2005年 04月 22日

庭の児雷也

二階の窓から見下ろすと、ベランダに通って来る4匹の野良の中の一番の若輩、アメリカンショートヘアーの雑種(多分)が、全身に緊張感をみなぎらせて固まっていた。
「ン・・・?」と思って眺めていると、植木の根元に向かって腰の引けた状態のネコパンチを繰り出した。
何か居るらしいのだけれど、植木が邪魔をし、日陰に入っていることもあってよく判らない。
そうこうするうちに、植木の根元がノソッと動いた。
ガマ蛙(蝦蟇蛙)である。握りコブシほどの大きさのガマだった。
ノソッの瞬間、大きく後方へと跳んんでいた野良が、また腰を引きながら近づいてチョッカイを出し始めた。
今度は何をされても石のようだ。ピクリとさえ動こうとしない。
そうだ、写真だ、と思い付いたのは、野良の体から緊張感が明らかに抜け、飽き始めたことが判ってからだ。こちらも飽きてきていた。
この時間のロスがチャンスを逃させた。
カメラを持って庭に降りてみると、野良はおろか、石のように固まっていたガマさえも消えてしまっている。カメラを探すのに少々手間取りはしたものの、大目に見積もっても2、3分、この間にかき消すように消えたのである。
さては児雷也!と、昔々、この一帯を回っていた紙芝居の主人公と、庭のガマがダブった。d0007653_2129866.jpg
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これまでに、いったい何匹、庭にガマ蛙を放しただろう。
啓蟄過ぎの暖かい雨の夕方とか梅雨の頃、下校途中の女学生が裏通りで大騒ぎをしている。あまりにも煩いので何事かと外に出て見ると、道の真ん中に鎮座するガマである。
外出から帰った連れ合いが、玄関に駆け込んできた場合も同じ。
その度に捕まえて庭に放してきたから、トータルすると10数匹にはなる。
それなのに、庭で姿を見ることはない。
庭からの脱出には1mほどの高さから舗装道路にジャンプする勇気を必要とする。
勇気を奮い起こしてジャンプしたとしても、ご先祖様が繁栄した楽園の湿地は、埋め立てられて跡形もない。
水練の場としたきた北沢川も、烏山川も(二つの川は三宿の近くで合流し、目黒川と名を変える)、真っ暗闇の暗渠だ。
  それでも行くのかボヘミアン
  自由を求めてガマ蛙
  たとえ醜いからだでも
  心は錦のガマ蛙
ーーーーーと考えていたところに現れた1匹、そして鮮やかな消身の術!
これにはホッとする気持ちになれた。
d0007653_102253.jpg居て呉れたのである。
児雷也に教わった妖術を駆使し、うまく姿を隠しているだけで、庭で生活しているのである。
1匹だけなのか、2匹なのか、3匹なのか、4匹なのか。もっともっと多いのか・・・・

 ▼児雷也(ジライヤ) 大蝦蟇を操る妖術で神出鬼没の活躍を見せる義賊。明治元年までの天保年代約30年間に、4人の作者によって43編の物語が書きつがれた。蛞蝓(ナメクジ)の妖術使い・綱手(ツナデ)をめとる。宿敵は大蛇(オロチ)使いの大蛇丸(オロチマル)で、グウ・チョキ・パアのじゃんけん同様に蝦蟇・蛞蝓・大蛇が三すくみになる。
物語は大蛇丸に殺された児雷也が中国伝来の秘薬により、甦ったところで終わっているのだそうだ。書き継ぐヒト、居ませんか?
[PR]

# by molamola-manbow | 2005-04-22 16:35 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 20日

進行老眼難読書

d0007653_3123477.jpgおでこの上に眼鏡をのせたり下ろしたり。
その煩わしさから、すっかり疎遠になっていた読書に、久しぶりに熱中した。
”進行老眼難読書”のわたくしを、夢中にさせた本、それは気象庁の離島課で、鳥島に関係していた人達が昭和42年に編纂した『鳥島』(刀江書院刊)である。
3人のロッククライマーを、鳥島の更に南の孀婦岩まで送り込んだセーリングクルーザー『Hinano』による洋上登山隊(別項で記述)。
この遠征に加わっていなければ、手に取ることも無かったであろう本なのだが、パラパラッとめくって、序(はしがき)の書き出しを見ただけで「オヤッ?」と興味を引かれてしまった。
そこには、次の様に書かれていた。
終戦後、日本の領土が北緯三十度以下(以北の誤植だろう)となったとき、八丈島のはるか南方にある鳥島は、豆南諸島の一番南にある島となった・・・・・と。
孀婦岩の地理的位置は、北緯294738秒、東経14020秒(下段に地図)である。
となると、1968年の小笠原返還までは孀婦岩もまた、アメリカの統治下にあった訳で、
もしもこの時代に孀婦岩を目指していたなら、沖縄がそうであったように、パスポートを必要としたことになる、そんな想いが頭をよぎったのだ。
孀婦岩の頂上に入国管理官が待って居て、登って来たクライマーに「ココニキタモクテキは?」
アメリカは孀婦岩にどの様な信託統治をしていたのだろう。
根付きの磯マグロに、餌など撒いて呉れていたのだろうか、などという、バカなジョークさえ浮かんだ。

d0007653_0432116.jpg無人の島に流れ着き、そこからの脱出に成功したからこそ記述(口述)が残るのだが、
千葉・勝浦沖から
犬吠沖から
相模灘から
日向灘から
土佐沖からと、
なぜか難破船は鳥島に引き寄せられ、
多くの和人ロビンソンクルーソーを生んで島の歴史は始まる。
羽根布団のための信天翁(アホウドリ)の乱獲。
住人125人を全滅させた明治35年の大爆発。
昭和41年の総撤収で幕を閉じる戦後の気象観測の苦労とエピソード・・・・。
交代が来るまでのヶ月は、鳥島赴任ではなくて鳥島出張。
戦争中は兵隊さんもいて、海岸からモッコで岩石を運び上げるのを日課にしていた。
戦国時代の篭城作戦さながらに、上陸してくる敵兵の頭上に、ガラガラガラッと落下させるためだったとか。
ドラマティックに推移した鳥島の歴史、NHKの記録映画『アホウドリ』も観たくなった。
[PR]

# by molamola-manbow | 2005-04-20 00:45 | ヨット | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 17日

中国茶の会

階下から華やいだ声が聞こえてくる
世間では、と~のむかしにブームは去り
マスメディアからも忘れ去られてしまった中国茶
その中国茶の会を連れ合いが開いていて
茶席を2座設けて
10人ほどのguestで楽しんでいるようなのだ
d0007653_21381047.jpg   高山鉄観音
     貴妃美人
      高山佛手
       包種
        碧螺春
         武夷肉桂
          龍井
           岩茶水仙
                ・・・・・・・etc
お茶を飲み比べながら
「このお茶の香り、サクラの季節にピッタリだわ」
「えっ、ど~れどれ。まっ、ほんとう」
な~んて会話を、交わしおるんだろう
平和やのう
中国では、あちこちで反日デモやっちょるちゅうに
関係なかオイにとっちゃ、どげんでんよかどん
結論
チュッチャより、二ッチャの方がオイはスッキャ!!
抹茶に玉露に煎茶に番茶、ぜ~んぶ、好いちょる
静岡、鹿児島、三重、京都、み~んなうまか
チェッ  除けモンにしよって!!!!!!
[PR]

# by molamola-manbow | 2005-04-17 17:09 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 15日

大ごとだ~ッ

d0007653_22365690.jpg
協 賛 / 後 援
伊東市役所 / 伊東商工会議所 / 伊東市観光協会 / 静岡県熱海土木事務所
油壷ボートサービス株式会社 / 岡崎造船株式会社 / 有限会社ステップマリン造船所
株式会社プロコ・ タスカージャパン株式会社 / ツボヰヨット株式会社 / 株式会社海洋計画
株式会社有隣堂 / 有限会社アブラツボセール / 新宿魚業組合
ホージーリドガード・セールメーカー・ジャパン
(順不同)

今年で10回目を迎える
KENNOSUKE CUP 2005 YACHT RACE
(5月、伊東市沖)の公式WEB SITEが立ち上がり
ナ、ナ、なんと
我が新宿魚業組合の名が協賛/後援団体の一角に載ってしまった
晴れがましくもあり
面映くもあり
なのだけれど・・・・
焼酎10本程度の寄贈でこんなところに名を連ねていいのだろうか
と言うのが正直な気持ちだ
去年は鹿児島・大口市の芋、伊佐美を寄贈して
林賢之輔先生から「なかなかの味」
とお褒めを頂いた
わたし個人の好みとしては
同じ大口産の芋、伊佐錦の方がお薦め
でも、賞品としては幻の代名詞の付く伊佐美の方が宜しいのだろう
鹿児島の伊佐地方には
菱刈産の芋、伊佐大泉もあり、これも捨て難い
いい水の湧くところ、いい焼酎あり!
ほんの少し、郷里の宣伝もしておこう
[PR]

# by molamola-manbow | 2005-04-15 18:40 | ヨット | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 13日

  Maori Wind

d0007653_038678.jpgd0007653_0382174.jpg象牙の端材を使ったペンダントヘッドを作っては、友人知人に配りまくった時期がある。
モチーフはかつて、本当の本物を持っていたNewZealand-MAORI の古い古い『マタウ』(FISHING HOOK)。
1980年代の初頭のことだ、40 日ほどをかけてNewZealand を旅する機会があり、この時に手に入れた。
モノは鯨の骨でこしらえた骨董。
アンティークショップのオヤジの言を信用するなら、「200年~250年ぐらい経っている」
たしかに、目を大きく見開いて舌をベローンと出す、MAORI 独特の歓迎の儀式の表情を、ハリの軸の部分に彫刻してある逸品で、南島の南端インバカーギルで見つけた。
オークランドのメインストリートに海を背にして立って左手方向を見やると、小高い丘の上にオークランド大学のキャンパスが広がっている。
その奥の公園内に自然史博物館が建っていて、MAORI-HOOK のコレクションに出会える。
南島の南端の町インバカーギルのアンティークショップで見つけた私のそれは、博物館の収蔵品に勝るとも劣らなかった。
劣らなかった、と過去形なのは、その大切な宝物をトイレに落としてしまったためで、自作するようになったのも無くしたことがキッカケです。
d0007653_13311759.jpg「ステキ!」と言われて「欲しいならアゲルヨ」と首から外す。
マンボウの携帯ストラップに気が付いて、「今度イルカを作って」な~んて注文が入る。
気が付くと周囲の友人知人が、首から釣り針ぶらさげることとなった。 NewZealand に鉄器が入るのは、1769 年のクック船長の探検以降に違いないから、ごくごく近世になってのことだ。
MAORI の人々が鯨の骨や黒蝶貝の殻で作った釣り針は、まだまだ土に埋もれることなく残っているはず。
アンティ-クショップを巡り歩いて、素敵な本当の本物のMAORI HOOK に、もう一度出会いたい。
首の周りを動物の骨や貝殻を加工したペンダントで飾る風習は、ポリネシア民族に共通のものらしく、TahitianHawaiianの間にも残っている。
Tahiti の土産屋ではプラスチック製、Hawaii のサーフアーショップなどで売られているモノも機械による型抜き製品が多い。

d0007653_039403.jpgd0007653_0392293.jpgできばえは私の作ったものと似たり寄ったり。
鉄の無い時代に時間を掛けて削り込んだ温か味や無骨さがありません。 
MAORI HOOK に話を戻すと、これには千差万別のデザインがあって興味は尽きない。
本当の釣り針も、対象魚毎に大きさや形を変えるのだから、MAORI HOOK のデザインに変化があっても不思議はない。
しかし、MAORI HOOK には釣り針とはまるで形の違う、棍棒状のものや槍の穂先状のものまである。
生きる糧を得るために使っていた道具としての釣り針が、次第次第に神聖なものへと変化を遂げる。
釣り針が極めて重要だったからこそ神聖視されるようになったのd0007653_0395825.jpgだろうが、持ち主の指針やモットーを示すお守りの意味を持つようになる。
形の違いを言葉で説明するのは難しいが、「Maori Wind 」,「Regend 」,「Spirit 」,「Sea Heart 」,「Doom
などの形がある。
私の作品の中で、MAORI HOOK のデザインに類似しているのは左上から二番目。
このデザインには「Spear (槍)」の意味が有るらしい。
マンボウ大好き人間、Hey Manbow の携帯電話も、もちろん自作のマンボウ。
サメやイルカは多少雑に作っても誰にでも判る形をしているし、削り出すのも簡単なために、こちらも数多く作って配布しまくった。
マンボウの下にぶら下がっている銀器は首から提げる中国のピルケースで、真ん中からパカッと割れる様にできている。
中には小さく折り畳んだ非常用?の一万円札を入れている。
d0007653_20253843.jpg  旧札のはずだから、新札に換えなければ・・・・。

←仲の良いHey ManbowMiss Manbow                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は脱線するけれどポリネシアには「R 」の発音が無い。
Honolulu、Aloha、Lei、Hula ・・・。
それなのに「MAORI 」とは・・・。
なぜ「MAOLI 」と表示しなかったんだろう?

さらに脱線して、RUGBY には『2』の背番号をつけるHooker というポジションがある。
Football のイメージから、足に関係があるように想い、Fooker などと綴りがちだが、スクラムの中のボールを、足で"引っ掛け"て外に出す役割の釣り針である。
[PR]

# by molamola-manbow | 2005-04-13 00:43 | ホビー | Trackback | Comments(3)
2005年 04月 10日

桜鯛の煮付け

スポーツ紙のカメラマンをしているバツイチの友人から、電話が入った。
「鯛の煮付けの作り方を教えてほしい」----と。
珍しいこともあるものだ、と思いつつ、頭付きかどうかを確かめて、懇切丁寧に伝授した。
その翌日のことだ。
「花見がしたい。これから訪ねる。ひとり連れがいる」と、また電話がきた。
d0007653_10212285.jpg桜に良く似た花を付ける庭のハナスモモは、さかりを過ぎてしまっている。しかし、ホウキモモ(箒桃)、カイドウ(海棠)、シダレモモ(枝垂れ桃)は丁度見頃を迎え、お向かいの桜も満開である。ま、いいか、と考えて近場に住む共通の友人夫婦にも声を掛け、小宴を張ることにした。
簡単なつまみを、4,5品作って待つことしばし。鯛の煮付け氏は連れを伴ってやってきた。
何と女性である。マンションの隣に引っ越してきたのだという。
「きのう、鯛の煮付けの味付けを手伝って呉れた○○さん」などと、共通の友人に紹介している。

トントンとマンションの隣のドアをノックして、「鯛の煮付けを作ってるんだけど、どうも味が決まらい」とかなんとか。
オイオイ、オレが懇切丁寧に伝授した煮付けの秘訣、ありゃあ、何だったんだ。
煮付けは、単なるキッカケ作りの役割りだけか。
それなら、鯖の味噌煮でいいだろう。見栄を張って桜鯛なんぞ使いおって!

「ウロコをそのままにして煮てるのよ」と煮付け氏の連れ。

ウーン、ソ、ソ、そんなところまで必要だったのか。
ウーン、ソ、ソ、それにしても素早い奴だ。
[PR]

# by molamola-manbow | 2005-04-10 12:30 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 07日

My Record

d0007653_20265648.jpg磯釣りの獲物、1.5㌔の舞鯛の口から出てきたエイリアンのお話(前回)で、ちょっぴり触れたメジナのMy Recordがこれ⇒。
この時(昭和44年1月)の釣行は、20数枚の獲物すべてがこのサイズ。後にも先にも二度とない大釣となって、半分は馴染みの磯案内にあげたものの、東海汽船の発着桟橋・竹芝からJR・浜松町駅まで、重いクーラーを引きずるようにして歩いた思い出がある。
昨今のメジナは、とんでもなく難しい釣りになっている。ことし正月の式根島釣行でも、メジナの姿がまるで見えず、舞鯛釣りに変えてエイリアンと出会うことになった。
鯛釣りをしていて、口の中のエイリアンだけが掛かることもあるらしい。
「オレ、こんな餌、付けた覚え無いのに・・・?」な~んてね。
[PR]

# by molamola-manbow | 2005-04-07 20:37 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(2)
2005年 04月 06日

  式根島釣行土産

違う星の生き物のような、薄っ気味の悪さだ。前後、左右、どのようにひっくり返して見ても、どちらが頭なのかさえ(上の写真では右、下では左が頭と想像する)、よく解らない。
形状を説明すると、外皮は海老の殻のように固く、節があって、その数は13~14枚。足は7対で、それぞれの足先は釣り針状というか、猛禽類のカギ爪状をしていて、鋭く内側に湾曲しており、この爪でしがみ付く寄生生活をしていたことがうかがえる。

d0007653_0255896.jpg大きさは写真のバックのマス目が1×1㌢だから、長さ3㌢、幅1.5㌢ほど。
蒲鉾状をしたからだの厚みも結構あって1.5㌢とずんぐりしている。
採取場所は伊豆の式根島。
正月の新魚連・初釣例会で挙げた1・5㌔の舞鯛の口の中から出てきた。

釣師の間では結構知られているこの舞鯛の口中寄生虫。
最初に出会ったのは、30年以上も前の夏の川津漁港(外房)だった。
懐中電灯と長いタモ網を持ち、岸壁の水面近くに這い上がってくる渡り蟹を捕っていると、日本記録モノのメジナ(4㌔はあった)が近寄ってきた。
まるで「どうぞ掬い上げて下さい」と言わんばかりの近寄り方なのである。
あまりの大きさにタモからはみ出し、掬い上げるのに一度失敗した。
なのにまた近付いてくる。
不思議なので掬い上げた後、良くからだを調べて見ると、胸ヒレの後にへばりついている、こいつがいた。
14本の足で、メジナのからだにガッシリとクサビを打ち込んでいるので、渡り蟹の鋏を使って剥がしたことを覚えている。
メジナは海に帰した。
「救いを求めて来たのに、獲物にしてしまっては・・・」と言う気持ちである。
釣師が自殺願望の魚を、網でゲットしてもねえ・・・。
わたしのメジナの大物記録は、昭和44124日に伊豆大島のマンタテ(万立)で挙げた㌔と1.8㌔。
掬ったメジナには程遠い。

▼エイリアンの様な謎の生物、調べてみると真鯛の口の中でよく見つかるので、標準和名を『タイノエ』(鯛の餌)という、等脚類の一種だった。
d0007653_0273583.jpg学名はレキサネラ・ベルコーサ。
想像とは逆に写真左側が頭部。
右側を団扇のように上下させ、多少は泳ぐらしい。
等脚類 甲殻類の一目。
体は一般的に扁平で、体長は1~10cm
頭胸甲はなく頭部と胸節尾節が癒合して区別がつかない。
陸生、海生、淡水生、また寄生性のものもある。
ツナムシ、ダンゴムシ、ウオノエとも呼ぶらしい。
[PR]

# by molamola-manbow | 2005-04-06 00:29 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(2)
2005年 03月 26日

  新 宿 魚 ( 漁 )業 協 同 組 合 連 合 会

d0007653_2122429.jpg
『新魚(漁)連』なる釣りと素潜り(手銛)の同好会を創り、魚と遊んでもらっている。
会の名は、漁師さんの様に、釣って釣って釣りまくろう。
そんな壮大な心意気から付けられた。
正式名をナ、ナ、ナント
新宿魚(漁)業協同組合連合会』とドデカイ。
左は友人から頂いた誕生祝いのプレゼントを利用した会の看板。
元々はアメリカの古い釣りショップの看板でした。
改造など、しなかった方が良かったかも。
シンボルのマンボウとローマ字のSGKは、メンバーの一人がデザインした。
頭に冠した『新宿』は単にメンバーの馴染みの飲み屋があるところ、というだけ。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近気付いたことなのだが、『新宿』なる名の漁協、神奈川・小田原市に実在していた。
本家スジのこちらは『ニイジュク』と読むらしい。
挨拶にはまだ行っていない。
[PR]

# by molamola-manbow | 2005-03-26 21:00 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 20日

  Y a c h t - P a r k a の 自 作

d0007653_1803560.jpg
潜りに使用するにはピンホールが怖くなった、古るい古るいドライスーツを、スプレー(波飛沫)除けのツーピースに仕立て直した。
上下に切り離した下半分はすぐに仕上げることができ、海で試してみて使えることが判った。
問題は丈が短くなってしまった上着部分。
思案がつかずにしばらく放っておいたのだったが、この連休(春分の日)に引っ張り出して、ようやく完成させた。
写真の下半分は昨年破帆したジブセールからの流用。
縫い目からの水の浸入は防ぎようがないが、スプレー程度なら・・・と考えている。
背中にあしらった写真は、昨年5月に静岡・下田沖で開催されたKENNOSUKECUP2004HINANO
ジブセールの破帆はレースの翌日、下田からホームポートの千葉・富浦港に回航する際に生じた。
今年のKENNOSUKECUPは伊東沖。
このParkaを着て、優勝(ちなみに昨年は23艇中の5位)を目指さねば!
[PR]

# by molamola-manbow | 2005-03-20 17:45 | ヨット | Trackback | Comments(0)