Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 25日

  と ん が り 帽 子 の 昇 降 台

♪ 緑 の 丘 の 赤 い 屋 根

と ん が り 帽 子 の 時 計 台

鐘 が 鳴 り ま す キ ン コ ン カ ン

メ ~ メ ~ 子 山 羊 も 啼 い て ま す

 風 が そ よ そ よ 丘 の 家

黄 色 い お 窓 は 俺 ら の 家 よ


昭和 2 0 年代の頭にラジオから流れ出ていた連続ドラマの主題歌、日々であったのか週一であったのかの記憶は飛んじゃいましたが、メロデーを耳にした家族は茶の間のラジオの前に集まった。
映画にもなって、小学校では生徒鑑賞会まで開きました。
校庭に生徒を集めて、町の映画館まで行列作ってゾロゾロと。
鹿児島の伊佐市、当時は大口町と言った郷里でのお話しです。
とんがり帽子が上に乗っかったことで、フル~イ記憶を呼び起こしました。

T V が家庭に入り込むのは 1 9 6 4 年の東京五輪が切っ掛け。
昭和 3 0 年代の半ばまでは T V は駅前にあるモノであって何時も黒集り。
力道山の空手チョップに熱を上げるソノ黒山の中の一人でした。

のんびり工事と映りましたが、新年度の初日が使い初め。
とんがり帽子の昇降台に、行列はできるでしょうか?
d0007653_9504585.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-03-25 09:52 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 24日

  葉っぱの三つ編み

            指さししめして、「カッワイ~」とか、「キャ~ッ」と嬌声をあげたりするのは J K であろうと見た。
        「アラ、マア」と表情を崩してつぶやいて、お隣りさんを突っ突いたり、オイラの様にカメラを向けたり・・・・・。
               光合成や呼吸など、葉っぱの役割に想いを馳せてマユを寄せる御仁はおいでになるまいと見た。
                      パイナップルの実の頂上からも似たような葉っぱが伸びる。
                 「観光農園の客寄せにはよろしいかも」と考えましたが、こちらはすぐに打ち消した。
                            実の成長に多大な影響があるもの。
                 ただし、「植物を虐待するんじゃネ~!」と、怒鳴り込んだりする人は・・・・・・?

                           箱根湯本へと登る登山鉄道の路地裏で。
d0007653_815169.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-03-24 10:25 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 23日

  1 0 0 m じ ゃ あ な く て 2 , 0 0 0 m も!

d0007653_703948.jpg

日いずる国の片隅から昇る太陽を眺めつつ、「コノ海原が陸地であった時代」を考えた。
房総半島とを分かっていたのは深い渓谷を刻む古東京川で、半島の先端部は島であったかも知れないなどと。
まだ 3 / 1 程度しか読んでいない『駿河湾のなぞ』(星野通平著、静岡新聞刊)、本題の謎まで行き着いていないのに様々な謎の虜になっちゃって右往左往の最中です。
d0007653_1023775.jpgその一つが『海水面は現在よりも 2 , 0 0 0 m も低かった』って~ヤツ。
1万年ほど前に終わったウルム氷河時代の海水面は 1 0 0 m も低くって、大陸からナウマン象や人が日本列島に渡って来たお話とか、5,000年ほど前の縄文時代前期には逆に 2 ~ 3 mほど海水面が高まって、その現象を縄文海進と呼んでいることなどはイロイロ読んでおりました。
でも、桁が違うお話しです。
2 , 0 0 0 m 越え の山を持つ都道府県は、富士山の様な山を静岡と山梨で二つに分けても 47/ 1 6 でしかない。
海で 2 , 0 0 0 m 越えの水深を持つのは駿河湾だけ。
そのフカ~イ駿河湾が水たまり状態でしかなかった時代があったなんて、にわかには信じられないでしょ。

海面から空気中に蒸発した水分は雲➞雪➞氷となって地上に留まり、ふたたび海に還らなくなったのが氷河期です。
氷河の総量はどの位になるものなのか、そいつを今よりも海水面を 2 , 0 0 0 m も下げた時代氷河の総量なんて・・・・・?
星野説は科学的に証明されているモノでも、有力な学説でもないようなのですが、海水面を 1 0 0 m 以上下げたウルム氷河期の河川の跡は海中にも刻まれていて、川筋は遥か沖まで伸びているらしい。
その川筋の延長、半端な長さじゃあなくて大陸棚が尽きて深海へと落ち込むところまで伸びているんだそうだ。
世界中の河川がです。
河川が山野を削り、タ~クサンの土砂を海に流し去ることは黄河、アマゾンの流れの色を見ただけでも分かるし、砂州、三角州が河川の口に広がる現象からも理解している。
水が流れてこそ土地は削られる。
その河川の海中の延長線の境目が海の底 2 , 0 0 0 m の深さまで続いていることに注目したのが星野説です。
世界の河川の海中がミ~ンナ同じ様に長いので、「海面は今より 2 , 0 0 0 m も深かった」説は説得力があるのです。
『駿河湾のなぞ』は、そんなこんなで読み進むのが途中で止まっちゃっております。

            近場にあるのが箱根・入生田の『生命の星 地球博物館』(⇩ ⇩)、出掛けてこなければと思っている。
d0007653_11154041.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-03-23 11:43 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 18日

  自 然 農 園

d0007653_84489.jpg
            伸び放題、開き放題のコイツら、宅地造成馳なのか、放置農場なのかが分からない傾斜地の一角で見つけた。
            3 ~ 4 メートル四方の一角から空地の中心部に向かって勢力を拡大中でして、落葉のそこここからニョキッ。
   「雪を割って芽を出すのだから、年明け早々には偵察しなければ」と考えたり、美味しい天婦羅屋さんを見つけた気持ちになったり・・・・・。
      「茎だって食えるんだよな~」とも考えましたが、丁寧に皮を剥かされたガキ時代のお袋の命令が頭を過ぎって手折るのは止めた。
                    年明け早々じゃあ遅いかもしれないので、暮れに見回った方がいいかも。
                空地の中心に向かって匍匐前進中の奴らの最前線から、超の字付の新鮮なヤツを頂こう。
                        三月半ばにして、鬼が大笑いの来年の事が頭の大半を占めた。

                             苦味と香気、やはり最初は天婦羅だな。
d0007653_844266.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-03-18 09:25 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 17日

  蟷 螂 の 卵 鞘

d0007653_23103177.jpgd0007653_2311495.jpg

カマキリの同じ卵カプセル、三年前(右)と現在の姿です。
三年前に比べますと、産卵場所の樹木には割れ目などが生じましたが、二つは同じ卵鞘でしょ。
確かなことは判りませんが、判で押した様な場所ですもの。
お百姓さんたちは河川敷に住まうカマキリが産み付ける卵鞘の高低によって、その年の雨の降り具合を予測したと言うお話、何処かで読んでる。
「水嵩が高まる」年の卵鞘は高い所に産み付けられる。
「平年並み」と読んだ年は低い。
そんな産み分け方をするのだそうですから。

泡状の液体と一緒に産み付ける卵の数は 4 0 0 個ほど。
すべたが受精卵ですので時期がくればゾロゾロと這い出してくるものだ、と考えておりましたが、孵化しない、失敗カプセルもあるのですね~。
暖房の温かさと陽気な音楽に浮かれた這い出して、札幌のカマキリさん達は新聞沙汰にまでなったのに・・・・・。




















                                                                。
[PR]

# by molamola-manbow | 2017-03-17 10:04 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 16日

  サ ラ ダ 苔

d0007653_8464992.jpg
真っ白いお皿に山と盛ってドレッシングをチョイと掛ければ、美味しいサラダができるかも!、と考えちゃいました。
プチプチ感がたまらない、と思いません?

ガキ時代から苔を「綺麗」とは感じておりましたが、苔寺を訪れたこともなければ、種類に精通してもいない。
採取してきた苔を庭に数回、移植したことがある程度の苔好き。
今月の頭の盆栽作り。
コイツがスキを一歩前進させたらしい。
バックにバターナイフとビニール袋をしのばせるようになった。
人様が住まう石垣の隙間が"サラダ苔"の生息場所じゃあなかったら、ナイフの出番だったでしょう。
でも、慣用句に『蟻の一穴』な~んて言葉が存在します。
梅雨の時期の大雨で、石垣がガラガラッと崩れる原因となっちゃあいけません。
で、「他を探そう」。
何という苔なのか・・・・・?
d0007653_8471855.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-03-16 11:22 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 15日

  も っ と 早 く 気 付 く べ き 、だ っ た ん だ ~ 

d0007653_18594691.jpg
「オオッ、春」と、腰をかがめてレンズを向けた。
東海道線の座席に座り、撮り立てを確認する段になって、「オオッ、春」は「ンンッ?」に変わっちゃいました。
周辺のスギナの若々しさに気付いて、彼等から「のろまだな~、オメ~さんは」と言われている気がしてきたのです。
b l o g を繰ってみると、去年も、一昨年の初見も十日ほど早かった。
今年の春は大半がスギナに成長してしまった後、土筆の末っ子をみつけて喜んだことになります。
アオサ海苔の収穫にも今年は失敗してしまいました。

今が旬は『新宿魚連』のクレソン農場でしょうが、岩場を歩くのが億劫になり始めて、出掛ける気持ちになれません。
d0007653_20354274.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-03-15 10:25 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 14日

  崖 上 の 駅

d0007653_8173338.jpg
               元日には"日の出列車"が運航される東海道線唯一の無人駅・根府川のホームからの眺め。
               水平線から昇る初日の出を、海抜 4 5 m のホームから拝められるとあって人気があるらしい。
               お隣りは注連縄を張った三ツ石の間から昇る朝日が人気の真鶴岬に行く下車駅、真鶴です。
               手軽にみられるだけ「根府川の方が便利」と見ましたが~、ホームを歩いていて気付いた。
             「この木の間から日の出を覗かせたら(⇧ ⇧)、ムンクの叫びと同等の効果を生むかもしれない。

         相模トラフ上で起こった断層のズレが引き起こした関東大震災( 1 9 2 3 年)の震源地は、根府川駅の目の前の海でした。
      マグニチュード 7 越の揺れをまともに喰らった地滑りは、停車中の列車ごと根府川駅を海に引きずり込んで130人もの死者を出した。
     現在も相模湾を真下に見る崖上のプラットホームが撮り鉄には人気の駅ですので、コノ木だって先刻承知かも知れませんけど・・・・・。
                  真下の海は『新宿魚業協同組合』、略して『新魚連』の主要漁場でもありました。
d0007653_9161631.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-03-14 10:16 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 12日

   風 化 を 防 ご う

d0007653_7233097.jpg
d0007653_7432036.jpgもう、取り壊されちゃったであろうと考えていたビル、まだ健在でした。
有楽町の交差点に建つソニービル、最後のヒト働きにしては広告大賞モノだと思いつつ読み(⇨ ⇨)ました。
街中で海抜標識を見掛けるようになったのも 3 . 1 1 の直後から。
神奈川県の西の玄関口・小田原駅の海抜( 1 4 m )も、真鶴駅( 5 7 m )も知っている。
釣りの同好会・『新宿魚連協同組合連合』の釣り宿も、幹事殿は異常に高い場所を指定する様になりましたもの。
それでも、赤い線の高み( 1 6 . 7 m )には、あらためて驚かされた。
ザブーンと一波が来るのじゃなくて、コノ高さで水の塊がドッカーンと押し寄せてくるのが津波です。
赤い線を見ると見ないでは、津波の備え、何処に逃げるべきかの覚悟が決まりますね。

リアルタイムで世界に配信された 3 . 11大津波の惨状は、救援の輪を世界に広げました。
比べてノーテンキを絵に描いたみたいだったのは当時の石原都政でした。
世界がこれだけ心配した未曽有の災害にはそっぽを向いて、 2 0 2 0 年の五輪開催地立候補をやめなかった。
しかも、「選ばれるはずはない」と読んでいた I O C もまた、 T O K Y O を開催地に指名です。
イスタンブールとマドリード、初開催地を狙う都市が二つもあったのに・・・・・。

未曽有宇の災害に見舞われた国民に背を向けて、遊びのために精魂を傾ける。
しかも権利絶大な I O C も津波の被害を何とも思わなかったなんて!!
五輪から目を背けるようになったのは 3 . 1 1 が原因でした。
アマチュア・スポーツの祭典であったはずなのに、群がり寄るのはメタル亡者ばかり。
何処までも地に落ちて行きます
スポーツマン、もっと美しく見えていたはずなんだ。

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-03-12 11:31 | カテゴリー外 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 10日

  昨 日 は 女 傑 と 一 緒 



「これからドンドン陽が伸びて行くんだよな~」と思いつつ、前回と同じカットでまた撮った。
神奈川県の西の外れまで戻るには、東京駅 2 2 :5 2 分、小田急線は新宿 2 2 : 4 3 分発が最終列車だと言うこと。
かつての飲み始めの時刻にはお開き、とならなければ「ヤツは露頭に迷っちゃう」事を、理解して呉れているって~ことなのです。
で、今回も口開け客、コノ店・『魚店(いおだな)きなり』を紹介してくれた女傑の佐和ちゃんと一緒でした。

その常連・佐和ちゃんとの同席が原因だったに違いない。
店主殿と初めて名刺交換をいたしまして、"居酒屋・きなり"が株式会社化されて居る事を知った。
中村店主は株式会社『 K i n a r i 』の代表取り締まり!
アチラさんも驚いてました。
『新宿魚業協同組合連合会』の最上級幹部、略して『組長』が m a n b o w の名刺なんだもの。
新宿の繁華街などで「クミチョ~」などと声を掛けられると、周囲の皆さんはギョツとする。
「漁連じゃなくて魚連だからね」とも、念を押した。
d0007653_803081.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-03-10 10:23 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)