<   2016年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 31日

  鈴生りキンカン

d0007653_1011565.jpg
摘み取って口に入れる人はダ~レも居ません。
東海道線の真鶴駅へと歩む道は三通りほど。
そのどの道をたどっても、ヒョイと手を伸ばせはすぐに採れる垣根に鈴生りのキンカン、オイラも唯の一度も失敬したことがありません。
今が収穫期の旬である筈の垣根の持ち主も、摘み取る気配など少しも見せない。
「今年も落下するに任せるのか~」の放置キンカンです。
でも、不思議と「もったいね~」とは思わない。
コイツが柿の木であったなら、毎日二、三個は失敬してただろうし、キンカンの様に放りっぱなしにするのだったら「オイラの獲らせてくれ」とお願いしているかも。

皮を剥かないで食える一口サイズ、口がすぼまっちゃうほど酸っぱくもないし・・・・・。
それなのにガキ時代から好みじゃなかった理由、結構真剣になって考えてみたのに理由が判らない。
こんなことご存知だとは思いませんが、オイラがガキ時代を過ごした鹿児島はキンカンの全国的な産地でして、ココ真鶴にも似てそこら中にキンカンの樹木は植わっていた。
ガキ時代(昭和20年代)に食えた果物と言えば、自宅の庭で産した柿と枇杷を除くと夏の西瓜と山野のグミ、クワの類いです。
キンカンはステキな果物となった筈なのに積極的に喰おうとはしませんでした。
「タネだらけの実だったな~」がスカン理由だとは思わない。
と言うより、「好きな人はいるのかな~?」と思っちゃう。
d0007653_11273918.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-01-31 11:33 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 30日

  吊り革盗難が続発してるらしい

「吊り革の盗難が続発しております。お気付きの方は是非知らせを」みたいな放送が繰り返されたのは、副都心まで出掛けた際の小田急線の車内であった。
吊り革盗人は、同時に「座席も切り取って持ち去る」んだと。
こりゃあ奇妙奇天烈、それにしても「続発」などとは大げさな・・・・・。
と感じておりましたところ、昨夜のテレビで累計盗難数が300個を越えていることを知らされた。
イタズラなんかじゃなくって需要があるってことだと気付かされる数字です。
しかし、誰が何処に、どんな目的で使うのかが分からない。
小田急、東急、そりて神奈川から都心に乗り入れる地下鉄路線に被害が集中しているともニュースは伝えていた。


500円也を払って購入した男は一人知っている。
でもね~、彼の使い方はこんなでした。
買えるってことに驚いた記憶がある。
つまり、 2 0 0 0 年のアタマから需要はあつたってことですが、首をひねるばかりなのは、やはり「何処に使うのだろう?」

d0007653_821279.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-01-30 08:23 | ヨット | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 29日

  P A S M O への補充金・・・・・

財布から取り出したお金を、「ンンッ?」と感じて取り替えた。
「偽札」と感じた訳じゃあない。
「何処か変?」みたいな感覚が湧いて別のお札で補てんしたのは P A S M O 。
帰宅して、オノレの直感を「スッゲーッ!」と自画自賛でした。
その「何処かが変」と感じたお札がコチラ( ⇩ ⇩ )、正真正銘の一万円札ですが、コイツに違和感を持った。
d0007653_18431260.jpg
d0007653_18473239.jpg

「エ~ツ、何処が変なのよう?」と、矯めつ眇めつ。
これは「コイツに何とも思わね~かい」と、手渡してやった際の連れ合いの反応です。
皆さんはいかがでしょう?
                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
気になったので W i k i p e d i a で調べてみたところ、C、D、E 券と呼ぶ三種が発行されてた。
 ▼ C 券 一番最初に一万円札が発行されたのは 1 9 5 8 年( 昭和 33 年 )で、聖徳太子を肖像に使い、裏面には絵がなかった。
 ▼ D 券 肖像を福沢諭に変更したお札の発行は 1 9 8 4 年( 昭和 5 9年 )からで、裏面には国鳥の雉を描いた。
      写真のお札です。
 ▼E 券 偽札作りが世界一難しくなったお札で、ポログラム等の様々な工夫を取り入れて2004年( 平成16年 )から発行している札。
      一番の違いは雉から鳳凰へと裏の絵を変えたこと

お札の寿命は 5 , 6 年と言われていて、古いお札は回収されて新札へと入れ替わる。
財布から抜き出した“雉の一万円”は、何処で眠っていたお札なのでしょうか?
まだピン札の昭和の雉は、銀行から降ろしたばかりのお札の中に混じっていました。

雉と鳳凰の違いにビビッときた直感にはまだ驚いている。
d0007653_9482387.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-01-29 09:53 | カテゴリー外 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 28日

  コーヒー豆の原種

                                 昨日の日の出
d0007653_115118.jpg
南半球一周クル-ズの『 O c e a n D r e e m号 』、横浜・大桟橋旅立ちから早一か月経過です。

羨ましい二人から頂いた予定表( ⇩ ⇩ )には寄港地が記されているだけで日付などはない。

            曰く

那覇~▼厦門~▼ダナン~▼シンガポールを経てインド洋。

マ~レ(モルジブ)~▼ポートルイス(モーリシャス)~▼レユニオン(仏領)~▼エホアラ(マダカスカル)~▼マプト(モザンビーク)から▼喜望峰

アフリカ西岸▼ウォルスベイ(ナミビア)から▼リオデジャネイロへと大西洋を一跨ぎ。

モンテビデオ(ウルグアイ)寄港後▼マゼラン海峡を抜け、南米西岸▼パルパライゾ(チリ)へ。

イースター~▼パペーテ(タヒチ)~▼ボラボラ(タヒチ)~▼マジェロ(マリアナ諸島)と南太平洋の島々を巡り、3 月 3 0日横浜帰着。

「今頃はどの辺だろうか?」
もう一度羨ましがろうと、コイツを取り出して、地団駄を踏むこととなった。
世界三大巨島でしたか?、五大巨島には入るであろうマダカスカルの横に、いくつかの小島が散らばっていて、その一つに『レユニオン』なる島がある。
「ココにも寄港するんだったとは~」なのですよ。
コーヒーのマニアにはかなりの知名度を持った島です。
コーヒーの原種に限りなく近くって、芳醇で馥郁とした香りを放つ豆の採れる島なんです。
出発前に気づいていいたら、「1キロほど買って来てくれ」なのですよ。
「麻袋一袋でもいいよ」なのですよ。
「部屋の隅に放り投げとくだけでいい。帰港したら受け取りに行く」と。

コーヒーの原種は▼アラビカ▼ロブスター▼リベリカの三つ。
と言われていますが、元は一つで植樹や品種改良で三つに分かれたのだろうと想像してます。
今では滅多矢鱈、三種の流れを組んだ豆に、国名、地方名をくっつけて、それぞれ別の豆であるかのごとくに。
レユニオン豆はコーヒー豆の原産地・エチオピアから古代に島に移植されたアラビカ種で、原種よりも原種に近い豆だとされているんです。
しかも、島を襲った大型サイクロンによって壊滅したと思われていた木が、島で細々と生きていて、コイツが発見されたのが20世紀に入ってから。
コノ一本?から増やして、ようやく近年、輸出できるまでに漕ぎつけたマボロシの豆が育つ島なのです。

m a n b o w の最初の就職先は、喫茶店毎に異なるブレンド・コーヒーを日々お店にお届けする小規模経営のコーヒー屋さんでした。
横浜に工場があって、ココで焙煎した豆を喫茶店毎に配達してた。
そんな時代に覚えた豆知識、ブルボン・ポワンテュと言ったはず。
20世紀に入って復活した古代豆なんて、ロマンいっぱいでしょ。
『 O c e a n D r e e m号 』の皆さんは、寄港したからには飲んだでしょうね~。
レユニオンに寄ったのに、飲まさなかったら、詐欺罪ですよ!
                                こちらは月の出
d0007653_1154581.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-01-28 11:21 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 25日

  年賀状から

右クチビルの上にくっついてるシロ点は、ケーキをパクッとやった際のクリームでも、ペンキのカスでもない。
もちろん、撮影者がミスした訳でもありません。
配達途中に郵便屋さんがミスしたのか、郵便受けから取り出す際の我が家で付けた傷のどちらかでしょう。
d0007653_855194.jpg
帯ドラ『あまちゃん』出演で、一躍ブレイクの有村架純ちゃん。
スポーツ紙に勤務するカメラマン氏の今年の年賀状です。
カメラマン氏の年賀状は過去に一度、b l o g に登場している。
でも、昨今はテレビの画面にトンと登場しなくなった。
つまり、「お前さんが年賀状に登場させた途端に消えちゃった」なのですよ。
意地悪でしょ。
たった一度のことに文句を付けるなんて・・・・・。

大丈夫だよ、架純ちゃん。
ヤツが放つ b a d  o m e n なんか、キミなら跳ね返せる。
デッカク羽ばたいてヤツをギャフンと言わせるんだ!!

[PR]

by molamola-manbow | 2016-01-25 10:33 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 24日

  コーヒー豆のハンドピック

d0007653_924394.jpg
小田原駅前、おしゃれ横丁にオープンしたコーヒー専門店のドアを開けると、店主は欠損豆の除去作業中でした。
丹念にコイツをやらないと香りは飛ぶし、味はガックンの重要なお仕事、お客さんが居ない時は常にコイツに精を出しているらしい。
健康な豆と、そうでない豆、俗に死豆と呼ぶ豆の除去、ハンドピックなどと呼ばれてる。
麻袋(60 キロ)一袋の生豆には、10パーセント近くの無駄豆が混じってる。
すでに醗酵していたり、黴が生えたり、割れちゃってたり、他の植物のタネが混ざったり、小石や小枝が入っていたり・・・・・。
d0007653_10413598.jpg死んで真っ黒になった豆はすぐに判りますが、不良豆の除去には年季が要る。
丹念にコイツをやることがコーヒー屋さん(自家焙煎)の始めの一歩なんですよね。
どんなに頑張っても一杯500円、結構高価なのがコーヒーだと判る作業のひとつ。

ネルドリップで一杯づつ、この抽出法にも好感を抱いている。
丹念なネル布の油抜きに始まり、豆の種類によってネル布を使い分けねばならないし、常に洗い清めておかねばならない。
そんな訳でお洒落なコーヒー屋さんでも今やサイフォン使いや、使い捨ての紙使いが主流です。
一番おいしく飲めるのはネルドリップだと言われているのですが・・・・・。

どんなに好感を持っても、コーヒーには紫煙がないと形無し。
ココは灰皿も一緒にスーッと出てくるしね。
洗いっ晒しのネル袋に、荒挽きの粉を入れて、多分 8 0 ン度のお湯をゆっくりと注ぎ始めると、この時点でコーヒーに包み込まれる。
小さな小さなお店での至福の一時ですね。

お洒落小路の『 K u r e c h i  C o f f e e 』、ひょっとしてマスターの名前は呉地さん?
[PR]

by molamola-manbow | 2016-01-24 10:46 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 23日

  雪の降った(18日)翌日・・・・・

d0007653_18231359.jpg
首都圏の交通網がシッチャカメッチャカになった日の夜(18日)、「明日呑もうぜ~」と m a i l が入った。
こりゃあ、シッチャカメッチャカと遭遇して、呑まなきゃやって行けなくなったに違いないと考えて、翌日の一杯を約束した。
「雪を踏むのは何時以来だろう?」などと考えつつ、小田急線・祖師谷大蔵駅前の残雪を越え、約束の居酒屋・『きなり』に入ったのは翌夕の口開け時刻( P M 5 : 0 0 )に遅れること数分でした。
m a i l の主は連れと一緒に、もう呑んでいた。

オイラの呑み始めがここまで早くなったのは、小田原から西の終電が 0 時 1 9 分に無くなるため。
逆算すると22時30分には切り上げないと帰宅できなくなる。
その通りのスケジュールで呑んで、風邪をひき込んでしまった。
雪は止んだものの、シチャカメッチャカの日に劣らず冷え込んだ日です。
西に向かう小田急線、結構込み合っていた車内は、駅に到着する度に一人減り、二人減って、急速に車内温度は下降する。
そんな中で船を漕いだのが風邪の元、翌日から丸々二日間、鼻水と格闘することになってしまった。

「呑もうぜ~」の主は、滅法酒が強い偉丈夫女史です。
『きなり』を紹介してくれたのも彼女だし、前日、シチャカメッチャカにもなったようだし・・・・・。
「こんなに寒い夜に呑みになど誘うな。お前のせいだ!」なんてイチャモン付けられないものね。

で、静かにしてたわけだけど、怪我はともかく、病気なんぞはン十年振りです。
日記のつもりで書き始めた b l o g だし、風邪に至る経過を書き残そうと。
骨折、捻挫は中学以来の楕円球相手のお遊びで年がら年中でしたが、寝込むなどということは一度も経験がないものでして。
釣友の一人が風をこじらせて肺炎併発したばかり。
コイツが去年のことですから、結構慎重に対応したつもりでいる。
[PR]

by molamola-manbow | 2016-01-23 10:51 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 22日

  地下の世界も春です

d0007653_1837036.jpg

小田原城の一角、梅林と呼ぶには貧弱過ぎる梅の根元にモグラ塚が盛り上がっていた。
梅花同様に、コチラの方にも活発さは左程感じなかった。
春先のモグラは地上に凄い光景を造り出す生き物ですよね。
見事に根付いた二年目とか三年目の緑の絨毯を、一晩で台無しにしちゃうのがコヤツだもの。
そこら中に生息している癖に、お眼に掛かったことのない動物の筆頭でもある。
「姿は一度もみたことがない」。
そんな人はタ~クサンおいでのはず。
動物園でもお眼に掛かれないもの。
土の盛り上がりを見て、居る事だけは感じている動物です。
そんな訳で、もっと自慢してもいいのかも。

d0007653_18363692.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-01-22 11:35 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 19日

  残されていた一個

別モノだと気付いて蓋を開けるのを止めたのは去年のことであったのかも知れない。
この辺は曖昧模糊となって断言は出来兼ねますが、オイラの常備食の中に一個だけ残っていたのがコレ。
小腹がすいて喰らおうとして、「何だ、ジャガリコじゃあね~」。
ズラズラッと並んでいるスーパーの棚から味付け違いを片っ端から籠に入れた。
メーカーが同じなら、並んでた棚も同じだったので、様々な味の中から N O 1 を選ぼうと、ごそっと籠に入れた中の一個。
そんな中に『ジャガリコ』じゃあない『さつまりこ』がまざったことになる。
d0007653_757271.jpg

飲み会での最初の一杯、日本では「とりあえず印」のビールが N O 1 の座を占めていて、ミ~ンナコイツで乾杯します。
そんな中でもオイラは芋焼酎をオーダーします。
だから「芋は食わんと決めてる」と宣言しても、薄ら笑いされるだけなのですがね。
口に入れるのは液体だけ。
昭和26年ごろ上京して以来、塊りの方は一度も口にしておりません。
飢えをしのぐ代用食として、「一生分の芋はもう食った」と、言いつのっておりますものでして。
水っぽい芋が多かった昭和20年代に比べ、昨今のヤツは見ているだけでホクホク感が伝わって大層、美味しそうに見える。
でも、コイツだけは破っていない。
ジャガイモとサツマイモの違い、棚を分けてはっきりさせろ!、なのですよ。
『期間限定』とあるから、まもなく消えちゃうでしょうがね。
オサツの方もマッシュ状( ⇩ ⇩ )になりました。

d0007653_946627.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-01-19 10:04 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 18日

  手仕事ニッポン

特大ニュースがこんな写真と一緒にグアムから飛び込んだのは、札幌五輪の開会式( 1 9 7 2 年 2 月 3 日 )直前であったと記憶している。
キャッチコピーは『まったりグアム』でしたか。
手軽に行けるリゾートアイラとしての人気の高まりつつあった、ソノ小さな島のジャングルに隠れ潜むこと二十八年でした。
“生きて虜囚となるなかれ”の日本兵が発見された第一報、羽田に降り立った第一声は「恥ずかしながら生きながらえて帰ってきました」でした。
横井庄一さん、帰還を果たしたのは、開会式の前の日であったような・・・・・。
d0007653_855589.jpg

その『横井庄一さんのくらし展』、去年の11月まで名古屋市博物館で開かれていた展覧会のパンフレットを、つい最近見せられた。
同時にグアムでの二十八年間をつづった著書・『明日への道』(49年発刊の第8刷、文芸春秋)も。
40ン年前には新聞はむさぼって読んでいましたから、それなりに横井さん知識はありましたが、読んで、見て、改めて仰天です。
1997年9月22日没、82歳、「凄い人」でした。
“手仕事ニッポン”で、無の世界を生き抜いた。

d0007653_11365843.jpgd0007653_9503362.jpg捕まった際に着用していた上着と半ズボンのクリーニング後がこちら。
密林に密集しているパコの繊維から糸を紡ぎ、見よう見まねで作り上げた機織り機で仕上げた。
麻縄ならぬパゴ縄製の編み籠でもって背負子も作り、パンの実、椰子の実等を採取した際に放り込む。
上着の背中を前身ごろより長くしたのも編み籠とのバランスだ。
衿をもうけ、背中にはサイドベンツまで切ってるんだ。
『明日への道』を読んで、召集前の横井さんの職業が洋服の仕立て屋さんだと知って、ある程度納得はしましたが、“兼デザイナー”を付け足さねばならないほどお洒落で機能美に富んでいる。
ボタンホールの細やかさ、アウトポケットの美しさ。
センターとかサイドに切れ目を入れる背広の流行は 1 9 6 0 年代の半ばですよ。
縫い針もアルミの弁当箱の一部からこしらえた。
山中に洞穴を掘って隠れ住んだ二十八年間は、ただ機能的であれば事足りた筈です。
裾を乗馬ズボン風に狭めてコハゼで留めた長ズボンと、長袖の上着も作っています。
この上着にも衿が付いている。
極限の中での横井さんの遊び心にドキッ!

棕櫚やパコの繊維で縄や草鞋、裂いた竹で籠や箱、砲弾、飯盒等の金属でフライパンや針・・・・・。
そうやって野ブタを罠で捕まえ、川に竹籠を沈めてエビやウナギを捕獲することで二十八年間を耐えた。
自衛の意味もあったのでしょうが、現地民からはニワトリ一羽、卵一個盗まずにジャングルだけを棲家にしたのです。
早い段階で「戦争が終わったことは知った」と話しているのですが・・・・・。

60余点の『暮らしの道具展』、実物を一度拝見したいと思っている。
d0007653_1042181.jpg
                           こちらも専門家作、みたいに美しい
d0007653_1043996.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-01-18 10:14 | 読書 | Trackback | Comments(0)