<   2014年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 30日

  堀江謙一以前に太平洋を帆船で渡った先駆者 番外

d0007653_9223388.jpg
外洋クルージング・レースの世界で、このヨット(⇧ ⇧)の名前を御存知ない人はだ~れもいない。
現在は『あらいぶ』に名前は替わっておりますが、エントリーするだけで優勝候補に名が挙がる艇とクルーでした。
三重県鳥羽から江の島沖を目指す『鳥羽パール・レース』の二連覇を含め、候補にふさわしい成績を残し続けて、豪名は東南アジア周辺にまで及んだ。
‶より軽く”を目指したレース艇じゃあ、ありません。
堅牢なヨットを作る林賢之輔デザイナーの傑作艇、Hayashi 34ft の後ろにPlus1Custom と付く。
スキッパーは左から三番目の男性、クルーからは『ユさん』と呼ばれておりますが、オイラは名前の一字を取って『祐さん』。
手を振っておいでの祐さんの奥方が右腕でした。
2人で国内外の外洋レースを荒らし回わるうちに、奥方には伝説が生まれた。
「一度ラットを握ったら、もう離さない、絶対に離さない!!

「家内は吉田亀三郎翁と同じ八幡浜(愛媛)の出だよ」
その伝説の奥方の実家に関して、こんなmail が祐さんから舞い込んだのです。
これだけでも「オオッ」なのですが、「母方の大叔父は打瀬船でアメリカに渡った一人なんだそうだよ」と言うのです。
大叔父の名は田淵朝吉、六隻のどの打瀬船で太平洋に挑んだのか、詳しい話は一世紀も前の出来事なので判らないのですが、名前を頼りに探って行くと・・・・・。
大正4 年に伊豆大島経由でカナダの西海岸・ケチカンに上陸した琴平丸に、田淵朝秋の名を見つけた。
十八歳の若さで琴平丸の梶を任された若者です。
30 年ほど前にはNHKの新日本紀行で取り上げられたこともあるらしい。
祐さんいわく、「灯台守に気に入られて、一人だけ上手くかくまわれたものの、皆と行動を共にしたいと出頭して、一緒に強制送還となったようだ」
ヨット仲間に早速、御注進~んです。
その反応は、すべからく「血は受け継がれますね~
                                                打瀬船の概略図
d0007653_11472062.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2014-05-30 11:22 | ヨット | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 29日

  堀江謙一以前に太平洋を帆船で渡った先駆者 その4

昭和5210 月にスポーツニッポン紙が四回続きで連載した『八幡浜の大正のジョン万次郎たち』(⇩ ⇩)。
小島敦夫著の『密航漁師 吉田亀三郎の生涯』は、コイツを取材し直す段階で浮かび上がった。
聞き回っている内に「新聞のアノ人らはホンケじゃあありませんぜ、アメリカ亀やん、吉田亀三郎がホンケモンですら
ホンケの意味、本家を指すのか、本物を指すのか・・・・・。
d0007653_739437.jpg

明治時代の北アメリカは労働力不足が顕著で、働き手をあらゆる業種が欲しがっていた。
正規の移民に加え、不良船員に礼金を支払って貨客船の倉庫に隠れ、、到着と同時に夜陰に紛れる。
そんな密航がかなり横行した背景があった。
日本と向こうの賃金格差には大きな開きがあって、数年働いて帰国すれば立派な家が建てられたのです。
連載記事は大金を稼いだ正規移民の話と、貨客船に隠れた密航などの話がゴッチャ。
打瀬船により密航に関しても、漂流紛いの苦難の到着を書き、大正時代初期に帆船で太平洋を乗り越えた意義には触れていない。
吉田亀三郎は明治45 年の住吉丸、翌大正2 年(明治45 年は30 日から年号が大正に変わる)の東行丸と、二度に渡って太平洋を越えている。
ホンケモン、アメリカ亀やんまで到達出来なかったのは、ここら辺りが原因だったに違いない。
愛媛・宇和海からこの後に続いた四隻の内の天神丸にスポットを当てた記事になってしまった。

d0007653_11451268.jpg   ▼みかど丸(金毘羅丸=大正 年)魚崎亀吉船頭ら9人、全長20m
   ▼天神丸(大正 年)上野菊松船頭ら15人全長、17m
   ▼大福丸(大正 年)石岡正一船頭ら8人、全長19m
   ▼琴平丸(大正 年)牧野彦六船頭ら7人、全長14m

上記の船、全てが宇和海で底曳き漁を行っていた帆船・打瀬船です。
打瀬とは船を横向きにして面積を広げ、風に任せて引く網のことを指す言葉が最初、ここから打瀬網で底曳漁をする漁船を意味するようになったらしい。

相次いで太平洋を乗り切った六隻もの打瀬船は、間切り性能(風上への航行)の悪い和船の常識を覆す快挙です。
何処に特徴があったのかを、海洋ジャーナリストの筆者は解説しています。
当時の和船で使用されていた帆掛け船スタイルの横帆と異なり、中国のジャンクに似た縦帆を使用していたんだと。

d0007653_11443310.jpg現在のヨット同様に横風を前進力に変えられる帆、「漁の最中はの~んびりと風上に向かって網を引くが、風下まで遠く持って行かれた船を、風に逆らって帰ることになる漁の必然が生んだ帆であろう」
このドでかい網を収納するスペースを、打瀬船が持っていたことも長期の外洋クルージングを可能にさせた。
作業効率を上げるために甲板を板で覆っていた構造も船底への波の侵入を防いだらしい。
従来の和船は甲板が丸裸で、打ち込む波には極端に弱かった。
千葉・木更津から兵庫・西宮に居を移した『KoKoLo』( ➡ ➡ )はHaiibery Rassy31 フィート。
吉田亀三郎の『住吉丸』は、現在のクルージングヨットの主流艇、34~35 フィート辺りの大きさでした。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-05-29 10:49 | ヨット | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 28日

  堀江謙一以前に太平洋を帆船で渡った先駆者 その3

d0007653_1050367.jpg
d0007653_10343216.jpg小さな帆船で海に挑んだ冒険者達の中で、冨に有名な先駆者は『スプレー号』のジョシア・スローカムでしょう。
1895 年(明治28 年) 月にボストンを出航し、三年と二か月を掛けて反時計回りで世界を一周した。
帆走漁船を改良して作った、ヨット紛いの船でした。
英国・ワイト島を一周して争ったアメリカズ・カップの始まりは1851 年(嘉永 年)、優勝艇・『アメリカ』はニューヨークからの挑戦艇でした。
大西洋を横断する漁船改良型の帆船は数多く生まれ、ヨットも造られ始めた時代です。
しかし、太平洋を最初に横断した帆船は、吉田亀三郎の『住吉丸』の前には一隻もない。
上海から日本経由でサンフランシスコ に渡った二人の英国士官の『タイ・モーシャン』は1933 年=昭和 年、日本人女性・タネ夫人を同伴し、二人のクルーと一緒に上海から長崎ー横浜経由でカリフォルニアを目指した『ハメル・ハメル』も1938 年=昭和13 年まで下ります。

その太平洋横断のイの一番の記録が海事書、歴史書の中に一行もない。
やはり密航の二文字が災いしているのでしょう。
己の意志で帆を操り、自然に打ち勝って目的地へ。
『アメリカに渡ってヒト旗挙げる』と言う密航が動機であっても、己の力で太平洋を横断した事実、これは評価されるべきでしょう。
日本とアメリカで交された当時の公文書の中とか、愛媛の郷土史には、断片的に僅かな記述があるらしい。
より詳しい記録は太平洋の向こうに有ると言うのも悔しいね。

吉田亀三郎の驚きは第一回密航の翌年、もう一度太平洋に挑んでいること。
少し大きい打瀬船・『東光丸』を手に入れて、総勢26 人と共に今度はカナダのブリテッシュ・コロンビア州へ。
二度目の密航、今度は成功して亀三郎以下24人はカナダ、米国で職に就くことになる。

驚く事は他にもある。
吉田亀三郎が企てた1902年の『住吉丸』と翌年の『東行丸』の密航だけではなくて、大正 年(1915 年)までに同じ愛媛の八幡浜一帯、宇和島海から4 隻もの密航打瀬船がアメリカを目指し、全艇が西海岸に到着していることだ(➡ ➡)。
吉田亀三郎の第二回『東行丸』以外の密航者は全員強制送還されちゃうのですが・・・・・。

総勢70人もの密航者を太平洋の向こうまで運んだ和船、打瀬船とはどの様な帆船なのでしょう?
和船の弱点、風に向かっての上り性能に欠けて、追手の風でしか動かないとか。
横波に弱くてすぐに転覆するとか。
キールが無いから直進性能に劣るとか・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-05-28 10:43 | ヨット | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 27日

  堀江謙一以前に太平洋を帆船で渡った先駆者 その2

d0007653_9241614.jpg1962 年の夏(12 日)、うだる暑さの中を一隻の極小ヨットがロサンゼルス港に侵入してきた。
全長5 メートルに満たない『マーメイド』、マストには黄色い『Q 旗』を揚げていた。
コックピット上には東洋人がポツーンとひとり。
オズオズした態度が伺えるし、迷い猫の様に広い湾内をウロウロし始めたのに、だ~れも注意を払おうとはしません。
太平洋を越えて異国のヨットが侵入してくるなんて。
掲げられた『我れ、検疫を求む』のQ 旗の意味、現在以上に認識度は低かったであろうし・・・・・。
金門橋を潜って、ようやく一隻のヨットが興味を示した。
近づいてきて「where are you came from」と叫ぶ。
「ジャパ~ン、フロム オ~サカ」と叫び返した。
92 日間を掛けた堀江謙一青年の太平洋ひとりぼっちのエンディングです。
実際はお隣り兵庫の西宮からでしたが・・・・・。

質の違う大騒動が日本とアメリカで同時に起こる。
ビザ無し、パスポート無しの渡米を外務省、海上保安庁、マスコミ等は一斉に糾弾し始めた。
『早期強制帰国を』、『不法出国を糾弾』、『真似をさせないために厳重処罰を』などなどと。
ロサンゼルス市が不法入国よりも偉業の方を讃えて名誉市民号を贈り、一か月の滞在許可を認めて大歓迎を始めると、日本の糾弾姿勢はガラリと変わった。
杓子定規な国民性とフロンティア・スピリットが生きているアメリカ、日航機による帰国の際は英雄扱いとなりました。

d0007653_10292455.jpg太平洋横断の先達・吉田亀三郎、こちらは明治、大正、昭和とひどい扱いを受けて、意図的にその偉業を歴史の中に埋没させられた観があります。
生まれ故郷・愛媛の西海岸では断片的に語り継がれてきていた。
曰く『『宇和島の帆曳き船で太平洋を渡った冒険野郎』、或いは『仲間四人と語らってアメリカに渡った密航者の頭目』
この噂話を聞きおよんで、ち密な取材を続けて行ったのが海洋ジャーナリスト・小島敦夫著の『密航漁師 吉田亀三郎の生涯』(集英社、2001 年刊)です。
「そこに海があるから」太平洋に挑んだ純な堀江謙一青年の動機に比べ、密航漁師の頭目には「アメリカに渡ってヒト旗挙げる」野心があった。
しかし、1902 年と言う明治期に太平洋を帆走で越えた海事的偉業はとてつもなくでっかい。
沿海帆走オンリーでしかなかった和船の質を再評価するチャンスでもあったのです。
この資料が何処にもなかった。
日本の木造船のその性能にまで踏み込んだ石井謙治著の『和船』(法政大学出版)、この本にも一行も触れられておりません。

明治45 年(1902 年)という年は、処女航海の豪華客船・タイタニックが遭難した年です。
船は帆からスクリューの時代へと移行し始めていましたが、吉田亀三郎の『住吉丸』は全長約10メートル内海用の帆走漁船です。
五月上旬に愛媛・八幡浜を密かに出航し、外房・小湊経由で19 日頃のサンチャゴ郊外到着です。
『マーメイド』が要した三か月に比べ、『住吉丸』はほぼ一か月も早いことになる。
密航と分かって強制送還はされますが、そのスピリッツは開拓者魂の心を揺さぶって、アメリカでは恩赦運動が起こっている。
船を焼いて密航を隠したたことが判って送り返されますが、『住吉丸』で堂々と港に乗り込んでいたら・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-05-27 10:33 | ヨット | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 26日

  堀江謙一青年の前に帆船で太平洋を越えた先駆者が居た その1

d0007653_16361236.jpg
平成11 年に九州で発売された80 円切手を探し出した。
熊本と島原半島に挟まれた内海、有明海で活躍中の漁船・打瀬船です。
どの様な形をした船なのかが知りたくて・・・・・。
d0007653_940552.jpgこの船の漁法は巨大な熊手付きの網を海底に降し、そいつで底を引っかきつつ進んで貝類等を捕獲する一種の底引き船として使われる。
船を船首方法に進ませるのではなくて、風を受ける帆を切手の様に張り、横向きで船を進める。
波の静かな瀬戸内海で発展した船と漁法、明治期には全国津々浦々まで広がったと言います。
この漁法の簡単形、関東でも垣間見ることが出来る。
同じように横向きで船を進めて網を引き、表層の小魚を獲らえる霞ヶ浦の帆曳き船(➡ ➡)がそれです。

この内海用の打瀬船を用い、今から百と二年前、明治45 年(1912 年)にアメリカまで行っちゃった船頭さんが居るんだと言います。
堀江謙一青年の『太平洋ひとりぼっち』に先立つこと半世紀、最初に太平洋を越えた先駆者は、豊後水道に突き出た愛媛・佐多岬の付け根に位置する八幡浜で、打瀬漁を行っていた吉田亀三郎船頭、45 歳の時でした。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-05-26 09:34 | ヨット | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 25日

  何を想像します?  

d0007653_541185.jpg東海道線の線路際に、コイツの群落があります。
これだけ生い茂っていても、どの様な花が咲いていたのかは記憶にない。
穂が膨らんで、初めて目に飛び込んできた。
イネ科の植物、この中にはお米に当たる種がギッシリのはずだから、群落形成には左程の時間が掛からないのでしょう。
姿、形から名付けたに違いない小判草(コバンソウ)。
名前を知った時の感想は、「その様に見えなくもない」と思いつつ、「他にもっと似たモノがあるだろう」でしたね。
蚕(カイコ)のサナギです。
絹糸を紡ぐ繭の中で、一時期をこんな姿で過ごします。
ガキ時代の鯉釣り、サナギを餌として使っておりましたもので・・・・・。

自然が豊かなココ真鶴で、一度もお目に掛かって居ないのはカエル。
山襞を縫う細流はあっても、ゴロタ浜の石の下に潜って消えるほどか細いから・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-05-25 07:24 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 24日

  小さな悩み

d0007653_9412615.jpg



d0007653_10113083.jpgこんな具合になってしまったら、どうすればいいのでしょう?
判りにくい画像ですが右手のマグ(⇧ ⇧)です。
一緒に重ね合わせたクラスがスポツ。
ソイツがどうやっても抜けない。
膨張係数が違うはずだからと、熱湯に漬けてみたけどダメ。
冷凍庫に入れて冷やしてもみましたが抜けません。
無理やり押し込んじゃった訳でもないのに微動だにしないんです。
「抜き取る手立てはないかな~」なのですよ。

若くして死んだ学生時代の親友の姉のお葬式で、亡き友の姪っ子から頂いた。
形見の品じゃあなくて、単なる香典返しですけどね。
スッキリしてて嫌みがないから連れ合いともども愛用してた。
姪っ子とは誰よりも長い付き合いをしていますし・・・・・。
何とかしたいのですよね~。
イザとなったら、マグの口から覗いているグラスの端をペンチで掴んでバリッ。
中のグラスは安物ですから。
そうしても一向に構わないのですが、何か手段はあるはずだと思っているわけです。
見事なまでのスポッ、コレにも敬意を払っていますものでして・・・・・。


[PR]

by molamola-manbow | 2014-05-24 10:30 | カテゴリー外 | Trackback | Comments(1)
2014年 05月 23日

  目玉模様

d0007653_7251249.jpg
広げた羽、目分量にして13 センチほどの巨大蛾(⇧ ⇧)がいた。
同じ姿をしているのに蝶に比べると、こちらは薄気味悪がられる。
顔をほころばせて「ア~ラ、チョウチョ」などと表情をほころばせたりする方には、綺麗が多いのは確かですが・・・・・。
ともに鱗翅目(りんしょうもく)に入る蝶と蛾の違い、何処にあるのでしょう?

        ① 羽を畳んで止まる(蝶)と、広げて止まる(蛾)で分ける。

        ② 活動時間が昼間(蝶)と夜間(蛾)に分かれている。

        ③ 幼虫時代のイモムシ状(蝶)か、毛虫(蛾)の違い。

        ④ 口吻がゼンマイをしているのが蝶で、蛾は注射針。

        ⑤ 鱗粉が少ないのが蝶、多いのが蛾。

        ⑥ 蝶の触覚は真っ直ぐで、蛾は櫛の歯状に広がる、という見分け方もありますが、コイツ(⇧ ⇧)には当てはまらない。

d0007653_7382094.jpgこんな分類法など知らないガキ時代から、蝶と蛾はチャ~ンと分けて呼んでいました。
ほぼ百パーセントの確率でズバリと。
しかし、上記した六項目すべてに例外の蝶、例外の蛾は居るらしいからややこしい。
昼間を好む派手派手な蛾、夜間に活動する地味な蝶

こちらも例外ありですが、多くの蛾は眼玉模様をトレードマークにしてる。
これって捕食者をギョッとさせる効果を狙ったマークですよね。
夜間に活動するのに、何故目玉模様は必要なのでしょう?
夜には寝静まる鳥類が捕食者のはずなのに・・・・・。

「新種を発見したいなら蛾を研究しろ」と、学者は言うらしい。
半端な数じゃあなくて、6,000種ほどもの蛾がおいで。
蝶々とは一桁数が違い、いまだに新種の発見は続いているんだそうですよ。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-05-23 09:37 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 22日

  痩せ細る海岸線

d0007653_73045100.jpg先週の日曜日の国府津海岸、通称かも知れませんが相模湾沿いを走る高速道路は湘南バイパスと呼ばれている。
手前からの五本の竿が仲間、新宿魚連の今年最初のキス釣りでした。

西隣りの小田原・山王海岸しかり、新潟・柏崎原発が建つナガ~イ日本海側の砂浜もしかり。
日本列島は砂が流されて次第次第に痩せ細っております。
滅多矢鱈と波消しブロックを放り込み、岸辺を流れていたかつての海流が変わっちゃったに違いありません。
砂は減り、見渡す限り砂利です。
柏崎原発の護岸修復工事は、年中行事化されているんだといいますよ。
そんな話を小耳にしたの、初めて新潟市内を歩き回ったこの時でした。
「崩れ行く場所に原発かよ」と思う身震いも収まらないうちに2011・3・11でしょ
日本の海岸線、何処もかしこも白砂青松が続いていたのに、いまや何処もかしこも原発に埋め尽くされるは、波消しブロックを放り込まれるは・・・・・。

所得倍増計画以来、政治のやることは顕著におかしさを増している。
今のアベノミクス、増え続ける累積赤字対策は襖の陰に押しやって、眺めやることすら止めてます。
何を置いても真っ先に取り組まねばならない津波からの復旧を後回しにして東京五輪だし・・・・・。
開催地立候補、取り下げるべきでした。
世界中に流れた津波映像、アノ映像を見ていて東京を選んだIOCもおかしいね。

海岸だけではなくて、海の中もえぐれているに違いない。
砂の下に隠れていた岩礁が現れ始めたのでしょう。
初夏を迎えてキス釣りの盛期に入ったと言うのに、針に掛かった最初の獲物がカワハギですもの。
砂地混じりの岩礁帯にお住まいの筈のカワハギを、五人合計で四匹ですよ。
キスにメゴチにイシモチなど、砂浜の住人も針に掛かりしましたが、サーフキャスチティングの竿にカワハギ四匹はかなり異常です。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-05-22 09:57 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 21日

  魚店(いおだな)きなり

お店のオープンは17 時、その太陽光がまだ燦然と降り注いでいる時刻に 分と違わず、祖師ヶ谷大蔵の居酒屋さん、『魚店きなり』の口開け客となった。
KENNNOSUKE CUP 』で出合った女傑の佐和ちゃんから、「祖師谷で久し振りに一杯どう?」と誘われたのです。
すぐに「行く行く」と返事して待ち合せたのがこの日です。
d0007653_929830.jpgただ一つの心配はカウンターに座れるかどうかでしたから、「暇人だからオイラが先に行って席を確保しておく」となって、口開けを見計らって出掛けた訳です。
アッと言う間に席が埋まっちゃうお店、座って一時間、待ち合わせの時刻にはほぼ満席になってました。
そんな人気店で唯一、気に入らないのはお父さん、お母さんが子供連れでやってきて、ココで夕食をおすましになるケースが有ること。
そんなお客さんにお隣りに座られ、時折下から見上げられたりすると気が散っちゃって・・・・・。
「ア~ラ、昔の居酒屋さんはね、子供にご飯を食べさせるところでもあったのよ」などと諭されても、「居酒屋は呑ん平の世界だ」と思っちゃってるものです故。
確かにファミリーレストランに出掛けるよりは「旨いものが食える」気はしますけど・・・・・。

d0007653_9321549.jpg小田急線は町田発22:00 分のロマンスカーが小田原まで座って行ける最終電車です。
早く入って早く消える。
ソイツを実践して帰った一日、おまけに「何時もご馳走になるから」と、ご馳走になっちゃいました。
お返しのためにまた呑まなくては。
遠くに引っ越して、めっきり飲む機会が減りましたから、「佐和ちゃん、また誘ってね!!」なので御座います。 
[PR]

by molamola-manbow | 2014-05-21 09:41 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)