Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 31日

  キス釣りの外道・メゴチ  

遥か遠く、 2 0 0 メートル越えの遠投をこなす猛者もおいでらしい。
砂浜からのキスの投げ釣り、オイラ達、新宿魚連の仲間の飛距離は、気張って投げても 1 2 0 メートル程度でございますが・・・・・。
その 10 0 メートルもの彼方から、明確な魚信を竿先に伝えてくるキス釣りの外道がコレ。
端正で美しいキスに比べてコノ厳めしさでしょ。
「な~んだ、メゴチかよ」などとのたまって、ポイと波打ち際に捨てちゃって、引き波がさらって行くにまかせる釣り人までおいでの魚です。
土地によってはネズッポ、ノドクサリ、ヌメリゴチなどと呼ばれますが、正しい魚名は『メゴチ』ではなくて『ネズミコチ(あるいはゴチ)』であるらしい。
d0007653_924086.jpg

その『ネズミコチ』の中に、極々まれに鼻を突く悪臭を放つ個体が生まれるらしい。
悪臭だけでなく、苦味といいますか、辛味といいますか・・・・・。
焼いても煮ても消えないイヤな味がして、無理をして喰らうと食中毒を引き起こす。
釣り上げると嫌な臭いが周囲に広がるほど強烈なんだと申しますから、持ち帰る釣り人は居ないだろうと思いますけどね。
1 9 7 0 年代の後半から 1 9 8 0 年代にかけて、東京湾口・神奈川・金田湾ではそれなりの頻度で釣れたらしい。
伊勢湾で釣れたメゴチから中毒患者が出た例のあるので、金田湾産が悪さを仕掛ける元凶と言う訳でもないようです。

ほぼ半世紀、釣りにいそしんで来たオイラは、まだ一匹もクサ~イ個体を釣り上げた経験がない。
味が淡泊過ぎるキスよりも、メゴチの甘さを好みますが、もちろん食中毒を起こしたことも。
でも、嫌な臭いがしたらポイのお魚だと言う事、覚えておかなければなりません。
舌を噛みそうなメチルメルカプタン、ジメチルサルファイド、ジメチルジサルファイドなどの硫黄化合物が検出されたらしい。

赤い矢印で示した鰓蓋の上に突き出た突起物、通常の個体は真っ直ぐなのに、クサ~イのが混ざる確率は枝分かれしたヤツに( ⇧ ⇧ )多いようです。

[PR]

by molamola-manbow | 2015-10-31 10:21 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 30日

  零余子が無い

d0007653_7313690.jpg
「山芋の蔓だよな~」と思いつつ、藪の中に顔を突っ込む様にして歩みましたが、一個も探し当てられなかった。
蔓の分かれ目などにプックラと盛り上がって出来る小さなタマタマ・零余子(ムカゴ)。
「山芋の実」などと呼んでたガキ時代のコイツは、他にもイロイロと山野から頂く美味しいモノがありましたので、最下等ランクのオヤツでしたが、昨今は「秋に一度は零余子飯が食いたい」と変わった。
形状が可愛いし、零余子の字ズラも気にいっていますし、炊き込むだけでホクホクした山芋の味が何とも言えなくなっちゃった。

「コイツ、旨いんだ」などと言いつつ、食ったことのない都会っ子の前でパクリ。
恐る恐る口にして「ホントだ、山芋の味がする」などと目を輝かした友人に、山芋の蔓を教えたのは高校時代、「箱根・仙石原のラグビー合宿の最中だったな~」などと、零余子には様々な思いでもありますもので・・・・・。

前の住まい、東京・世田谷区には必殺零余子採取人が居りまして、何時も遅れをとっておりました。
神奈川県の西の端・真鶴は、同じ〝仕事人”がおいでになっても、すべてに手が回りそうもない山野です。
中でもコノ道( ⇩ ⇩ )の片サイドは、ハート形の葉っぱで藪すべてが占拠されてる。
三枚羽根のスクリュー型も色付き、採り頃を教えて呉れ始めましたので・・・・・。
左側は東海道線が走る崖でして、勾配が30度は有りそうな道です。
零余子を集めつつ歩まなければあがれませんので、何時もは敬遠している道を通ったんですけどね~。
イロイロ調べて、山芋は雌雄異株だと知りましたが、零余子は実じゃない。
何方の蔓にでも盛り上がると考えるのですが・・・・・?
d0007653_913295.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-10-30 09:33 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 28日

  極小干し柿も・・・・・

d0007653_895010.jpg
山野から頂いたチビッ子軍団、今、2 0 個ほどをベランダにぶら下げている。
そのベランダの真下にも同じチビッ子柿が一本( ⇩ ⇩ )あって、「頂けたらベランダを柿暖簾に出来るのに・・・・・」と思う日々、時折り老夫婦がいらっしゃる畑の中に植わっている。
声を掛ければ「どうぞどうぞ、幾らでもモイデくれ~」の答えを頂けそうな柿の木ではあるのですが・・・・・。

一昨年の丁度今頃でした。
二か月間ほど籠っていた奥湯河原の病院で、同室となった患者さん。
「採り頃だ~」と登った柿の枝が折れて真っ逆さま。
腰椎を痛めて入院してきたんだ。
彼の二の舞にはなりたくないから、手の届くモノしか手折らない。
登っちゃったらソノ一本で山野を歩く楽しみも終わっちゃいますものね。

コイツよりは大振りな実、「切り倒された」みたいな話しを聞いたような・・・・・?
マメ柿というらしい。
d0007653_9275368.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-10-28 09:19 | ホビー | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 26日

  草木染めマニアには垂涎の品らしい

今がまさに採り頃、と言った感じ。

真鶴の山野では結構な確率で見掛けるクサギの実です。

でも、手が届くかどうかの崖の上から垂れ下がっていたり、雑草をかき分ける藪漕ぎ作業が必要だったり・・・・・。

そんな訳で極々微量な採取に留まっておりましたが・・・・・。
d0007653_9514776.jpg
J R の駅数にして六つ東京寄り、二宮まで採取に出掛けでビニール袋を満杯にして帰って来た。

草木染を趣味とする連れ合いのお話し。

その草木染を通じて知り合った同好の士から、「一人じゃ胡散臭い眼で見られるから付き合って~」と頼まれて、同行してきた獲物( ⇩ ⇩ )。

秋の山野は柿に蜜柑に葡萄に栗、イチジクなども色づいて・・・・・。

そんな中を高枝切りハサミを担いで歩いたんだそうだから、確かに胡散臭い。

誰何されて、コワ~イ場所に引っ張って行かれかねませんから一人じゃ心細い。

d0007653_8233412.jpg

d0007653_82826.jpg
コチラ( ⇨ ⇨ )は真鶴物。

二宮産と合わせると 5 0 0 グラム位は蓄えたらしい。

でも、毛糸 5 玉 を染める程度の量でしかない。

クサギ採取はまだまだ続くことになるのでしょう。

煮出し液から染まる色は、鮮やかな

青を出せるのはインディゴブルーの「藍とクサギだけ」。

そんな話を聞いて染め直しに期待してたジーンズがあった。

しかし、「ブルーはブルーでも空色か~」が正直な気持ち。

「手伝ってやろう」の熱は冷めました。。

[PR]

by molamola-manbow | 2015-10-26 09:02 | ホビー | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 24日

  初めてのお買い物

何時もいつも、ショウウインドーを美しく飾る小田原駅前のカマボコ屋さん『 籠 清 』の店内からのワンショットです。
季節先取りで飾り付ける窓の大ファンでして、小田原を訪れる毎にカメラを向けた。
コンナのとか、コイツとか・・・・・。
d0007653_99385.jpg

今日はお店の中からの初めてのワンショット。
「カマボコを買うならココ」と決めて居ながら、魚肉の練り物が大嫌いでして、真鶴に居を構えてから一度も手を出したことがなかった。
ラーメンの上に浮いていた飾り、〝ナルト”の切れっ端に拒否反応を起こしたのが買わない、食わないの原因でしょう。
オデン屋さんで飲んでも、ダイコンや昆布がツマミで、「練り物には手を出さない」半世紀が続いてた。
その禁を破ってこんなに沢山買っちゃった。
「種類に変化を持たせなさいよ」とは連れ合いのことば。
な~るほど、デザインが違うだけの四つです。

d0007653_10465973.jpgd0007653_1049050.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2015-10-24 10:15 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 23日

  干し柿 その2

「食品です」と言っても、見栄え最悪、薄気味悪くって、口にしたくないでしょ(⇩ ⇩)。
これも干し柿、蓬莱柿(ほうらいし)を天日干ししたものです。
d0007653_8102750.jpg
                               元の姿はコチラ
                      ドッカ~ンと頂き過ぎちゃって、食いきれないことを恐れた。
           去年でしたか、一昨年でしたか、同じように〝干し柿”にして、美味しい完成品が出来ましたもので・・・・・。
               「騙されたと思って食ってみろ」と言われても、手を出し難い姿形を一個パクリと試食です。
                    驚くほど糖分が増して美味しいのですが、まだグシャリ感が消えません。
                          
                  何時もならコイツに占拠されてるはずの籠の中で、あと一か月はお寝んねですね。
[PR]

by molamola-manbow | 2015-10-23 10:09 | ホビー | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 22日

  来月に入ってからと思っていましたが・・・・・

d0007653_23522160.jpg

東海道線を挟んだ山側、『旧道』と呼ばれている県道際から失敬してきました。
手の届く範囲から頂いた30ン個、三本からもいだ。
「収穫期は来月だろう」と見ておりましたが、野鳥に突っ突かれて落ちたのか、万有引力の法則による自然落下なのか、結構な数が地上でグシャリ。
「ドライフルーツの王様はコイツだ」と思うほどの好物ですので、この現象をもったいなくおもっちゃう。
で、「野鳥さんから少しぐらいは上前を撥ねたってよかろう」となっちゃった。
手付かずの柿はまだまだ御座います。
片手でヒョイの行為はしばらく続くことになるでしょう。
真の持ち主は神奈川県だろうと見ていますが、一帯の土地持ち・青木土地さんの柿の木かもしれない。


皮を剥く作業を厭うのか、昨今の皆さん、渋柿には見向きもしなくなった。

[PR]

by molamola-manbow | 2015-10-22 08:20 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 21日

  悪の連鎖を引きずって・・・・・

都会人の夜は遅いね。
1 0 時を回った辺りなのにまだこんな。
我が真鶴では電車が止まって数人が吐きだされてくる時刻なのに、街中が煌々と輝いています。
何時もの『いおだな・きなり』からの帰りです。
d0007653_6523693.jpg

ココ祖師ヶ谷大蔵から 2 時間かけて帰るオイラをおもんばかって、呑み始めもおひらきの時間も至って早い。
でも、一昨日は帰宅できなかった。
人身事故が起きて電車が止まって、何時復旧するのか見当もつかない。
「泊まれとまれ」になって、多摩川沿いに建つ飲み友の宿泊客になっちゃいました。
この日は 5 時 0 3 分にも人身事故が起きて「設定・ 5 時 0 0 分」の呑み始め時刻に大幅に遅れた。
「オマエさんは遅れて来たのだから全額払え!」の提案、「バカヤロウ、ただでさえワリカン負けだ」と応じて却下しましたけど・・・・・

しかし、人身事故二連発だけじゃあとどまらなかった。
コノ日の宿に着いて、エレベーターのボタンを押すつもりで非常ボタンをグイッ。
途端に大音響が鳴り響き、各部屋から飛び出して来るはくるは!
その一人一人に頭を下げまくり、止めて貰おうと脇の電話に飛びついて!
でもね、非常ボタンの筈なのに、警察も消防署も飛んで来ません。
住人の一人が止め方を知ってまして、どうにかこうにか事なきを得ましたけど・・・・・。

外部に通じない非常ボタン脇の電話にしろ、ココも三井建設同様の欠陥マンションじゃないのかな~?。
などと責任を転嫁しようとしたりして・・・・・。











[PR]

by molamola-manbow | 2015-10-21 08:09 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 19日

  ボウズ二連発

こんな写真を一年前掲載してました。
意図的に同じポーズをとらせた訳ではないのですが・・・・・。
d0007653_6315194.jpg

前回だって退屈しきりの釣りでしたが、今回は更に輪を掛けて四人合計のハゼがたった四匹!
スズキの稚魚・セイゴはそれなりに針掛かりしましたが、お目当てのハゼが居ないんです。
川底がハゼのタイル張りになっていて、一投毎にブルブルッの魚信が伝わってくる筈の時期であるのに・・・・・。
ミ~ンナ、東京湾へと流されちゃったんですね~。
大災害をもたらした鬼怒川下流での堤防決壊は、太平洋に直接流れ出る利根川水系で起きた。
比べてココ中川はお隣りの江戸川、荒川同様に東京湾に注ぎ込む水系ですが、出所は同じ北関東の山塊です。
半端じゃない降雨は中川上流にも!、の濁流となってハゼを東京湾へと押し流してしまったらしい。
と言うことは、東京湾の底はハゼのモザイク・タイル・・・・・。

先週の彼等、コチラまで出向いて呉れて小田原・山王海岸( ⇩ ⇩ )で投げた。
ハゼ同様の束釣り、 1 0 0 匹が狙いのキスを相手にしたのですがね~。
誰れ一人、一匹も釣り上げられなかった。
新春の初釣り予定が八丈島の磯、この嫌な流れを何処かで断ち切って出掛けねば。
ハゼのタイル張りらしい東京湾で船釣りなどすれば一発解消になるのでしょうが、船釣りはしないのです。

d0007653_954735.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-10-19 09:16 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 15日

  やっぱり嫌な機械だ


小田原宿に立つ自動販売機です。
景観を損ねるとか、みっともないとか、お前さんも思ったんだな~と、建築主の気持ちを考えた。
国道1号線沿いに立つういろう屋さんの駐車場、母家の佇まいがとっても豪華なので、化粧を施した改造自動販売機にも欲目が出ちゃいます。
「屋根も本瓦にして反りを持たせんかい」とか、「腰は御影石にしろよ」などと。
520万台もの自動販売機が林立する国、これがニッポンであるらしい。
コイン投入後にお目当て商品のボタンを押してレバーをガシャリとやるヤツの数、駅の券売機などは除いてです。
小田原宿のコイツも含めて、町中の自動販売機には嫌悪感を覚えます。
「絶対に手を出すまい」の気持ち、一度か二度、破ったこどがありますが・・・・・。
d0007653_7553100.jpg
 
[PR]

by molamola-manbow | 2015-10-15 09:30 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)