット
2010年 02月 27日

②ラピタ人の海のハイウェイ

高校時代、授業中に隣りの机から声が掛かった。
前に座るクラスメートの女の子がこちらに汚(けが)らわしそうな一瞥向けたから、「なぜ小声で言わね~んだ
机の引き出しからチラチラとカバーなど掛ってる本を見せながらのひとことは、
「オイ、エロマンガ、見るか?」
ナンの授業だったのだろう?
退屈だったから、勿論、首を縦に「ウンウン」。
引っ掛かりましたね~。
カバーの中味は地図本です。
わざわざ付箋を貼って、赤丸で囲んでありました。
d0007653_17263359.jpg
d0007653_10445423.jpg海は現代より百二十メートルも後退していてスマトラ、ジャワ島はアジア大陸と陸続き。
豪州もニューギニアとつながっていて、前者にはスンダ陸棚、後者にはサフレ大陸の名がつけられた時代です。
マレーシア辺りからサフレ大陸に入ってきたモンゴリアンの一派は、サフレ大陸の東岸、ないしは浅海をへだてたニューブリテン島のワトム、ニューカレドニアのラピタなどで文化を築いたようです。
太平洋に乗り出して行き、ポリネシアン、ミクロネシアンの祖となった、海洋民族・ラピタ人誕生の地です。
ワトム出土の土器年齢は三千五百年、ラピタ出土は二千八百年、ともに縄文土器との類似がある。

アオテアロア北島・オークランドで建造されたクルージング・ヨット『Hinano』は、一九九六年三月、オークランドからニューカレドニア、バァヌアツ、ソロモン、グアム、小笠原を経て東京湾に浮かびました。
黒潮に乗っかる海のハイウェイ、三千年前のラピタ人もキット使ってる
日本列島にやってきてる

     舷側を紐で縫って嵩上げし、節の部分は丸く残したオークランド博物館の古代カヌー(➡ ➡)
[PR]

by molamola-manbow | 2010-02-27 10:55 | ヨット
2010年 02月 26日

  ①縄文文化を新大陸に伝えた古代人

                      昨年来日したハワイの航海カヌー・HOKULE'A
d0007653_20181743.jpg
太平洋に突き出した南アメリカ大陸の肩の部分、エクアドル南海岸のバルディビア遺跡から、文様や形が後期縄文時代の日本土器と良く似た土器片(放射性炭素測定年齢三千年~)が出土するのだという。
周囲の遺跡からは何処からも見つかっていない形と文様を持つ土器片です。
土器発達の前史とか過程に当る幼稚な土器は出土せずに、いきなり縄文後期の洗練された土器ばかりが出てくる。
d0007653_7454526.jpg発見した同国のアマチュア考古学者エミリオ・エストラーダは、すぐに米国・スミソニアン博物館の少壮学者クリフォード・エバンス(後年館長を勤めた。故人)に連絡した。
若い二人、三十代のエバンスとエストラーダは太平洋のあっちとこっちを飛び回ることになります。
そして、二人の研究はスミソニアン博物館から、連名による学術報告として一九六五年に世界に向けて発信された。
太平洋を渡り、エクアドルに伝わった縄文文化の道を説く『エクアドル沿岸部の早期形成時代』~バルディビアとチャマル期の文化~です。
「アホなこと言い出すんじゃね~
学会も、ジャーナリズムも完全無視の学説だったと言います。
新大陸が発見されるのは十五世紀のコロンブス、バイキングによるカナダ北部遠征へと溯っても六世紀の出来事。
新大陸に古代人が渡るのは、陸続きのベーリング海峡越えの陸路、というのが学会の定説です。
「古代人に海が越えられるかよう」と笑われて終わりの奇想天外説だったことになる。

新説発表からしばし、思いがけぬところから海を越えて新大陸に渡った『日本の縄文文化』は援軍を得ます。
南米北中部のミイラから見つかったお腹の中の糞の化石、そこから見つかる回虫は、アジア、特に日本で数多く見つかる寒さに弱い種類であり、ベーリング海峡越えでは死滅すること。
日本列島の太平洋岸、沖縄から和歌山にかけての住民と、南米北中部の原住民の持っているウイルスが一致すること。
陸伝いだけが新大陸に入った人類の移動ルートじゃなくて、「別ルートもあったようだ」と、発表からおよそ半世紀、いまスポットが当てられ始めている。

ポリネシアンが太平洋にカヌーを乗り出したのは紀元前三千年辺り。
「ウム~」と、腕組んじゃいます。
d0007653_727239.jpg太平洋を東から西に向かって流れる赤道海流に逆らって拡散して行くより、北に向かう黒潮に乗った方が楽だから、彼らの一派、キット日本にも来てるな~と想像しちゃうのです。
日本列島に定住せずに、また黒潮に船だせば、偏西風に帆はふくらんで、船は北アメリカ沿岸へと運ばれて行く。
しかも沿岸には南向いて流れるカリフォルニア寒流があるから、南アメリカ大陸へも渡れます。
ポリネシアンは赤道流に逆らってイースター島、そして南米まで行けた民族です。
古代のポリネシアンは日本経由でも拡散して、十七世紀にスペイン・ガレオン船がフィリピン~アカプルコ(メキシコ)間に定期船を走らせた大圏航路と同じルートを使っていたに違いない。
太平洋はロマンの宝庫に見える。

中国の歴史書・三国志の一部、紀元前三世紀に書かれた『魏志倭人伝』の一節にも女王・卑弥呼の国を説明したあと、「船行一年にして到達」する『裸国黒歯国(らこく・こくしこく)』の記述がある。
エクアドルには歯を黒く染める民族の一団が居たんだそうです。
黒歯国がバルディビア土器のエクアドルではなかったとしても、船行一年の地に行ったきりではなくまた帰ってきて、異国の文化を日本列島に伝えた人が居ないと、この記述は書けません。
d0007653_7491047.jpg
 ▼一九六二年 堀江 謙一 三カ月と一日(西宮~ロス)
 ▼一九六九年 午島 龍介 二ヶ月と二十日(博多~サンフラ
              ンシスコ)
 ▼一九八七年 鹿島 郁夫 三ヶ月と十日(ロス~横浜)

古代人はどんな船を使ったのでしょう。
ハワイアンカヌーHokule'a みたいな双胴カヌーの舟までは発展しなかったとしても、古代の日本には巨大な樹木がワンサと生えていたハズです。
日本近海の何処かに、アウトリガーを付けた巨大な丸木船の化石、眠っていませんかね~。 
[PR]

by molamola-manbow | 2010-02-26 09:14 | ヨット
2010年 02月 25日

喜望峰を回った

d0007653_10462387.jpg
確かblog登場三回目、こうなったら、もう友達みたいなもの、ちゃん付けで呼んじゃおうと、ジェシカ・ワトソン(Jassica Watson)ちゃん。
小さなヨットで単独無帰世界一周に出た十六歳のAussie娘が大航海時代に先人達の苦心した喜望峰を征服し、その先百五十キロほどにあるアフリカ大陸最南端の岬・アガラス(南緯34,50,00、東経20,00,09)も二十四日に回りました。
大西洋を抜け、インド洋に入ったことになります。
d0007653_1032115.jpgたったひとりでこんなところまで来たことを「非常に刺激的で怖い」と感傷にふけっておりますが、そこはそれ、大らかなオーストラリアンの現代少女です。
チョコレートで祝って、「次はCape Leeuwin !」と、初めてオーストラリアの具体的な地名を口に出しました。
調べて見ると、ルーウィンはバース市の南二百五十キロほどに突き出したオーストラリア最西南の岬です。

南アメリカ南端(ドレイク海峡)を回る前後は、四階建てのビルの高さに匹敵する巨大なウネリを伴う嵐に泣きましたが、インド洋では「完全な青空、暖かい風、穏やかな海、癒されるアホウドリの群れ」に囲まれている。
アフリカ大陸最南端・アガラス岬を回った夜も、「満天星と巨大なオレンジ色の半月」の祝福。
風の力を利用した自動操縦器・ウインドベンも快調に働いていて、破けたメインスルを新品に取り替える作業も終えた。

シングルハンドの無帰港世界一周に、"最年少"を刻み込む旅の成功、ジェシカちゃんは確信しました。
ゴールのシドニーへ、まだまだ先は長いクルーズを「Only4,200マイル」。
詳しくはこちら
[PR]

by molamola-manbow | 2010-02-25 09:24 | ヨット
2010年 02月 24日

真夏に柿が食えるかも・・・・・

「もう少し値段が下がってからにしよう」などと購入を手控えていると、ある日ある時、店頭からサ~ッと姿を消して慌てたこと一回や二回じゃありません。
いまだに厳格な旬があって、その期間も極めて短いラッキョウ。
そのラッキョウほどじゃないけれど、秋を代表する味覚の柿もまた、食べられる期間は限られている。
ドライフルーツの王様だと思っている干し柿だって、間もなく店頭から姿を消すでしょう。
d0007653_7235275.jpg
知りませんでしたね~。
間もなく弥生三月だというこの時期に、秋にしか喰らえないモノと考えていた生柿に、ガブリとかぶりつくことが出来るなんて

柿の実は"鯖の生き腐り"のような果物だ。
もぎ取ると同時にドンドン熟成が進み、一週間ほどでもう、スプーンでしか食べられないほど柔らかくなってしまう。
完熟のその後がどうなるかは知らないけれど、旬は極めて短い。

「もう少し賞味期間を延ばせないだろうか・・・・・」
試行錯誤はイロイロあったようですが、方法は意外に簡単だったようです。
収穫と同時にポリエチレン袋に一個一個を密封し、室温零度~一度の冷蔵庫にぶち込んで外気に触れさせないようにして、同時に柿の呼吸にも制限を加える。
スポーツカー並の熟成速度は、これで「四ヶ月は大丈夫」なまでにゆっくり進むようになったんだといいます。
冷蔵モノのイメージ、一ランク下に見ちゃいがちだけど、旬と少しも変わらなく旨い

日本とは季節反対のニュージーランドに柿が持ち込まれておよそ一世紀。
輸入はすでに始まっているが量は少なく、なかなか手に入らない。
もう少しだけ保存時期を延ばせるようになれば、熟成をシャーベット状にまで進ませた冷や冷や、スプーンで頂くことも容易になるだろう。
かぶりつく方を好むけど、太陽カンカンの"柿シャーペット"は応えられないに違いない。

柿好きにはたまらない熊本からのプレゼント。
産地は筑後川の上流、隣県・福岡の朝倉市、富有柿の一種『田主丸』の採れる里です。
[PR]

by molamola-manbow | 2010-02-24 08:30 | 酒・宴会・料理
2010年 02月 23日

礼状におもう

もう、一年も前、イヤイヤもう少し前かもしれない。
一緒にテーブルを囲んだ折に薀蓄たれた。
「ハヤトココロって焼酎飲んだことありますか?」
「無い」と言うから、「ソイツはイカン、"世界一おいしい焼酎"だから呑まにゃあいけません。今度送るから試飲してほしい」

時間はドンドン経過して、久し振りに逢った時に、「まだ送ってなかった」ことに気付かされて、「新酒が出たら送る」と苦しい言い訳して、またドンドンと時間は歳をとってった。

先日、ようやく約束を果たした。
「すまんの~」の礼状は、約束を果たしてホッとしてる、そのホッの気持ちが覚めやらぬ間のできごと。
オイラにはとてもとても、真似の出来ない素早さには感心通り越して、「参った」と思っちゃう。
とっても羨ましい。
一応、「オレもこうなりたい」と反省はするんだけど、「マ、いいかあ」で終わって、ペンなど持とうとしない。

『隼人心』おいしいんですよ。
大層おいしいんで、鹿児島市郊外、隼人町の外にはなかなか出ない芋焼酎。
隼人町の中で捌けちゃうから、入手は困難だけど、是非お試しを
d0007653_1817795.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2010-02-23 07:05 | カテゴリー外
2010年 02月 22日

携帯電話の漫画でGo!

女流マンガ家・くじらいいく子さんから「来月から携帯電話の連載が始まるヨ、観てねと連絡が入った。
週に二回、月曜と金曜の二回、ストーリーが更新されて行く新しいスタイル。
こんなのがあること、ちっとも知らなかったから調べてみると、もう随分前からイロイロなマンガが始まっているらしい。
d0007653_22585858.jpg彼女、周りの友人知人をストーリーの中に登場させちゃう癖があって、manbowもその栄誉によくしたことがある。
毎日毎日雀荘に入り浸り、日長ゴロゴロしてる熟年不良・富井役、週間漫画誌『近代麻雀オリジナル』の中に登場した。
初っ端からセリフ付き、十七カットに登場するデビューだったから、新人としては破格の扱いだったろう。

高校ラブビーに題材をとった『マドンナ』で、一躍スターダムにのし上がった、ラグビー大好き人間。
専門誌にコラムも持っていている。
彼女初の携帯マンガは、来月十二日スタートの『薔薇とブラックパンツ』
毎作品、魅力的な女性が登場する。

http:www.comic-gekkin.comで「観てね
[PR]

by molamola-manbow | 2010-02-22 08:01 | カテゴリー外
2010年 02月 21日

五輪の華はコイツだな~

d0007653_825492.jpg
日本でアルペンスキーの中継を観る機会、皆無に等しくなっちゃって、オリンピックが開けれないと観られない。
見逃しちゃったら、また四年間オアズケ喰らうので朝焼けの始まる前に起き出す日々

日の丸付けた選手は居ない。
中継と言うよりダイジェスト。
全長、標高差、最大斜度はすぐ消えちゃう見難いテロップ一枚。
滑る前に順位の推理が楽しめるスタートリストぐらいは「しっかり表示してくれよ」と、基本疎かにする中継内容に不満たらたらなのだけど、審判の主観で成績が左右されない競技はいいね。
審判の得点、バラつきが許容範囲を超えるし、どう見ても「エコ贔屓だ~」は居るし・・・・・。
速いのがNO1!、強いのがNO1
「スポーツはこうでなあきゃあイカン」と思うから、採点競技にはそっぽ向いて"速いのNO1"観ちゃう。

中継はジャンプがメーンで、お目当てはアッと言う間に終わっちゃったけど、まだまだアルペンは続く、早起きも続く。

猪谷千春(コルチナダンペッツオの回転=1956年)の銀は偉大だな~。
スピード系の弾丸ムスメ、弾丸オトコの出現が待たれます。
d0007653_826756.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2010-02-21 08:48 | カテゴリー外
2010年 02月 20日

眼鏡ループ

d0007653_20142895.jpg
大好きな干し柿と、チョコレートと、手紙が入っていて、「眼鏡、頭の上なんかにキープしない。コレ使って」とあった。
細かい数字を確かめなければならない仕事はしていないけど、邪魔っ気になると、ヒョイと眼鏡を頭の上に載せちゃうところ、確かにある。
「ウム~、カッコワル~と思っていたんだな~、これから気をつけんとアカン
と思いつつ、manbowよりはそれはもうナンボも、鼻の上より頭の上の方を眼鏡の居場所にしていたオトコが居たこと思い出した。
あちこちに眼鏡持ってて、頭の上の眼鏡忘れて、別の一個掛けたりするオトコ、「アッ、ここにあった」な~んて、二個目をまた頭の上に乗っけて、ようやく気付くオトコだった。

誕生日から遅れて届いたメガネループのプレゼントは、今は亡き友人へとつながって、「オイラのガールフレンドのように、こういうことにすぐ気付かんとイカンのよ、周りに大勢いたヨット仲間のガールフレンド諸君」な~んちゃって。
大変な煙草吸いで、見境なく煙吐いて、折角の携帯灰皿のプレゼントも机の引き出しに放り込みっ放しだった。
アイツならメガネフレームにも同じ運命をたどらせたろうが、オイラは大切に使わせていただこう。
[PR]

by molamola-manbow | 2010-02-20 08:20 | カテゴリー外
2010年 02月 19日

広口瓶の牙城陥落

d0007653_1563630.jpg
ハチミツは広口瓶
コイツは『マヨネーズはキューピー、醤油はキッコーマン、バター・チーズは雪印、チョコレートは明治』と同じ家訓だね。
お袋に飼い慣らされて、他のものには絶対手を出さない、旨いと思わない、で今日まで来たんだ。
それなのに、最近、その"家訓牙城"の一角が崩れて修復不能に陥っちまった。
連れ合いがチューブ瓶(でいいのかな)の便利さを知っちゃって、どんなにオイラが抗議しても、チューブ傾けてヒョイと押し、タラ~ッと紅茶に垂らし込んで「ホラ、これで済んじゃうのヨ」。

そういやあ、お袋も広口瓶からチューブに変えたな~と、キューピーマヨネーズの歴史を振り返りつつ、「ハチミツは絶対に広口瓶」だと思い続けている。
文房具屋に売ってるアラビア糊を垂らし込まれているようで気にいらんのよ
注意に注意を重ねても、瓶の口に残ったりするハチミツを人差し指でグルリと拭って、ペロッとするのが醍醐味なのよ

牙城が最初に崩れたのは雪印の乳製品。
こちらは「もう買ってやらん」と、己自身の意思で家訓から外したのだが、"ハチミツは広口瓶"の方は、残念で残念で
[PR]

by molamola-manbow | 2010-02-19 09:10 | 酒・宴会・料理