Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 31日

常連がこれじゃあ・・・・・

新宿から甲州街道に沿って八王子まで走ってる京王線、都営地下鉄新宿線との相互乗り入れが決まって『初台』-『幡ヶ谷』と続いた二駅を都営地下鉄に譲った。
駅そのものを無くして『新宿』の次は『笹塚』へ。
旧駅には『笹塚』で都営地下鉄に乗り換えないと行き着けない。
そのことが頭から飛んでて、昨日は幡ヶ谷の中華料理店『名菜館』に行き着くまで、周辺を右往左往でした。
d0007653_8331492.jpg
d0007653_8355887.jpgヨット仲間の"陸酔い会"をココで開いた際は、「京王線に乗っても、今は幡ヶ谷駅は無いからね。京王新線の幡ヶ谷が下車駅だよ」みたいな案内を出して念を押したお店なのに・・・・・。

主賓は毎年この時期に北京から里帰りしてくる女性、今年は一月にも帰国してきた。
寿司をつまむとか、日本蕎麦をすするとか、『和』で歓待すりゃあいいものを、一月の帰国の際も今回も、「中華料理じゃあ面白くないんじゃあないのかな~」とも思うんだけど、ココを使ってる。
欠食児童みたいにモリモリ食らってたから、マ、いいか~。
北京では こんなボランテイアをしてる女性です。
蒸かしオニギリ?(← ←)
d0007653_834540.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-07-31 08:45 | 酒・宴会・料理
2012年 07月 27日

今日からが本番、寝不足月間

『なでしこジャパン』の川澄奈穂美ちゃん、ファンになったのはW杯の左ライン際から放ったループシュート(相手チームは何処だったろう?)を見ちゃってからです。
視野の広さに驚いた。
キーパーが前に出てて、いま、この瞬間に、ゴールバーの上を狙ってシュートを放てば 点がもぎ取れる。
d0007653_6563811.jpg瞬時の判断ができて、正確なキックができて、思い切りよく己の考えを実践に移す。
出来るようで出来ません。
視野の中には広がってても見えない、ポッカリ開いた空間が見えてるプレーヤーが居たことに驚いた。
こんなことのできるプレーヤーが育ってたなんて、しかも、歴史の浅い女子にです。
ゴールレンジ近くまで攻めて、ようやくシュート
「うまくキーパーをかわして飛んで呉れ」と、"運を点"に任せて足を振り抜くのがサッカーですもの。
多彩な攻撃を繰り返しても、その都度細かいミスが出て押し返される。
これが延々と90分間続くのがサッカーです。
点をもぎ取ることが難しいから、逆に格下でも勝つチャンスも生まれ、引き分けなんざ~しょっちゅう起こる。
百回蹴っても成功しそうも無い澤穂希キャプテンの同点シュートが延長戦で決まって、W杯の頂点に立った時に彼女、言ってましたね~。
「サッカーの神様が下りてきてくれてた」

昨夜は『なでしこジャパン』の白星発進についで、男子が優勝候補・スペインを撃破した。
「お前はアホか」みたいなイージーシュートを外していなければ、20 完勝の金星でした。
後々「アイツが決まっていれば・・・・・」と、悔やむことになりかねない点ですが、これもサッカーです。
開会式を待たずに、寝不足月間は始まってます。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-07-27 10:15 | カテゴリー外
2012年 07月 26日

こんなに集まっちゃった

蛇の胴体みたいに自由に形態を変えられて、腕に巻きつけたり、首からぶら下げて使える懐中電灯があることは、先日blogup したばかり。
遊び道具の箱を整理していたら、豆電灯が出てくるは出てくるは(↓ ↓)
耳に掛けて使うアイデア倒れも何処かにあるはず・・・・・。
d0007653_8495832.jpg
いずれもヘッドライトの類、右端の一番でかいのは防水機能があって十メートルほど潜れる。
ボンベ使って三十メートルも潜ればすぐに駄目になるに違いありませんが、銛を片手の素潜りではこれで十分、岩の割れ目とかオーバーハングの岩の下覗きこむために使ってた。
ただ、頭につけてると、岩に当たってゆがんだり、下手すると壊したり。
左手の甲に巻いて使えるのを探してましたが、十五メートルほどの潜水に耐えるヤツはいまだにでてこない。
真ん中にすえた桃色、自作の防水仕様ですが、これではせいぜい一メートルでしょう。

オトコの遊び箱、こんなのが溜まります。
ナイフだって「オッ、便利そうだ」と、すぐに新しいのを買っちゃう。
d0007653_922378.jpg手持ちのヤツは魚をさばくには小さ過ぎるとか、「片刃のヤツは持ってるけど、コイツは両刃だゾ」とか、買っちゃう理由はいくつでもつけられる。

ナイトダイビングなどはもうやらないし、魚を追いかけて深みに潜る歳でもない。
頂きモノの左側ふたつと、これが三台目になって愛着が残る中央の桃色を除けばもう要らない。
ナイフとともに釣り仲間に供出だね。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-07-26 09:51 | 潜り・磯釣り・海
2012年 07月 25日

都道府県・四十七のマーク

国民体育大会に、開会式から閉会式まで、一度だけ付き合ったことがある。
東京五輪の前年に開催された山口国体、県旗があふれて、旗には正式名称を何と呼ぶのか判りませんけど、県章?、徽章?、マーク?(↓ ↓)が、あふれかえっていた。

d0007653_6114280.jpg下から二番目(⇦ ⇦)、マンホールの蓋などに付いていたので、下水道局のマークか何かだろうと思ってたのは東京都、つまり、関東七都県のマークを北から順に並べてみたのですが、じっくり観察してもどれが何処の、何を表してるのか、さっぱり判らない。                                    
d0007653_7112159.jpg茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川と並んでいるのですが・・・・・。
山梨、富山、青森(⇨ ⇨)
「山梨と静岡、どちらかは絶対に富士山を使うだろうな~」
と思って調べると、静岡が使っていました。
でも、単独の旗だけを見たら、真ん中の富山の旗だって富士山に見えなくもない。
右肩に宝永山のでっぱりが見えない富士山、「これって山梨側から観た光景じゃあないの?」な~んてイチャモンもつけられる。
d0007653_820381.jpg
そんな中での「これぞ県旗、県のマークだ、誰にでも判る」のは青森県。
下北半島と津軽半島が陸奥湾を囲んだ、本州最北端の地形をそのままマークにして、リンゴの画なんか出てこない。
一目瞭然がいい。
訳の判らないデザインよりズ~ッと素敵です。
判ることをイの一番に考えるべきだよね、こんなのは。
車輪から六本も角が突き出した東京都のマーク、その一本一本には意味だとか理由が付いてるのでしょうが、そんなことはダ~レも知らない。d0007653_8202674.jpg
マンホールに六ヶ所から下水が流れ込んでる図だと思っていましたもの。

昨夜はサラリーマン時代に使ってた『記者ハンドブック』(共同通信監修、昭和六十三年発行)をベッドに持ち込んで寝入った。
コンサイス辞書の大きさ、厚さは四分の一ぐらい。
難読地名(長野・上水内=かみみのち、長崎・彼杵=そのぎ、鹿児島・姶良=あいら)とか、ローマ字表示の正しい日本語訳とか、中国の略字、紛らわしい地名などをパラパラめくってました。

北海道の納沙布岬とノシャップ岬は、ま~つたく違うんですね~。
『サ』と『シャ』の発音の違いは道東・根室半島の先っぽと、道北・稚内の先っぽの違い。
二つの岬は、直線距離にして四百キロも離れてる。
夏休みに岬の先っぽで待ち合わせたカップル、キット四百キロも離れて、しょっちゅう時計を気にすることになる。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-07-25 09:15 | カテゴリー外
2012年 07月 24日

芋 団 子

あと、たった三日で閉店です。
ロンドン五輪の開会式の日に、十九年続いたお店を閉じちゃいます。
好きな焼酎入れて貰って、ソイツだけ飲んで、おつまみには余り色気を見せない。
何を食らってもおいしいのに、酒が入るとお通しの小鉢一個で何時間でも飲んでいられる。
成城の南口・『けんどんや』さん。
d0007653_7313414.jpg
中でひとつ、お蕎麦屋さんで飲んで最後にザル蕎麦すすって帰るのと同じように、ココでは『芋だんご』を食らって帰ってる。
ママさんは小田急線の川向こう、登戸で生まれ育った。
子供の頃のおやつがコレであったらしい。
川崎市多摩区の何処か、今では一軒しか残っていないお店で見つけて、懐かしい昔をメニューに加えた。
そいつを甘辛醤油だけでシンプルに出してるジャガイモで作るお餅です。
でっかく切った海苔がいい。
閉店を残念がる、その何パーセントかはコイツが食えなくなる分だと思うほどに旨いんだ。

日本茶は細かく等級が分かれている食品、上に行くほど、値段が高くおいしい。
海苔も同じで、艶、味、パリパリ感は等級によって違って、やはり高い分が味の違いになる。
浅草じゃあ、遠の昔しに作られなくなったけど、大小の河川が入る東京湾産の"浅草海苔"は、いたって旨い、上等品は驚くほど高いけど旨い。
噛み応えのない、柔らか肉なら何でも「オイシ~ッ」な~んて歓声あげるブランド牛と違って、美味しい海苔は噛み応えが残つて、牛肉からは消えてなくなった草の香りに等しい香りが漂う。
日本の食品の中で等級を信じられるの、今やお茶と海苔だけですね。
ソノいい海苔を巻いた芋だんごが驚くほど美味しいんです。

売ってるお店の場所を聞き出しておくための残り時間、今日を入れてあと三夜
[PR]

by molamola-manbow | 2012-07-24 08:06 | 酒・宴会・料理
2012年 07月 23日

二年ぶりの花火の夜

d0007653_6594616.jpg
「アノ搭、何とかならね~のか」などと。
欲深いね~、ニンゲンは。
確かに邪魔ではあるけど、ひとつは照明搭、もう一個は審議搭というのか、審判搭と言うのか。
府中競馬場の第三コーナーに設けられたレース中の不正乗馬を見守ってる競馬にはなくてはならない搭です。
花火はファンサービスのひとつであって、目的はあくまでも競馬をするところ。
必要な搭なんですよね~。
「去年中止となった分も一緒に打ち上げろ」な~んて、無茶な電話を入れたヒトもいたらしい。

d0007653_648541.jpgd0007653_6491533.jpg
昨夜はソノ府中競馬場の、"邪魔な審議搭"越しの花火を観に、大挙して友人宅に押し掛けた。
芝生の上に寝転んでると、真上で花が開くような場所、生ビールの屋台、鉄板焼き、心太(ところてん)屋さん、その他いろいろ。
飲んで、食って、寝転んで六千発を堪能しながらもニンゲンの欲には限りがない。
もっといいところを求めて、アフリカの地から野を超え、山を越え、海を越えてパタゴニアの先まで。
ワールドカップの金よりも「五輪の金」だと、ヤマトナデシコもロンドンに乗り込んでったし。
比べて邪魔な搭などはたいしたことない。
六時から宴は始まって、七時半からの真打ちを見上げて、お片付けに入ったご近所の常連さんに急き立てられて腰をあげるまで。
毎年のことながら飲んで食うだけを決め込んでる。
この忙しく立ち働いておいでの背中(↓ ↓)、ご近所の町内会長さん・・・・・?
d0007653_894472.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-07-23 08:20 | カテゴリー外
2012年 07月 22日

共同開催じゃない経堂の夏祭り

d0007653_5393836.jpg
この狭い道(↑ ↑)を、渋谷、日比谷を経由して東京駅まで行く東急と都バスが走ってた。
十五円で東京駅まで行けた路線は廃止され、一方通行は逆向きとなって、車は現在、逆方向から登ってくる。
下って烏山川に至る狭いせまい道に笛、太鼓が響いて、昨日と今日は夏祭り。
狭い道ですからからゴッタ返して見えますが、一向に盛り上がりません。
『経堂祭り』の名前で始まって、四捨五入すると四十年の歴史にもなるのですが、出し物は阿波踊りとサンバ、連はいずれも借り物です。
経堂と言う街、たしか商店街が五団体ほどに分かれてて、仲が悪いと言うのか、独立独歩を強調したいのか・・・・・?
経堂のお祭りと銘打ってるのに共同開催じゃないんだ。
『農大通り商店街』のお祭り、駅の反対側はシラ~ン顔なのです。
北口・すずらん通りの"シラ~ン顔商店街"側には、一日の昇降客が「百人にも満たないであろう」デッカイ階段を持つ商業ビル・『CORTY 』がある。
舞台にもなれば観客席にもなるこの階段、「こんな時を外したら、他に使い道はね~だろう
でも、階段は冬に猛烈な勢いで吹き上がる北風専用のまま。
高架下のタクシー乗り場に小さな舞台を設えて、阿波踊りの連も、何処から連れてくるのやらの青い目サンバも、タクシー乗り場から狭隘(きょうあい)な道へと錬り出して行きます。
お祭りには付き物の屋台、置くスペースがないから更に細い横道にひっそり。
d0007653_6165727.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-07-22 06:46 | 地元・経堂
2012年 07月 21日

Tennessee Waltz

d0007653_915034.jpgd0007653_925443.jpg
成城に壁中レコードで埋まってるカウンターバーがあって、Patti PageTennessee Waltz はよく聴いている。
お店に入るとかけて呉れるようになったのだけど・・・・・。
昨夜は江利チエミのデビュー曲の方を聴きたくなって、マスターに尋ねた。
最近観たTV ドラマで、曲を狂言回しみたいに使っていたのがきっかけ。
ありませんでしたね~。
「有るかい?」の返答、「一枚置いておきたいのですが、程度のいいのがみつからない」

十九年続いた居酒屋さんが来週の今日、二十七日で十九年間続いたお店を閉じるので、「一人でも名残りを惜みに出掛けたい」と思ってたところへ「暇だったら行きませんか」の誘い。
昨夜はふたつ返事で出掛けて、そのついでに足を運んだお店・『Rim Shot 』。

d0007653_95587.jpg主役は一週間後にはなくなっちゃう居酒屋さん『けんどんや』さんの方でした。
口開け間近に訪れたのに、タッチの差で席にありついた四人掛けテーブルが最後の空席、みなさん名残りを惜しみにやってきてて、しかも閉店まで席を立とうとしない呑ん平ばかり。
「暇だったら行きませんか」のオトコ、ギターなど抱えてきてた。
そして満員のお店で「名残りに一曲」などと。
LP まで出してるクラシックの先生だから腕は達者、騒々しいギターじゃないから皆さん耳そばだてて聴いてくれて、リクエストなども飛び出した。

d0007653_9143171.jpg惜別の曲ならショパンの『別れ』とか、新作では椎名林檎の『ここでキスして』とか、曲名は知らないけど『ゆず』にも何曲がいいのがある。
そんなのやらなくて、リクエストも定番の『禁じられた遊び』なんか。
「あれやってくれ」と、ココでもTennessee Waltz が聴きたかった。
江利チエミは若くして亡くなりました。
Patti は八十ン歳にして全国ツアーなど実施する元気いっぱいオバサン
[PR]

by molamola-manbow | 2012-07-21 09:30 | 酒・宴会・料理
2012年 07月 20日

クネクネ曲がるHug Light

d0007653_6411520.jpg商品名は『Hug Light 』と言います(← ←)。
アームの部分が自由に曲がるので何処にでも巻きつけられます。
首からぶら下げてもいい。
自転車のハンドルとか、己の腕にも巻きつけて使用することもできる。
頂いたのは今年の五月、膝の上に「釣りに便利かもよ」と、無造作に投げて寄こした。
二つあった片っ方、ヨットデザイナー・林賢之輔氏にも差し上げてた。
電気屋さんかな~、コチラ(↓ ↓)は去年頂いた。
d0007653_82496.jpg釣りが趣味ですので、真冬にはまだ真っ暗闇の早朝の磯に立ちます。
首にぶら下げときゃあ自由に両手が使える。
「ヘッドライトよりも便利かも」と、痛く気に入ったmanbowに比べて、氏に使い道はあるのだろうか・・・・・?
そんな考え、取り越し苦労でしたね。

グイ~ンと気温が下がって前日までの熱帯夜が解消されたので、コイツをお供に昨夜は街灯所々の烏山緑道へと散策に出た。
片っ方は足元に向けて、もう一方は前を照らして。
歩いておいでの方々、一様にギョッとなさいます。
d0007653_6594522.jpg一瞬立ち止まったり、急いで道の反対側へと歩を移されたり、「何をぶら下げてるんだ~?」みたいに盗み見なさって通り過ぎたり、ワン公が立ち止まって下から見上げたり・・・・・。
懐中電灯を顎の真下に置いて顔を照らすと、とっても不気味な陰影が浮かびだす。
天下御免の色男・manbowをしても、幼い子供なら泣き出すほどのお化けの顔へ。
初使用して、プレゼントしたい顔が二、三浮かんできました。
何処で購入したらいいのだろう?
今度逢ったら、尋ねなければなりません。
釣り仲間に差し上げるのいい。
旧式の重いヘッドランプを使用してるんだ。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-07-20 08:04 | カテゴリー外
2012年 07月 19日

犬のトリミング屋さん vs ヘアサロン

d0007653_7361754.jpg
写真には三人のお嬢さんしか写っていませんが、柱の陰にもう一人おいででした。
カメラを向けたのには理由がある。
d0007653_7523593.jpgマンションの玄関をはさんで、こちら左側はお犬様用、反対の右側は人間様用、二つの美容院が隣り合って営業してて、こちらは大入り満員、反対側はお客さんひとり。
見慣れた光景なのでしょう。
道行く人は一向に関心など払わずに通り過ぎて行きますが、人間様とお犬様の"ヘアサロ"が隣り合わせ。
しかもお犬様の方が大繁盛です。
立場逆転に「オモロ」を感じた。
場所はmanbowが住まう小田急線・経堂駅のひとつ先、千歳船橋駅真近の城山通りに面した一角です。

トリミングなど一切してない中型のスタンダード・プードルを見たのはそんなに昔じゃない。
全身モジャモジャの毛に覆われて、前が見辛かろうにと思う毛の間から、賢そうな目が覗いてて、それはもう可愛くて、愛嬌があって、主人に忠実な犬、「本当にプードルかい?」と、疑っちゃいました。
プードルの姿が普通に見られるようになったの、高度成長期の前後です。
すでにアノ不思議なカットは定着してたし、映画に登場するプードルも全てアノ形だったから、「なんちゅう、みっともない姿の犬なんだ」
カットされてたとは思っていませんでした。

プードルを含めて愛玩犬をトリミングしちゃうのって、犬のためになるのでしょうか?
蒸し暑い日本の夏、「たまらんだろうな~」みたいな気持ちは抱かせる。
野山駆け回ってた時代には藪に引っ掛かけて、無駄な毛は落ちてたに違いないし・・・・・。
「イヤイヤ、野郎たちは冬毛と夏毛を使い分けてる。トリミングなんて人間様のエゴにすぎん」
こちらにも賛成一票を入れたいし・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-07-19 08:52 | 地元・経堂