Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 30日

  三年掛けて手に入れた本

d0007653_9475555.jpg
石井謙治著の『和船』(法政大学出版)、 冊で700 ページを超え、一行50 字でびっしり。
挿絵、浮世絵もふんだんですが・・・・・。
引き合わせてくれたのは、何処から見ても関連付けられそうもない『酒肴奇譚』(小泉武夫著=中央公論)です。
しかし、あったんです。
第五話に兵庫・灘から江戸へ、出来立ての新酒を競争で運ぶ新酒番船(廻船の意味)のお話が

山口素堂の俳句
  目には青葉 山時鳥(ホトトギス) 初松魚(カツオ)
                     をもじるとしたら
  目に銀杏 百舌鳥(モズ)山篭り 新酒グイッ

晩秋に仕上がった灘の生一本を、誰よりも早くグイッとやりたくって、江戸っ子は番船の到着を今や遅しと熱狂しながら待ちかねていたらしい。
『酒肴奇譚』にはそんなお話がつづられていたんです。
これって『日本最古の帆走レース』じゃあないか
詳しい話が知りたくって、調べてみて所要時間に▼五日(小泉武夫説)と▼58 時間(和船の石井謙治説)の二つがあることを知り確かめたくなった。

探し回っていた本、三年かけて古本屋で入手です。
d0007653_1292922.jpgパラパラとめくり真っ先に読み進んだのは、新酒番線が書かれている『江戸開運の象徴的行事 新綿番線と新酒番線』から。
寛政二年(1790 年)の記録に▼‶58 時間″、ありました。

読み進みますと一位、二位の順位はあっても、タイムの記録は存在していないらしい。
そこで西宮出発の時刻を慣例通りに卯の刻(午前6 時)スタートで計算した所要タイム。
このタイムも番船が品川沖に到着後、酒樽を伝馬船に積み替え、日本橋に荷卸しするまでを競っている。
そんな訳で「帆走時間はもっと短縮される筈だ」と述べてます。
西宮~品川間の海路は少なく見積もっても700キロ強、平均速度6.5ノットと弾き出した。

逆走ですがね、知り合いのヨット・『KoKoLo』が東京湾・木更津から西宮へ、ノ~ンビリと三日を掛けた海路、四日だったかな?
                写真は平成17 年に復元された北前船・『みちのく丸』
      全長32m、全幅8.5m、深さ3m、帆柱までの高さ28m、千石積(重量トン150 トン)


d0007653_11541467.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2014-01-30 12:17 | ヨット
2014年 01月 29日

  海の中はこれからが厳冬期

「ムムムッ、もうシャブシャブの季節到来か~」と、舌舐めずりでしたね。
葉山マリーナのポンツーン下、覗き込むでもなくフト眺めた海底に、ユラリと揺らめくワカメです。

磯場に立ってワカメを刈り取る。
まだまだ先の楽しみだと思っておりました。
磯端から柄の付いた鎌を海に突っ込んで、味噌汁の具を採っておいでの真鶴町民、その光景に狩猟採取民族の末裔の血が騒いだの、三月半ばの出来事でしたもの。

d0007653_73666.jpg海から真鶴を訪ねてきた25フィート艇・『OmOO 』に拉致され、短パンの軽装で江の島へと渡ったのもその直後です。
江の島のクルーザー溜まりも、やはり、とんでもないことになっていた。
ポンツーン下、商売になるほどのワカメ密林
このことを思い出しまして、真下のワカメを指さしながらお世話になった『MESTICA 』クルーの皆さんにワカメ密林をご注進に及びました。
素っ気なかったと言うか、流石は隣り組の湘南ヨットと申しますか・・・・・。
「アア、アレね。喰らうと下痢を起こす」
江の島海岸に流れ込む境川、全国屈指の汚れ川ですし、船溜りの皆さんはキャビンのトイレを使いますし・・・・・。
それでは、葉山マリーナのワカメに関しては?
「喰ったと言う話、聞いてないな~」
で、海からの春の贈り物、採取しませんでした。
海の中の季節の移り変わりは、確か陸より二か月遅れ。
ワカメの最盛期はこれからです。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-01-29 08:50 | 潜り・磯釣り・海
2014年 01月 28日

  古いCDが出て参りましたが・・・・

d0007653_012298.jpgd0007653_063255.jpg
     クジラの尾っぽマークを大きく膨らませてスピン・ラン中の艇はHinano2005年5月のKENNOSUKE CUP レースでの一コマです。
                より軽量に出来ていて、小さく、扱い易いスピンに付け替えて走るHinanoがこちら(↓ ↓)。
                       縦縞模様の前帆はジェネカーとかクルージング・スピンと呼ばます。
                  三浦半島の突端、城ケ島沖をスタートして伊東を目指した26マイルレースでした。  
d0007653_19514294.jpg
十年一昔みたいな古い写真を持ち出した訳、それは「レース中にスピンの付け替えなどしたかな~?」の、どうしても思い出せないクエッションにありました。
TV下のDVDCDを整理中に出てきたレースの記録カセットを再生したら、前帆がクジラから縦縞へと途中で変わっているのだから、レース中のスピン付け替えは紛れもない事実、それなのに何度思い出そうとしてもそのシーンが出てこない。
一応、スピンポールをセットする『ポールマン』の役を「仰せつかっていたのに」です。

思い出せないこと、まだありました。
5ノット程度で走ってタイムリミットのゴールへ「ギリギリで滑り込めるかも」のレースは、二時間も走らないうちに微風に変わって参加全艇、止まったようになってしまいます。
そんな天候になって仕舞ったのでトウシロウのmanbowにもラットを握らせてくれたのだろうと想像しますが、その場面も記憶から飛んじゃっております。
黄色い庇帽をかぶってラットの前に居るのがオイラ(↓ ↓)、突っ立っているのがオーナースキッパーの耕ちゃん。
油を流したような海面に変わって、お情けで握らせてくれたのでしょう。

            でも、42フィート艇のラットを任されて、「オイラはレースに出たんだぜ」のショットで御座います。
                             証拠写真もCDもあるし
d0007653_1905329.jpg
 
d0007653_1022823.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2014-01-28 10:24 | ヨット
2014年 01月 27日

  葉山~熱海往復、そして・・・・・

d0007653_12272721.jpg
穏やかな朝日が熱海のサンビーチに顔を出した。
こんな太陽が昇ってきたら、誤魔化されます。
海は遥か彼方まで凪ぎ渡っているし、前日、24日に葉山マリーナから32フィート艇『MESTICA 』を出した時の海も コンナだったのです。
ところが・・・・・
「午後から吹き上がるよ。できるなら出航は見合わせた方がいい」
そんなハーバーマスターの忠告を、「注意の上に注意して出掛けます」と断わって、吹かれまくって、スプレーを浴びまくって到着した熱海です。
帰途は「出来るだけ早めに船を出そう」と、朝食を済ませるとすぐにもやいを解いた。
ハーバーマスターの忠告は半分当たって、半日分翌日へとずれた。
葉山に戻ってしばし、風速計の目盛りは上がり始めて、夕刻を過ぎ真夜中に掛かる頃から海は暴風雨に変わりましたもの。
海の気象変化は判り辛く複雑です。
二日間とも、文句の付けようがないほど空は晴れ渡って呉れたのですが・・・・・

d0007653_1338948.jpgd0007653_13353457.jpg
   寒風に頬を晒しつつ5 時間を掛けて葉山から熱海へと海の上を25海里、「何が楽しいのかい?」と疑問を呈しちゃうでしょうね。
行きは3 時間もショッパイ飛沫を浴び続けて、カッパをビショ濡れにするクルーズですもの。
熱海からの帰途は気温が15度まで上がって、ポートサイドからまずまずの風も貰い、葉山に帰りましたが・・・・・。
真鶴に住まうオイラにとって熱海は駅数にして二つ先、港で待ってて皆さんを出迎えて、翌朝「また来いよ」と送り出せばいい。
一時間半も電車に揺られてスプレーを浴びに行き、また同じ時間を揺られて戻る。
海が好き、荒れても好き、濡れても、寒風に吹かれ続けても、ヨットが好き、なのですよね~。
 
d0007653_12255514.jpg
では、何をしに葉山から熱海へと、25海里を渡ったのでしょう?
最高齢76歳、一番下だって60 ン歳の高齢者軍団八人がです。
飲み放題、歌い放題で4,000也のカラオケパブでした。
母港・葉山に戻って、キャビンで飲んで、まだ飽き足らずに逗子のカラオケ店で熱海の続き
                                             バカですね~、皆さん
                                        
d0007653_12252862.jpg
d0007653_1226666.jpg
d0007653_14382350.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2014-01-27 09:56 | ヨット
2014年 01月 26日

  飛行艇の離着水訓練に出合ったド

d0007653_1022482.jpg相模湾の小田原~真鶴間で海難救助飛行艇・海上自衛隊のUS-2が離着水訓練をする場面に遭遇した。 
かなりの低空を盛んに旋回する飛行艇を視認したのは大磯沖のあたり。
「遭難者でも探しているみたいだ」の声が期せずして上がって、注意して眺めていましたところ、いきなり着水です。
飛行艇側にとっては予定の行動、いきなりというのはこっちの見方で御座いますが・・・・・。
着水も離水も、大迫力でした。
波高、3メートルはあったと思っている。
真正面の目的地・熱海から吹いてくる15メートルの烈風に、32フィート艇・『MESTICA 』(スペイン語で混血)はドッスン、バッタンと腹を打ち続けた。
波間をピョッコンピョッコンと真っ白なウサギが飛んで、その波に乗り上げた『MESTICA 』はドスンと腹を打ち、コックピットのクルーはその度に海水を頭から浴びる。
d0007653_10242381.jpgそんな荒れる海での離着水訓練、見ごたえ十分、迫力がありました
同時に「世界一だ」と評価されているSU-2の性能の一端に舌を巻いた。
着水も離水も、その距離の短いことといったら!!
感覚的には10メートル足らず。
小学校の25メートルプールでも離着が出来そうなほど短いんです。
「エンジンの回転があがったぞ」と思う間もなく、機体はスイッと空に浮かんで、大量の海水を大迫力でまき散らしながらもう滑空です。
去年の初夏、金華山沖で救助されたTV タレント辛坊治郎も唸ったでしょうね。
荒れる海にこのUS-2が強行着水して事なきを得たのですもの。
葉山マリーナから熱海への相模湾クルーズ(24~25日)で、荒れる海を忘れた時間帯、この30分ほどの出来事でした。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-01-26 11:46 | ヨット
2014年 01月 24日

  本日は寒風クルーズ

d0007653_6363290.jpgお宮の松の真下、岩礁帯に砂を入れて海水浴場を作った熱海・サンビーチの隣に位置するヨットーハーバー。
季節にマッチしてドンヨリと、寒々とした光景に見えますが、十月初旬のショットです。
『海の道化を進めている』んだとする記事を何処かで読んで、賑やかな千葉・保田のポンツーンを想像して出掛けてた折りの写真です。
賑わい、御座いませんでしたね。
‶保田温泉"のお風呂みたいにお湯をトラックで運ぶ必要はないし、ポンツーンは比べ物にならないほど広々としているし・・・・・。
でも、周辺にお食事処がない。
水と燃料を補給出来て、船をつなぐことができれば最低限の海の道、「船で熱海を訪問」は可能ではありますが・・・・・。

今日はその熱海を目指して葉山から船を出す相模湾横断クルーズです。
真鶴ー熱海間は正味十五分ほどの二駅目、寒い寒い真冬にわざわざ寒風に吹かれに行くなんて、ですよね~。
ご覧のように、船が係留されているだけのポンツーンで、魅力はないし・・・・・。
魅力は海だね、寒波は緩みましたしね。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-01-24 07:02 | ヨット
2014年 01月 23日

  ツワブキの花に・・・・・

d0007653_18523779.jpg
                       土手の一隅を占拠して繁茂するツワブキ(石蕗)、ここ真鶴近郊では珍しい光景ではない。
                                      それこそ、そこかしこで見掛けます。
                          でも、大寒の前日、蕗の薹を見つけたばかりの眼にはこの群は異常と映った。
                                           「もう花かよう」と。
                        ツワブキの花期、こちらは晩秋であって、今頃花を付けているのは季節遅れ。
                               結構な遅咲きに入っちゃうんだということは帰宅してから知る。
                     「確かにそうだ。引っ越し前の庭に植わってたツワブキは、十一月頃に花を付けてたっけ・・・・・」

                                オイラの通信簿に記された常套句は『注意力散漫』
                                  毎期、毎学年、判で押した様な朱文字でした。
                              「当たってやがるな~」を、久し振りに感じたツワブキです。

                                       こちらも違うかも知れません。
                               蕗の茎には空洞があるのに、ツワブキにはそれがない。
                     箸休めとか、お通しに出てくるツワブキの煮付け、大好きなものでして、その様に感じるのです。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-01-23 08:49 | 犬・猫・蛙に動植物
2014年 01月 22日

 部屋のゴムの木

d0007653_822429.jpgd0007653_8112760.jpg
20085月に使った写真(↑ ↑)の使い回し。
「ドス~ン」はオーバーですが、重い葉っぱですから落ちると音がして、頭の上が落下点となった場合などはドキッです。
併載したのは同じゴムの木の無残な姿に変わってしまった現在の姿。
途中から二股に分かれていて、太さで比較すると主幹側が無残な姿へと変わりつつある方、枝幹側は何ともありません。
切り取ってしまった方がいいのか、春には新しい葉っぱを繁茂させてくれるのか・・・・・。
園芸の方はさっぱりないので、栄養補給にと米の研ぎ汁を水代わりに与えたりしておりますが、落葉は止まるところを知りません。
ゴムの木のためには思い切って切り詰めちゃった方がいいのかもしれませんね~。

小さなティーカップ程度の容器の中から、細い15センチ程の芽が一本だけ。
頂いた当時と比べると驚く勢いで伸びて、一時は天井を突き破らんばかりに天を目指していたゴム、あの勢いは何処に行ったのでしょう?
切り取っちゃう判断、「今でしょう」であっても、躊躇しちゃうんですよね~。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-01-22 09:37 | 犬・猫・蛙に動植物
2014年 01月 21日

  背中のワンポイントは・・・・・

d0007653_8482541.jpg神奈川県の西の外れ真鶴は江戸城構築にも使われた小松石の産地でして、その特産品を使った石垣が矢鱈と目につく街ます。
石組みはニホントカゲの高級住宅地にもなっていて、これまた矢鱈と多い。
遊びに訪れた古い飲み仲間さん、塩ビ製のトカゲまで拾ったんですよ。
ライフベストの背中に鎮座するワンポイント、そいつがコレです。
泳ぎがとっても上手な生き物、守り神としてもいいでしょd0007653_8541114.jpg
と言うのは後付け理由、「ギョギョッ」とさせるのが主目的ですね。
使用機会がなくてタンスの中に仕舞いっ放しだったライフベスト、久々に引っ張り出してこんな悪戯をしていたことに気付いた。
取り去った方がいいのか、このままで構わないか・・・・・。
葉山から熱海への相模湾クルーズに、「乗らないか~」と誘われたものの、クルーの皆さんのことはほとんど知らないんです。
「キャ~ッ」、ドボ~ンじゃあ不味いですものね。

ただ、ニホントカゲのサイドに立って言わせて貰えれば、益虫の筆頭みたいな生き物ですよ。
蚊や蠅を退治してくれて、ヒッソリ生きつつ何一つ人間に害を及しません。
捕まえると結構な大口を開けて噛みついたりしますが、歯を持たないから痛くも痒くもないし、何よりも毒を持たない。
アフリカを出発してからの二十万年、人類は爬虫類に滅多矢鱈と痛めつけられてきたのでしょう。
このことが骨身に染み付いていて、爬虫類と聞くだけで怖気を震いますが・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-01-21 10:14 | ヨット
2014年 01月 20日

  初代のコスモスポーツと出合ったド

d0007653_1442913.jpgd0007653_14423370.jpg
探し回ってPC から 借用したミニカーの車体です。
「アアアア~ッ」の声すら揚げられぬ内に交差点を右から左へと走り過ぎてったんですよ。
「健在だったんだ~」の驚きと安堵、「日本車はもちろん、世界と比べてもベストワン・デザインはコレ」と、いまだに惚れ込んでいる車、生産中止は札幌五輪(72 年)の年だったと申しますから、極々内輪に見積もっても40 年以上も走り回っていたことになります。
となると、中古車価格も知りたくなります。
我が青春時代の新車価格を超えること約三倍、400万前後で取引きされてます。
タ~クサンのファンがおいでになるんですね~。
半世紀前の車がクラシックカー価格で取引されているんですもの。
それにしては目にする機会が無かった。
オーナーは至極の宝物を扱うみたいに、タ~イセツの二乗みたいな乗り方をなさっているに違いない。

ご存じだったでしょうか?
マツダがまだ東洋工業と名乗っていた時代に、世界初のロータリーエンジンを載せた車として開発した初代のコスモスポーツ(67 年~)。
現代社会に再登場したとても、カー・オブ・ザ・イヤーに輝きそうな感激モノのフォルムでしょ
デザイナーは故・小林平治、このことは今回初めて知った。
そのうち調べてみるつもりでおります。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-01-20 09:51