Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 30日

投げ釣り発祥の地

d0007653_11492967.jpg
d0007653_1152051.jpg 画面の向こうっ側、酒匂川を経由して国府津~二ノ宮~大磯と続いてゆく。
シェパードと散歩中のご婦人側は、通称の『山王川』でも通っちゃう、正式名『久野川』を越えれば小田原城下の御幸ヶ浜と名を変える。

日本の投げ釣りの歴史、二つの川に囲まれたコノ海岸線、一キロ半ほどの山王海岸と大磯海岸から広がったと言われている。
『車』と呼ばれた『太鼓リール』しか無かった時代(昭和十年~三十年代半ば)、遠くまで仕掛けを飛ばすにはフライ・キャスト同様に一度リールから投げる分だけ糸をほどいておかなければならなかったので、釣竿とは別にもう一本竿を使った。
ドーナツ型のオモリを竹竿に通して、コイツ振り抜いて仕掛けを遠くまで飛ばしていたのです。

思い切って竿を振り抜いても、糸が絡まないで投げられる木製の『小田原リール』を、箱根細工師が完成さるのは昭和三十年代の半ば過ぎでしょうか・・・・・。
太鼓リールの軸が90度回転する横転リール(↓↓)です。
国産のスピニングリールが普及する昭和四十年代の頭までの投げ釣りは、コノ小田原リールとともに山王海岸から広がった。
外国製のスピニングリール、給料の一ヶ月分もしていた時代があったようです。

いつもなら五メートル間隔で投げ竿林立の山王海岸なのに、今年のキスは遅れている。
百二十メートル投げてもとどかないほど沖目を遊泳していて、釣人は近場に寄って来るのを待っているようです。

d0007653_10593888.jpgd0007653_10131847.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2010-06-30 10:22 | 潜り・磯釣り・海
2010年 06月 29日

ハートマークのボトル

d0007653_613932.jpg
「キューピットの役目受けもつかもしれないボトル見せてくれるかい?」
「ハテ・・・・・?、キューピット、キューピット・・・・・、なんでしょう?」
「勝手にハートマークを書き入れられちゃったヤツだよ、本人も知らない間に」
「アハハ、アレですか」

て~んで見せてもらったボトル、RUM酒とは思いませんでした。
Reiちゃんなる女性のキープボトルです。
「ウム~、Rumと聞いただけで、ヤツに太刀打ちはムリだネ
「アハハ、申しておきます」
manbowの友人、ボトルの主・Reiちゃんにお熱あげてて、一緒になりたいと願っているのだけど、色良い返事がもらえないんです。
で、勝手にハートマークなんか書き込んでアピールしてるんだけど・・・・・。
一緒にカウンターに並んでバカ言い合ってる間柄だし、共通の知り合いも居るんだから、この程度の悪戯は許されるのでしょうけどね。

酒場デートの際には一度も誘ってくれないんだ。
Reiちゃんには一度逢ってみたいのに・・・・・。
新宿二丁目、『t's Bar』の夜。
[PR]

by molamola-manbow | 2010-06-29 07:07 | 酒・宴会・料理
2010年 06月 28日

味噌漬けラッキョウ

d0007653_525885.jpg
赤いマジックで書かれた『見切り品』の文字の脇に、『一袋二百四十円』と、こちらは墨黒々。
僅か半月の間に、価格は三分の一にまで急降下です
「貧乏性だな~」と思いつつ手を伸ばした三キロ、シンクにあけてテレビの前へと逃げ出した。
ゴシゴシと乱暴に水洗いして薄皮を剥き終わって、また逃げ出す。
d0007653_61413.jpg薄皮の下、もう一枚の皮剥きを始めて、量が減って行ってるとは思えないシンクの山見て、また逃げ出す。
三キロの山がシンクの中から消えるのに、丸一日をかける大仕事でした。
大鍋の熱湯、剥いたばかりのラッキョウにたっぷりとぶっ掛けてから竹篭の上で乾かし、ようやく漬け込みの開始です。
醤油を焼酎で割って、コイツに白味噌と刻み昆布一袋をぶち込む特製漬け汁作り。
前回、ほんの少量、試し漬けにした小瓶(←←)がことのほか上手くいったので、今度はすべてを味噌漬けにした。
                                              一週間ほど漬けておけば食えるようになる。
[PR]

by molamola-manbow | 2010-06-28 06:33 | 酒・宴会・料理
2010年 06月 27日

ちびっ子

d0007653_6132841.jpgd0007653_6134491.jpg
どいつもこいつもピンボケだけど、ハッキリ写ると多くの方はなお薄っ気味悪く感じる生き物なんだ。
啓蟄に合わせて這い出してきて、「律儀なヤッちゃな~」と褒めたヤツの、これは子孫のようです。
まだちっちゃくて、摘み上げても暴れない蝦蟇。
水場のない狭い庭の何処で世代交代繰り返しているのだろう。
こいつだってオタマジャクシの時代も必要だろうに・・・・・。
ことし最初の一匹。
[PR]

by molamola-manbow | 2010-06-27 06:32 | 犬・猫・蛙に動植物
2010年 06月 26日

ト~シロウの岡田サッカー考

W杯に入って日本代表の動き、「随分変わったな~」と見ています。
両翼の二人含めて、前の三人が突破を図るようになりました。
d0007653_738281.jpg中でも真ん中の本田クン、持ち味のドリブル使って狭いスペースを果敢に突いている。
岡田戦略にドリブルを組み込んだ作戦、有りましたっけ?
人間の走力よりも、パス出した方が数段早い。
考えの基本はコレだから、「パスで崩せ、ショートパスでかく乱しろ」と教え込んでおりました。
ドリブルだと時間は掛るし、ボールを奪われるキケンも拡大するから「集団で攻めろ
悪くない戦法です。
パス回しの向上で難なくゴール前までは行けるようになったしね。
途中でカットされちゃう方が多かったですよ。
でも、個々の持ち味を集団の中に埋没させてしまったから、チームに意外性がない。
個々の勢いとか凄み殺してるから、威圧感がない。
集団スポーツであっても、結構ワガママなストライカーの個人技を活かさなきゃならないのがサッカーだから、CF含めた何人かの特徴はチーム作りの中心に据えないと点取れるチームは出来ない。

d0007653_7394691.jpgこのワガママ封じているのが岡田ジャパンへの不満でした。
ところが、大会に入って、ショートパスよりもコーナー狙ったロングパスが増えたし、何よりも封印されてるドリブルで狭い空間に勝負掛けるプレーヤーが目に付くようになりました。
3得点を取ったデンマーク戦、少なくともあの中のひとつは突破試みて倒されたFKから生まれました。
誰が変えたのでしょう?
日本代表を変えたオトコ、イレブンの中に居るはずですね~。
フランスのようなあからさまな態度は取らずに、チームを岡田サッカーの殻から脱皮させたオトコ

ト~シロ~の色眼鏡には、点も取ったE組予選の1敗がこんな具合にみえました。
今大会の笛、接触プレーに厳しいから、ゴールレンジに入ってからのドリブルは狙い目です
[PR]

by molamola-manbow | 2010-06-26 08:01 | ラグビー
2010年 06月 25日

W杯予選リーグ

W杯前、酒場で非国民的賭けをした。d0007653_1025034.jpg
「予選三試合、全てゼロ封されちゃったらオイラの勝ち。1点でも取れたらオメ~さんの勝ちだ。どうだ、極めつき有利な賭けだよ、勝ち負けじゃなくて、点取れるかどうかだ」
緒戦のカメルーン戦が終わり、十秒と間を開けないでmailが入りましたね。
「フフフ、戴き
1点どころか、合計4点もぎとって、堂々2勝を記録して決勝リーグ進出です。
                                                                   カメルーン
d0007653_108389.jpgテレビ局がほぼ毎週、こぞってセリエA等の映像を流すようになって、何時もいつも、舌巻いて眺めておりました。
「強いな~」、「巧いな~」、「こんなの相手に勝てるわけネ~ナ~」
考えてみればテレビ局が流してたフィルム、シュートシーンばかりの繋ぎ合わだから、打てば得点、放てばゴールのオンパレード、強くも巧くも見える訳です。
    オランダ

ところがどっこいd0007653_1095712.jpg
今回、W杯の中継観てて、ゴールマウスに飛ばないボール、遥か上空に浮いちゃうボールを見続けて、「な~んだ、アチラさんのサッカーもたいしたことないじゃないか。テレビはやたら持ち上げて報じるけど、Jリーグのプレーヤーさんのレベルと何ら変わるところがないヤ」。
もちろん、ゴールポストやバーに嫌われる惜しいシュートも数多くありましたけど・・・・・。
で、前回優勝のイタリアが予選で姿を消そうが、準優勝・フランスのゼロ勝だろうが、少しも驚かない。
ニッポンが今後勝ち進んで行ったとしても驚かない。                                     デンマーク
レベル差縮めてきているし、カメルーン戦のように、唯一無二のチャンスを生かせば勝ちにつながるのがサッカーの醍醐味。
全世界が熱中するのもコイツなんだから、唯一無二をまた生かす白星も期待しちゃう。
韓国なんて、世界のトップレベルに達していますよ
[PR]

by molamola-manbow | 2010-06-25 09:08 | ラグビー
2010年 06月 24日

w杯サッカーの勝者は中国!

「開催地毎の応援スタイル、有ったって、エ~じゃね~か」
と、タカ括ってのテレビ観戦、とうとう我慢できなくなってきた。
アナウンサーの、「サ~、一段と高まって、割れんばかりに鳴り渡りはじめました。チャンスです」な~んて、煽るような言動聞くと、「バカヤロウ
民報のアナウンサーの中には、「ア、このヒト、オイラと同じで我慢できなくなったんだ」と思える方もおいでです。
決して触れようとはしなくなりましたもの。
W杯はNHK」て~のが謳い文句のところは、逆にのべつくまなく「バカヤロウ」連発しなければならない。
   ブブゼラ!! 
観戦してるうちに我慢の限界に達して、音絞り込むだけではダメになってミュートにしちゃう。
やっぱり面白くないから、また音声復活させるのだけど・・・・・。

知ってました?
アイツの九十パーセントは中国製だってこと。
本家・南アフリカのブブゼラ屋さん、臍噛んで悔しがっているでしょうネ、ニッポンのブブゼラ屋さんも。
型作って、クラスチック流し込めば一丁挙がりの中空の棒が二千円を越えるようです。
d0007653_839771.jpg
困ったことになるのが目に見えてるのは、来月半ばからの再開 J リーグだね。
な~んでも真似しちゃうお国柄だから、観戦に出掛けたファンも、そうで無かったファンも、一斉に吹き鳴らします。
またもW杯の誘致を考えているようだから、ブブゼラなんか止めて、練習をかねて和の楽器、尺八を吹くようにすればいいのに。
難しい楽器だけど、今から始めれば開催決まる頃にはキット合奏だって可能になるでしょう。

アジア予選で負けちゃったけど、W杯の勝者は中国だ。
[PR]

by molamola-manbow | 2010-06-24 08:56 | ラグビー
2010年 06月 23日

こちらインドネシアの復元・古代船

d0007653_8331275.jpg上海万博のジャパンウイークに合わせて、日本から東支那海を渡った復元・遣唐使船に、「何だよ~、鉄船かよ~」
おまけに「中国製」と知って、昨日は少しガックリしたけれど、インドネシアでは純木造の大型帆船が完成間近にある。
遣唐使の時代(七~八世紀)から時は下って、鎌倉時代後期~室町時代に入った十三~十四世紀に、ジャワ島で栄えて東は琉球、西はマダガスカル島までの西太平洋岸とインド洋を貿易圏に納めたジャワ・マジャパヒト王国の船、元寇の略奪を許さなかった王国だと言われている。
鉄釘は一本も使っていない。
根気よく木材を火であぶり、曲線を作りながらの組み立て・・・・・。
d0007653_8463777.jpgもう、海に浮かんでいてもいいハズなのに、工期は遅れに遅れを重ねているものの、伝統の造船技法を使った組み立ては、「負けたな~」の思い。
アウトリガーを両舷に張り出したダブルアウトリガーの船。
そのアウトリガーに竹の束を使っているのがミソで、復元・遣唐使船にも竹の束が結わえつけられておりました。
二枚の帆の形状も、遣唐使船(←←)と瓜二つのようだ。

上海万博の後、沖縄を経て日本各地を訪問する計画。
日本側の受け入れ態勢、沖縄を除くとあまり進んでいないようなのが心配だけど・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2010-06-23 09:00 | ヨット
2010年 06月 22日

復元・遣唐使船のナゾ

d0007653_7254975.jpg
ボストン美術館に納められているコノ画、七世紀に海を渡った遣唐使船を描いたものだといわれている。
瀬戸内海を経由して畿内から北九州に出て五島列島の青方とか福江まで行き、春の東北風を待って東支那海を渡っていたとされている。
渡航した回数、十数回から多くて二十回ほど、と言うのが定説。
平城遷都千三百年記念事業に遣唐使船の復元事業があって、奈良・東大寺の展示お披露目式は大々的に報じられた。
コノ東大寺の復元・遣唐使船と、上海万博のジャパン・ウイークに合わせ、往時と同じコースを辿って上海で披露された復元・遣唐使船は同じものなのでしょうか?
それとも、それぞれは別の船なのか・・・・・。
どうもよく判らないところに持ってきて、「間もなく完成・遣唐使船」なる中国・江蘇省発のニュースを図書館で見つけたのです。
となると三隻・・・・・? 
d0007653_7274375.jpg真実は半分だけ判った。
上海万博のジャパンウイークで披露された復元・遣唐使船は、中国の江蘇省で建造された後に日本に運ばれ、大阪港で盛大な出発式(五月八日)を行って瀬戸内ー北九州ー五島を経て上海に旅立って船だったのです。
鋼鉄で作って上に板張ったまがいモノ、中国製だとはハッキリ判らないよう曖昧な表現も使われていた。
「ニッポンで何故作らね~んだ。鉄船が登場するのは大航海時代の後だぞ
疑問は賃金その他の建造費が、一度日本に持ってくる運搬費を含めても安上がりなんでしょうね~。
鉄船だということを含めて、少しガックリです。

いまも奈良・東大寺に船が飾られてあれば、建造されたのは二隻、無ければただ今『遣中使』の最中の一隻だけということになる。
電話掛ければ一発で判ることだけど・・・・・。

東大寺で陳列準備中に撮られた遣唐使船のショット(↑↑)。
舷側に竹の束(?)がくくられているのが判る。
張り出してはいないけど、一種のアウトリガーを持っていたんですね。
ボストン美術館の画からは窺えないけど、面白い
[PR]

by molamola-manbow | 2010-06-22 09:10 | ヨット
2010年 06月 21日

生存競争

d0007653_9563097.jpg
「お前等にゃ、遠慮ってもの、ね~のかヨ
「ウルセ~、ここのルールは早いもの勝ち。大体オメ~、新参者じゃね~か、隅っこで小さくなってやがれ

カルガモの立場になったら、オイラ、きっと悲鳴挙げる
                                                   井の頭公園の梅雨の晴れ間。
[PR]

by molamola-manbow | 2010-06-21 06:36 | 犬・猫・蛙に動植物