Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 30日

昨日の続きで魚名考

昔々の古い記憶です。
民俗学者・柳田国夫博士の著書に、面白い記述があったことを思い出しました。
いわく、犬を評して「カメと呼び習わす風習があった」
何処から来たのでしょう?
古い呼び名じゃないですね。
渡来した外国人が腰をかがめつつ「come on」と呼んだ『カメン』が語源であろうと。
トンボの古語(秋津)を沖縄では現代にまで伝えていて、『アーゲーシュ』と呼ぶんだとも。
d0007653_7483920.jpg
方言は時代と共に標準語化されて行く。
樹木や花、動物や昆虫の地方名はほとんど消えちゃいましたが、魚だけはしぶとく生き残っている。
地方地方に独特の名前が今でもタ~クサン。
昨日頂いたコメント欄にも『ハゲ』の二字。
『新釈・魚名考』(榮川省造著=青銅企画出版)を参考に、ピンポ~ンの正解を引き出しましたが、では、次のヒントから引き出されるお魚の正体は?

     ▼釣り上げられて水中から顔を出した瞬間とか、ムンズと掴まれた際の様子から名付けられてます。
      鳴くんです、ピュ~ッと水を吐くんです。
        『チュウコウ』(山陰)、『ポンプ』(長崎・大村湾)
     ▼俎板(まないた)に乗せられて、料理を開始する瞬間がヒント。
      丸ハダカにされちゃうんだ。
        『バクチウチ』(和歌山、静岡)、『カワズッポ(リ)』(隠岐島)
     ▼見た目の姿そのまま、鬼の様に怖くはないけど・・・・・。
        『ツノコ』(鹿児島)
                      ▼答えの魚は昨日のコメント欄に記した『ハゲ』と同じ。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-04-30 08:40 | 潜り・磯釣り・海
2012年 04月 29日

端午の節句の祝い膳

d0007653_16231248.jpgd0007653_1620878.jpg
二枚の写真、種類が異なる訳じゃあない。
マ~ッタク同じ魚種、沿岸地帯に居る時は黒くって、育つにつれて沖目に移動して行って赤く変わる。
共に保護色、と言うより波長の長い赤や黄色は、水を通すとどんどん吸収されてしまい、まず黄色、ついで赤の判断がつかなくなります。
潜りをやってる人なら判る不思議現象、水中ライトを当てると色は戻って、驚くほどカラフルな世界が現れる。

そのカサゴの主の赤い方、鯉幟(こいのぼり)と共に端午の節句には欠かせなかった代物らしい。
いかついと言うか、無骨と言うか、風貌が勇ましく見える魚だったからでしょう。
江戸時代の端午の節句の祝膳に供されて、こぞってカサゴを食らったらしい。
大相撲の優勝力士がカメラの前で大鯛掲げてニコッ。
ひょっとすると、「鯛の役目の元々はカサゴだったかも知れない」な~んて思ったりもするんですが、取り組み中の浮世絵はあっても、コッチの方はみつけられなかった。

カサゴで端午の節句を祝う風習、左程古くはない筈です。
頼朝助けていい国造ろう鎌倉幕府、の為に尽力した三浦一族の根城・三浦半島の漁師さんたちは、ツラアラワズとかアンポンタンなどと、蔑視した名前で呼んでますもの。
口を大きく広げたまま、暴れることなく釣れ上がる様がアンポンタン、複雑な斑紋(はんもん)が汚らしく見えるのでツラアラワズ。
見方を変えれば、随分違うものです。
コチラも武家社会だったのだから、「その様な名称は使ってはならぬ」であったとしてもおかしくない。

明治、大正時代はどうだったのでしょう?
存じませんが、端午の節句をカサゴで祝う風習、現在は完全に消えてる。

カサゴさんの名誉のためにひとこと付け加えるなら、「とってもおいしい魚、味は鯛よりも格段に旨い
珍重される割においしくない魚、鯛はその筆頭だと思ってる。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-04-29 07:57 | 潜り・磯釣り・海
2012年 04月 28日

極上のママレード

物の無い時代にあっても、ここまで汚いと売り物にはできなかったであろう姿、形をしてますが、今では逆にチョ~貴重な品物になってきた。
無農薬、おまけに無手入れ 
酸味が強烈過ぎて十人中九人は見向きもしない中身を持った昔々の夏みかん。
しかし、滅多に手には入らない、これほど安全なママレードの材料はない。
白い綿の部分、「苦味が残るから」などと、お匙の先でこそげ取ったりしちゃいますが、苦味だって風味です。
残したままで、ゴールデンウイーク初日はコトコトと煮詰めて行きます。
切り刻むと大きなホウロウひきのお鍋に山盛り。
甘さばかりが舌に残るジャム類、左程好みじゃあないのですが、売り物にできるほどつくるつもり。
 d0007653_7324348.jpgd0007653_733056.jpg 
[PR]

by molamola-manbow | 2012-04-28 08:15 | ホビー
2012年 04月 27日

久々に酔う、久々だから酔う

口開けから飲んで、グラッとしながらスツールを降りたのは十一時を回った辺り。
お陰で多摩川渡って柿生(かきお)まで、小田急線の駅数にして十三駅も乗り過ごしてしまった。
終電は下りも上りも下車駅の経堂が終点、その上りの終電に乗れたのは幸いです。
今度は車両からダ~レもいなくなってて、一番最後にホームに降りた。
d0007653_1235779.jpgd0007653_1241356.jpg
manbowさんとの最初の出会い、Arms Park(英・ウエールス)かな~、Eden Park(ニュージーランド)だったかな~。どっちかのラグビー場、日本じゃないですネ」
ヤケに盛り上がっちゃったのは、ほぼ二十年振りの再会があって、ラグビー人気華やかしき頃の八十年代の話しがワンサカ飛び出したから。
再会の氏はフリーのスポーツ・カメラマン。
昨今はブームのサッカー取材であっても、おいそれとは海外にまで足を運べない経済右肩下がりの時代ですが、八十年代には"たかがラグビー"でさえ海外取材ができた。
その当時のあれやこれや、忘れてたことがタ~クサンでてきた。

二十年振りを設定してくれたオトコは、何時もの飲み友達のひとり。
棚から抜き出されてカウンターの上に置かれたキープボトル(Jack Daniel's)を眺めるやいなやです。
「ウヒャ~、ニューボトルだった筈ですよ。たった1センチしか残ってネ~」
そう言って、ジロリとこっちを見やがった。
暑さ、寒さに関係なく、本格的なBarであろうが居酒屋であろうが、昨今は「芋焼酎のお湯割り」と決めてるから、琥珀色の液体とは無縁の関係を続けてる。
「バーボンとかテネシーウイスキーなんぞを飲むのは若者だぞ、誰がそんなもの。ロートルならロートルらしく、スコッチに換えた方がよか
そんな訳で1センチを仲良く分け合った二十年振り氏とセッティング氏、以後はシングルモルトのGLENLIVETをグビッ。
焼酎vsスコッチで飲み進んだ夜、別れた後の二人がちょっと心配、度数高いし・・・・・。
                                 新宿二丁目のTeraちゃんなるマスターのお店・『t's Bar
[PR]

by molamola-manbow | 2012-04-27 07:33 | 酒・宴会・料理
2012年 04月 25日

よっぴいてひょうと放つ

昨今の小学生にはどんな遊び方をする遊具なのか、ヒョットすると名前すら知らないに違いない。
孫を喜ばそうと手作りした田舎のお祖父ちゃん、遊び方も教える。
得意げに小学校に持って行ったら、孫はどうなるでしょう?
お友達に見せびらかしているところを先生に見つかって、即座に没収だね。
「こんなモノで遊んではいかん」と、大目玉も食らうに違いない。

四角い箱の前に座って、大のオトナが一心不乱に玉を打つ。
『パチンコ』の本家家元は、コッチ(↓ ↓)の方でした。
山野を駆け回ってた餓鬼時代、きれいにY字に分かれた枝にぶつかったりすると、遊びを中断してポケットの折りたたみ小刀・肥後神(ひごのかみ)を探ったものでした。
そうやって切り出したYの字が、二個や三個は引き出しの中に転がってた。
自転車屋さんに要らない古チューブが出来るの待って、パチンコ製作に熱中する。
何時もお尻のポケットに完成品のY字形は突っ込んであって、肥後神と一緒に何処にでもお供してくれてた。
d0007653_925189.jpg
情景が目の当たりに飛び込んでくる名調子だから、『平家物語』を少し長々と。

ころは二月十八日酉(とり)の刻ばかりのことなるに、をりふし北風激しう吹きければ、磯打つ波も高かりけり。
舟は揺り上げ揺りすゑ漂へば、扇も定まらず、ひらめいたり。
沖には平家、舟を一面に並べて見物す。
陸(くが)には源氏、轡(くつばみ)を並べてこれを見る。
いづれもいづれも我ならずといふことなし。
与一目をふさいで、「南無八幡大菩薩、別しては我が国の神明、日光の権現、那須の湯泉(ゆぜん)大明神、願はくは、あの扇の真ん中射させて賜ばせたまへ。
これを射損ずるものならば、弓切り折り自害して、人に再び面(おもて)を向かふべからず。
いま一度本国へ帰さんとおぼしめさば、この矢はづさせたまふな。
心のうちに祈念して、目を見開いたれば、風も少し吹き弱って、扇も射よげにこそなったりけれ。
与一、鏑(かぶら)を取って番(つが)ひ、よっぴいてひょうと放つ
鏑(かぶら)は浦響くほどに長鳴りして、誤たず扇の要木は一寸ばかりおいて、ひいふっとぞ射切ったる。
鏑(かぶら)は海へ入りければ、扇は空へぞ上がりける。
春風に一揉み二揉みもまれて、海へさっとぞ散ったりける。
皆紅の扇の、夕日の輝くに、白波の上に漂ひ、浮きぬ沈みぬ揺られけるを、沖には平家、船端(ふなばた)をたたいてかんじたり。
陸(くが)には源氏、箙(えびら=矢筒)をたたいて、どよめきけり。

電線にとまったスズメを狙ってよっぴいてひょうと放つ。
矢の役目は道端の小石でした。
大人の遊戯のパチンコ玉と違って、本家の石ころ玉はイビツで真っ直ぐには飛んでくれない。
d0007653_6105387.jpg仮に当たったとしても、非力だったから転がり落ちる途中でバタバタバタと飛び去っちゃう。
そんなこんなが懐かしくって、二十年ほど前に銃砲店で買ったアメリカ産の競技用(Sling-shot)、ガラクタの中から出てきた。
そのうちオリンピック種目になるかもしれません。
と言うより、ピストルとか、ライフル競技はやめて、種目をこちらに変えるべきだね。
"平和の祭典"などと言っているのに射撃だなんて。
パチンコはほぼ全世界に散らばってるし。
名前も知らない遊具になっちゃいましたので、小学生が代表に選ばれることは無いでしょうが、昔であれば夢じゃなかった。
五輪では、石ころなど使わないであろうし・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-04-25 06:59 | ホビー
2012年 04月 24日

国際都市・歌舞伎町

雨模様の宵、遠くまで歩くのは面倒だと、待ち合わせ場所に近い歌舞伎町の居酒屋さんに入った。
筋ひとつで西武線の新宿駅、飛び込んた居酒屋・『あそう』の、暖簾を分けた途端の声は「いらっしゃ~い」じゃありませんでしたヨ。
Well,well,well.Come here」。
壁際のテーブルに案内してくれは赤い前掛けのオバサン、続いて口を突いたのは「What can I do for?」と来て、「Hot Syou-cyu 、お湯割りthreeネ、OK,OK,No problem
 
d0007653_21181616.jpg「流暢ですね~、オバサン」
「ヤダヨ~お客さん、挨拶だけですよ。よく入って来やはるのよ、外人さん」

赤い前掛けのオバサンの言った通りでした。
再び「Well,well,well.Come here」の声がして、隣の席に案内されてきたのは男性一人と女性三人の中年の青い目さん達。
お通しのホタルイカのヌタを、それぞれ一口でペロッ。
刺身を頼み、アサリの酒蒸しを頼み、春キャベツのチャンプルをオーダーし・・・・・。
主眼はお酒の我々三人組と違って、居酒屋メニューを手の内に入れておいでの青い目さん、上手に、盛んに、箸を動かしつつ会話に花を咲かせておいででした。

和食定食をお昼に頂く外人さん達、やはり新宿でお目に掛かっております
[PR]

by molamola-manbow | 2012-04-24 06:08 | 酒・宴会・料理
2012年 04月 23日

ひと箱古本市

西国某県の県立文学館から送られてきた館報に、不思議な囲み記事を見つけた。

d0007653_9545185.jpg四月二十九日(金)に、読まなくなった本や、売りたい本を段ボールひと箱に詰めて持ち寄る、一日だけの『古本市』を開催しました(→ →)。
十一組の出店者は、思い思いの屋号をつけて大盛況・・・・・、うんぬん。
ゴールデンウィーク、今週の末からの始まりです。
第一、四月二十九日は日曜日だぞ。
三月の誤植かもと、カレンダーをめくると、二十九日は木曜日だし・・・・。
イロイロ調べて、金曜日が四月二十九日に当たるのは去年のことだと判って、「最新号(三月末発行)に丸々一年前の催しを載せるかあ!?」と、これまたびっくり。

常識じゃあ考えられないオールドニュースはともかく、『ひと箱古本市』はいい企画だと思いますね。
本の業者さんが主導する古本市は、都内だけでもひと月に十や二十箇所で開かれる。
ちょうどコノ時期、結構盛大な古本市が池袋の西口で開催中です。
コレも悪くはないけど、要らなくなった本を個人が持ち寄って市をひらく。
こうした催しはもっと頻繁に、あちこちで開かれていい。
古いふるいひと箱古本市のニュースにはイチャモンをつけましたけど。            コチラ池袋(↓ ↓
d0007653_10163738.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-04-23 10:33 | カテゴリー外
2012年 04月 22日

 銀 器

d0007653_6511579.jpgd0007653_6521370.jpg
水筒そっくりな形が時代を物語ってます。
頂き主の兄貴に尋ねると、「東京五輪の前に買った銀座・和光の品」だと言います。
内心で散々こき下ろした。
「いまどき、流行らぬ形だな~」、「装飾過多だな~」、「随分、薄汚れていやがる」、「どうせなら、もっと時代が古ければ骨董価値もあるんだけど・・・・・」などと。
それはもう、言いたい放題の悪口、内心でですよ。
でも、欲張りだから『銀器』だと言う一点で頂くことに。

風呂に入ったついで。
クレンザーなど持ち出し磨いたのが右手です。
ピッカピカに輝きだしたのはいいけど、装飾過多が一層目立つようになっちゃいました。
「イブシ銀のままがよかったかも」。
とまあ、文句たらたらですが、ゴールデンウイークの釣行にはポケットに忍ばせるつもり。
今まで愛用してたスキットル、百円ショップの品だから、アルミから銀へと、二階級特進ではある。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-04-22 07:50 | カテゴリー外
2012年 04月 21日

ゴールデンウィーク

すべて頂き物のルアーです。
銛(もり)持って魚を追い掛けていると、岩肌からキラッ、カジメの林に見え隠れ。
そんなロスト・リールを、折に触れて海底から頂いてきた。
釣りには手を出さないのに、美しさに魅せられ趣味でルアー作りに精を出す御仁もいらっしゃるから、どんな色使いをしようと勝手ですが、先日の檜山義夫お魚博士の記述を思い出してニャッ。
「赤い色、お魚さんには見難いのにな~、随分大胆に使ってるな~」
d0007653_756289.jpg
ゴールデンウイーク後半、三日からの釣行(伊豆・八幡野)に、コイツらを携えて出掛けようと考えてます。
狙いは甲烏賊、主に海老の形をしてる餌木で狙いますが、やはり海底から頂いたはずの餌木、あるはずなのに見当たらない。
「な~んだ、魚かい。オイラは海老が喰いて~んだ」などとうそぶいて、ヤツらが海老だけを選んで飛びつくとは思いません。
買うつもりもありませんから手元のサカナだけで兆戦してみようと。
ルアーではまだ獲物にありついたことがない、と言うより経験がない。
立派な名前の釣りクラブ・『新宿魚業協同組合連合会』のメンバー曰く、「お魚さんを擬餌で騙して釣り上げるなんてもってのほか」
「あのね~、針にゴカイを付けてハゼ狙うのも騙し釣りだぞ。ヤツらは針が付いてるとは思ってね~」
と言いたいんですけどね、心情は判らなくのないので黙ってる。

伊豆東海岸・八幡野の磯、場荒れが激しいから獲物に関しては期待していない。
で、"禁止規則"に風呂敷かぶせて、ルアーでも振るってみようと。
そろそろ甲烏賊もシーズンインですし・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-04-21 09:07 | 潜り・磯釣り・海
2012年 04月 20日

昔々の夏ミカン

もう一度喰らってみたいものだと思ってた昔々の夏ミカン、近しいところからド~ンと頂いた。
伊豆半島の東岸、川奈に住まう兄貴からの届け物、庭の片隅に実をつける無農薬、無手入れの一本から捥いだらしい。
厚くって、堅い、堅い皮を剥き、早速ひと房放り込む。
途端に口先はキュ~ンと縮まって、方眉などしかめつつ、「コレコレッ、昔し通りだ~ッ」
d0007653_8233448.jpg
今では何だって喰えますけど、昔々はお酢が大嫌い。
散らし寿司を作る際にも、酢を加える前の白米をドンブリに取り分けて貰ってた。
但し、柑橘類の酸っぱさは一向に平気、レモンを齧るようなことまではしなかったものの、酸っぱい夏ミカンは大好物、それが何処のお店からも姿を消しちゃって・・・・・。
丁寧に皮を剥き、牛乳ぶっ掛け蜂蜜とか砂糖を振り掛けて食らう。
一番好きな喰い方だったでしょう、お匙でつぶしつぶし。
漢字で『蜜柑』、「どう考えても、コイツは蜜の味じゃあない」などと思いつつ喰らってた。

小さくて、形も不揃いで、「日本じゃあ売り物にならない」貧弱なリンゴ、ガブッとやってジューシーなみずみずしさに驚いたのはロンドンの荷車屋台でした。
果汁が口元から滴り落ちそうになるんだから、サクッとした日本のリンゴからは消えちゃった味と味覚です。
総じて日本の果物、甘さを追及し過ぎてる。
写真に写るレモン大の黄色いヤツ、釣行の際に根府川農協の売店で買った『サマーオレンジ』です。
有った方がいい清清しい酸味だと思うのに、同行の釣友は一房で音をあげた。
需要はやはり、甘さを求めてる。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-04-20 09:41 | 犬・猫・蛙に動植物