Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 31日

住みたい街の東京NO1

腰掛けた背の高いスツールの背中を、頻繁に人が行き交います。
目と鼻の先、J Rと井の頭線の吉祥寺駅ですから。
再開発計画話、何度も出てます。
でかい駅前ビルの構想図まで描かれたこともありますが、「残そう」が勝って今でも戦後のバラックマーケットの面影を残した一角がある。
南口のハーモニカ横丁、路地の両側に小さなお店が雑多に並びます。
その一角にある酒処『はんなり』、和装の美人ママさんと、アルバイトの若者によって切り盛りされてる。
欠員が一人出て、かえってよかった。
宵の口なのにほぼ満杯、四人だったら立ち飲みになるところでした。
d0007653_9485428.jpg
所沢の西部球場まで、交流戦を観に行ったついで。
フラリと降りて『はんなり』の客になったらしい。
そのたった一回でママをイタク気に入った五十男、普段は小田急線沿線で飲んでるのに、「今度、ジョ~ジで飲みませんか?脱サラの和装美人がやってる」と若者ことば。
な~るほど、誘いに乗った甲斐ありの美人ママです。
d0007653_21545974.jpg東京の住みたい街ランキングNo1を続けている。
理由は駅向こうに井の頭公園が控えてるだけじゃないですね。
知らないお店を尋ねるので、早めに家を出で街を探索しましたが、和・洋・中に美味しそうな雰囲気漂わせる食い物処があって、何処も大層賑わっている。
ライブハウスが有り、古着屋があり、個性的なアンティーク店ありと、一軒一軒が特徴的です。
個人商店に活気があるのはいい街の証拠だとみました。
先日出掛けた下北沢の居酒屋『魚真』、コノ街でも人気の姉妹店が営業してる。
左程賑わっているようには見えなかったの、複数のデパートだけのようでした。
外から覗いただけですが・・・・・。

駅から歩ける距離に成蹊学園があります。
グラウンドを中、高校ラグビーの東京都予選で使ってて、春秋二回よく通ってました。
その昭和三十年代のアタマの吉祥寺、駅前はバラックマーケットの一大パノラマでしたから、残した規模は小指の爪の垢程度でしかありません。
でも、渋谷の呑ん平横丁とか、新宿西口のションベン横丁(正式名は思い出横丁だったかな?)が飲み屋オンリーの街なのに対して、こちらは魚屋あり、お惣菜屋あり、古着屋ありと、色濃くバラックマーケット時代を残してます。
な~るほど、住みよいかも知れません。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-31 08:59 | 酒・宴会・料理
2012年 05月 30日

新東京名所

特徴的なお庭がうけてる龍安寺の石庭、あるいは苔寺でお馴染みの西芳寺の向こうを張ってやろう。
「東京の新名所を造るぞ
d0007653_7441476.jpgなどと言った、そんなおこがましい考えから始めた訳じゃない。
気が滅入りそうなぐらい蒸し暑くって、面白いこともな~にもない梅雨時の昼下がり、フト庭を眺めると「何か呉れ」みたいな顔でこっちを眺めてるヤツがいる。
とぼけた顔に軒先から落ちた大粒の雨水が当たっても、片手でもってツルリとヒト撫で。
「ウ~ン、蝦蟇庭、いいかもしれない。退屈吹っ飛ぶゾ!」
そんな気持ちですね。
雨模様の宵など、裏道歩いてて出くわす度にヒョイとつまんで持ち帰り、庭に放して来ました。
十年ほど続けてるから、年平均二匹として・・・・・。
でも、「何か呉れ」と、催促されたことは一度もない。
出て行けるところ、無い訳じゃあないけど、かなり草ボウボウの庭だから居心地は悪くないはず。
居着いてもいいと思うのに、蝦蟇たちの消息は放した翌日からプツ~ンと消えちゃう。
ラインダンスだって可能なほど拾ってきてるのに、「元気でやってるかい」と声を掛けられたの、ほんの数回でしょうか。

お天気急変で雹など降った所もあった昨夜、今季の二匹目に出合いました。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-30 07:53 | 犬・猫・蛙に動植物
2012年 05月 29日

実山椒の佃煮

d0007653_751433.jpg
兵庫県の西寄り、岡山とか鳥取の県境に近い山間部に『からかた』なる佃煮があるらしい。
漢字を充てるなら『辛堅佃煮』あるいは『辛硬佃煮』、キンピラ風に山椒の樹皮を細切りにして作る。
太さスリコギ程度の枝を用い、流水に三日間ほど晒して剥ぎとった樹皮が素材の佃煮です。
但馬とか、摂津とか、備前とか、美作(みまさか)とかを、明治政府はズバッと切って県政を敷いちゃいましたから、兵庫県の西はゴチャゴチャしてます。
その昔の国が入り組んだ県境に、古くからあった郷土食だといいます。
食べてみたいですね~。

d0007653_7482082.jpgd0007653_7484526.jpg
実山椒を手に入れたので、昨日は久し振りに台所に立った。
かつて、実山椒だけの"生一本"で作った佃煮を、おにぎりにまぶして四川料理のシエフ殿に食わせたことがあります。
知り合って間もなくの頃だから「旨い、旨い」
最近になって、「アイツには参った。痺れあがっちゃったよ」
本場の麻婆豆腐、味付けは山椒ですけど・・・・・。
ソノ痺れあがっちゃうようなのが好みです。
今年は己の好みだけを優先するのはまずいので、昆布とシイタケを刻み込んだ二種類を作って味を和らげた。
お遊びはシイタケ出汁の生一本の出来上がりに、青海苔をまぶしたヤツ。
一番おだやかな味に仕上がりったの、コイツでしたね。

絶品といえる山椒の佃煮はまだ一度も食らったことがありません。
市販品も自家製も似たり寄ったりの味、何処かに「もっとおいしいのが有るはずだ」と思ってる。
『からかた』、とっても惹かれます。

d0007653_8201668.jpgd0007653_832688.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-29 08:31 | ホビー
2012年 05月 28日

飲み会の打ち合わせ

d0007653_15201117.jpg
45度ほどの角度で小田急線と井の頭線が交差する下北沢、線路に囲まれた一角毎にそれぞれ異なった顔を持ちますが、総じて言えることはゴッタ煮の街でしょうか。
細い路地が複雑に入れ込み、駅のど真ん中に戦後のバラック商店街がまだ残っていたりする。
そのゴッタ煮がいいのでしょう。
十年ほど前から何処からか若者が沸いてくるようになって、どの路地を覗いても活気があるように見えます。
注意してみると、結構代替わりも激しいから内情は厳しいのかも知れませんが、周辺のシャッター商店街化とは対極の街です。
そんな街の一角を占める『魚真』、有名居酒屋の下北沢店は列なす混みようでした。
海に出るとすぐに酔う癖に、お酒には滅法強いヨットウーマン二人と、その『魚真』のテーブル席へ。

写真の赤提灯・『まんぼう』は、二軒目を予定していたところ。
でも、居酒屋二軒を梯子したって、似たモノ食わねばならないと、「ハタ」と気づいて仕上げは横隣りの『松』へ。
ゴッタ煮の街中から、ほんの二、三十メートル入っただけで雰囲気はガラリ、落ち着けるお店です。

久々に"海仲間の飲み会"を開こうよ、場所は何処がいいだろう?
そんな打ち合わせが狙いの集まりだったのに、美女二人に囲まれるなんて滅多にないことです。
趣旨そっちのけで、飲んで食って終わり。
カメラ取り出す暇もなかった。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-28 05:59 | 潜り・磯釣り・海
2012年 05月 27日

初めてのミシュラン

d0007653_763628.jpg
青山通りから北に百メートルほど。
看板は隅っこの『湖月』と染め抜いた青ノレンだけですから、見過ごしてしまいそうなお店です。
昨夜はその小さなスタンド割烹の客となった。
d0007653_74401.jpg綺麗に、可愛く、一品いっぴんが出てくるミシュラン星(ふたつ)のお店です。
ミシュラン星、初めての体験でしたからカメラ構えてすべてを写すつもりでいましたが、芋焼酎が進むにつれて忘れた。
背中合わせみたいな場所に釣り仲間がチーフシェフを務める四川飯店『蓬莱』があるので、タバコを吸いに外に出たついで、駄弁りに出掛けたり・・・・・。
『湖月』から捜しにこられるなど、大層迷惑を掛けましたが、美味しい料理の数々でした。
素材を吟味し、出汁を丁寧に漉してイチから作られてて、全てが繊細、まずは目で味わって下さいの料理です。
日本料理とソースで食わせるフランス料理ほかの料理との違い、ハッキリ感じてきました。
昨今、濃い味付けに慣らされちゃってます。
素材の味を大切にした料理を忘れてましたね。
京ナス、この時期にどうやって仕入れるのだろう?
d0007653_7154094.jpgd0007653_716297.jpgd0007653_7161991.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-27 07:31 | 酒・宴会・料理
2012年 05月 26日

Hinano SAILING CLUBのみなさんへ

d0007653_12363379.jpgスターンを見て、「ンン?」、右舷を眺めてさらに「コノ船は・・・・・?」。
三年前に長崎・大村湾に嫁いだ42フィートのセーリングクルーザー『Hinano』で海を楽しんだクルーの皆さん、「ンン?」は正解です。
千葉・木更津港に浮かんで、いま、『ごくらくとんぼ』と名前を変えていますが、初代の『Hinano』、オネ~サンです。
とっても元気でした。
元気なだけじゃないですよ、先の『KENNOSUKE CUP』で、『KoKoLo』のセールトリマーを務めてくれたのが『ごくらくとんぼ』のオーナー・早川クンなんです。
メインセールもジブも早川クンがセットしてくれて「ジブを5センチ出せ」とか、「メインを3センチ引け」とか、細かい指示を出してFifth Home、五番手でゴールを切りました。

レースを主催者する林賢之輔先生が「凄いね、早川クン」。
たった一度の紹介で名前を覚えてしかいました。
同じ匂い(呑ん平)を嗅ぎ取ったらしい。
d0007653_12365915.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-26 10:54 | ヨット
2012年 05月 25日

春の海です

d0007653_757840.jpg
『油壺ボートサービス』(ABS)のポンツーン、パン屑落としても見向きもしないコイツらは何んの稚魚でしょう?
釣り師の端くれなのでサカナの名前は世間様より知ってる筈ですが判らない。
『トドのつまり』の語源となった出世魚のひとつ、『オボコ~イナッコ~スバシリ~イナ~ボラ~トド』のオボコじゃないかと思ってましたが、頭の形、違いますよね~。
「土用の丑の日が消えちゃうかも知れない」などと言われ、ウナギ屋さんや養殖業者さんの廃業がニュースになってます。
彼らにとっては喉から手の光景でしょう。
マリアナ海溝の深海で生まれ、黒潮に乗って日本に到着するシラスウナギ、今年は丸っきり獲れない。
ガキ時代は日本手拭を広げてすくえた。
小田急線の多摩川鉄橋下流、四、五百メートル程の所に魚道付きの堰(せき)がある。
札幌五輪の数年後でしたか、住宅を押し流す決壊事故を起こした堰です。
透き通った白い体をくねくね動かしながら上流を目指すシラスウナギ、コノ堰でさえ見られたものでしたが・・・・・。

KENNOSUKE CUPを終えて翌朝(二十日)ホームポート・木更津へ。
向かい潮(進行方向から流れて来る潮)のために2ノットほどスピードを食われつつも、本船の往来も少なくノ~ンビリと。
ひねもすのたりのたりの海です。
d0007653_85525100.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-25 08:59 | 犬・猫・蛙に動植物
2012年 05月 24日

海のオトコの一、二、三次会

d0007653_20323298.jpg
レース後の表彰式を兼ねた懇親パーティー、白髪アタマの後ろ姿がヨットデザイナー界の重鎮・林賢之輔御大です。
今年は『翔鴎』とか、『美如佳』とか、『あうん』とか、常連組が六、七艇も欠場して、レースは少々寂しかった。
スタート直前のコース短縮(三角コースからソーセージへ)などもありましたし・・・・・。
でも、パーティーは逆に盛り上がりました。
何故の理由、そのスタート直前のコース短縮にあった。
無風によるノーレースを心配した変更だったのに、風があがって全艇二時間強でゴールです。
懇親会までの時間が余っちゃって、各ヨット上では真っ昼間から酒盛りの始まり、始まり。
「それではしばし、フラダンスなどお楽しみください。踊るは〇〇スキッパーの奥方です」となった宴たけなわには・・・・・。
よく判らないヒトのために、二葉の写真を用意しました。

d0007653_6204720.jpgd0007653_621848.jpg
懇親パーティーが二次会になって、またヨット上に場所を替えて三次会。
「先生、もう、何時死んでもいいですよ。KENNOSUKE CUPの後ろに『MEMORY』と付けりゃあいいんだから」
な~んてキツ~イ冗談が飛び出したのは六年ほども前のことですが、今度もやはり、厳しいのが飛んでました。
ご自身設計の新艇に乗り込んで、成績はたしか最下位だったような・・・・・。
コレ以上の標的はありませんもの

個人の名を冠した日本唯一のヨットレース、御大はヨットマンから愛されてます。
d0007653_742397.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-24 07:43 | ヨット
2012年 05月 23日

KENNOSUKE CUPの特別賞

長崎に嫁いだ『HINANO 』(Hayashi42Custam)、かつて房総半島の先端部・富浦湾から参戦して『遠かったで賞』を頂いたことがあります。
レース会場は神子元島を回る下田での開催、六、七年も前の記憶です。
今回、その特別賞を獲得した遠来艇には、床にひれ伏して「恐れいりやした~」と叫ばなければなりません。
d0007653_943265.jpgEmiTan』(Degero35=フィンランド艇)、ナナ、ナント、島原湾に突き出した三角半島の付け根からの参戦でした。
熊本は安城市の波多マリーナから乗り込んできたのです
「ドッヒャ~ッ」と沸いたパーティー兼表彰会場、紹介が続くにつれて更なるどよめきに包まれました。
波多マリーナから種子島経由で小笠原を目指し、孀婦(そうふ)岩~八丈島~三宅島等々、伊豆の島々を伝ってのKENNOSUKE CUP参戦です。
もやい綱を解いてからほぼ一ヶ月も海に居たことになる。

                               左手のヨットが『EmiTan』です
d0007653_936512.jpg
小笠原でKENNOSUKE CUPの常連船『翔鴎』(かもめとぶ)と出合って「参加しなよ」と誘われたのがきっかけ。
レースを目的の遠路はるばるじゃあなかったのだけど、浜坂浩スキッパーはうれしそうでした。
賞品のリトグラフは久我道世女史の作品、飛び抜けて高価な賞品(セロハン紙でヨ~ク見えませんが・・・・・)です。
豪華だけじゃあないんです。
浜坂スキッパーと久我女史、奄美の海で九十年代半ばに互いのヨットでミートているんで話は弾んだ。
互いに孀婦岩を拝んでもいますし。
熊本への回航要員をお捜しでしたので、コチラもHinanoの宮沢セクレタリーがお世話しました。
宮沢セクレタリーの弟さんが大役を勤めます。
海仲間の横のつながり、KENNOSUKE CUPで広がりますネ~。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-23 09:42 | ヨット
2012年 05月 22日

  KENNOSUKE CUP 2012

d0007653_20521772.jpg
北欧の船・Haiibery Rassy31で千葉・木更津から参戦の『KoKoLo』、manbowを加えた四クルーでレース日和の『KENNOSUKE CUP』(十九日、相模湾)を楽しんだ。
スタート、三番手で飛び出しました。
前を行く一艇は『あらいぶ』、国内外の外洋レース界に名を轟かせた『第一花丸』が旧名の猛者です。
もう一艇は延期されることになった日本最長の種子島ー東京レースに、いち早くエントリーした『Son of Bacchus』でした。
「してやったり」ですよね~。
一度だけならマグレでも二年続きのジャスト・スタート、レース艇二艇に次いでまたもや飛び出したのですから。

d0007653_1511751.jpg 北極から吹きつのる寒風を考慮にいれたコックピットの頑丈なこと
KoKoLo』は重たいヨットです。
食料どっさり、ビールもどっさり
自画自賛ですが凄い

レースはスタート直前になって三角コース(13マイル)から、第一マークの網代崎沖灯浮標(通称・紅白ブイ)を回って引き返すソーセージコースへと短縮された。
ノーレースになりかねない快晴無風の夜明け。
スタート時間が迫っても、メインセールが膨らんでくれないほど弱かった。
その風がスタートに合わせる様に吹き抜け始めた。
「シメタ」ばかりの風じゃあありませんが。

                  三艇による上り性能の競い合い(⇨ ⇨)

上り性能を試す様に、ほぼ真正面から吹いて来ます。
Son of Bacchus』と『あらいぶ』には、すぐ様置いてけ堀を食わされ、他艇にも並ばれ、抜かれを繰り返して七位まで順位を落として網代崎の沖浮標を回った。
d0007653_15211886.jpg

でも、セールトリマーの早川君はあきらめません。
ジブを3 センチ引けとか、メインを センチ出せとか、細かい指示を出してセールに風を流し、後方からと風が変わった復路は艇速を ノット強まで伸ばして二艇を抜き返した。
フィニッシュ順では総合五位、立派にレースをやりました。

「林先生、KoKoLoのハンデキャップ、こんなにも重いのですか!?」
今回のレースを最後に『KoKoLo』はホームポートを神戸に移すので、今回が最後のKENNOSUKE CUPでした。
「コレ、考慮に入れてくれましたか?」な~んてネ。
 先頭艇(Son of Bacchus)はスピンランに移った

               ▼KENNOSUKE CLAS

   順    艇                      到着           着
   位    名                      時刻           順
   ① あらいぶ(Hayashi34Custam)     11時48分31秒       2
   ② Aqua(Oceanblue990-OB)       11時58分56秒       4
   ③ PolerWind(Trekker32C)        12時06分17秒
   ④ おおすけ(OKAZAKI H-H30)       12時07分20秒
   ⑤ HERAⅢ(Trekker34DS)         12時23分31秒
               ▼FELLOW CLAS
   ① しゃわーぼーい(Yamaha-24Festa)  12時06分51秒
   ② Son of Bacchus(アーシャンボー40) 11時40分16秒      1
   ③ Bornfree Ⅱ(ハリスクリスチャン32)  12時08分45秒
   ④ LATICIA Ⅲ(デュフォー39)        11時53分00秒       3
   ⑤ KoKoLo(ホルベルグラッシー31)     12時04分27秒      5

                    Poler Windを抜き返したぞ(↓ ↓)
d0007653_15332369.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-22 06:43 | ヨット