Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Vunvalley ( 15 ) タグの人気記事


2016年 11月 30日

  甲斐路を行く ③

d0007653_20133245.jpg
『甲斐駒』と呼び習わす駒ヶ岳の姿(⇧ ⇧)が V u n v a l l e y 小屋のベランダから消えて久しい。
森の樹木が大きく育って、わずかに望めた頂上部さえも数年前に葉っぱの向こうに隠してしまった。
駒ヶ岳と対峙する信州の峰・八ヶ岳連峰(⇩ ⇩)はハッキリ、クッキリ見渡せますが・・・・・。
時に八万粒もを実らせるギンナンだって、貰い受けた苗木を 3 5 0 坪の敷地の周辺に植えたのが始まりです。
雄木一本と三本の雌木、 V u n v a l l e y の歴史を日々見続けてきたのは、この四本の銀杏と言うことになる。

晩秋のギンナン騒動の始まり、そもそもは何時が最初だったのでしょう?
オイラが騒動に巻き込まれたのは前日に記したコレが最初の 2 0 0 6 年。
この時すでに V u n v a l l e y に集う山派の皆さんは"ギンナンかぶれ"を起こすようになっていて、海派のオイラ達に助けを求めてきたのが最初でした。
桃・栗三年、柿八年の伝で言いますと、銀杏は芽を出して何年で実を付ける様になるのでしょう?
V u n v a l l e y の庵主殿が父君を口説き落として白州郷に 3 5 0 坪の土地を購入し、釜無川の支流から土台堅めの石を運び込みから始めて、山小屋の設計と建築を自らの手で行ったのは 1 9 7 4 年です。
大工さんの手を煩わせずに、本職・風景カメラマンのトウシロウがゼ~ンブ建てたのですよ。
小屋の完成は二年後の1976年、ギンナンの収穫一年目が何時だったのかは興味を惹かれるところです。

2008年に亡くなった山小屋の庵主殿は 42ftのヨット( H i n a n o )のオーナーでもありまして、コイツで海を楽しんでいたのが海派。
オイラはギンナン人夫として、この時期だけ白州郷を訪れる。
d0007653_8404640.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-11-30 10:44 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 29日

  甲斐路を行く ②

d0007653_1922672.jpg
白州郷の V u n v a l l e y 小屋で、最初のギンナンとの格闘を演じたのは、コレが最初でした。
通年で三万個程度の実り、時に八万個などという爆発を起こしたこともあるのですよ。
全ての枝に鈴生りの実がついて、重さで折れんばかりでしたもの。
銀杏の樹木はたった二本なのに。

d0007653_1036580.jpg雌木が一本増えて、今年は更なる騒動に発展しそうな雲行きでしたが、収穫量は推定三千個どまり。
天に向かって真っすぐ伸びていた幹を、途中でバッサリ選定したことで銀杏さんがヘソを曲げたこと。
それに雪のための取り残し多々もね。

帰郷する日の早朝だけで、すぐさま 2 0 個近い取り残しギンナンが発見できたもの。
「きれいに掃除をしておかないと、野ネズミの大発生につながるんだ」とは、かつて聞いた話し。
取り残しの採取は、V u n v a l l e y 訪問者の暮れ、正月のお仕事だね。
鬼胡桃(⇨ ⇨)だって、今年は大量の取り残しがあるんだもの。

電気なし、ガスなしの V u n v a l l e y の夜⇩ ⇩)。
煮炊きは暖房用の薪ストーブで賄うんだ。
最初は川から水まで運んでいたのだけど、コイツには音を上げて水道を引いた。
3 0 人もの収容力があるんだ。
d0007653_10513621.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-11-29 10:52 | ホビー | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 28日

  甲斐路を行く①

d0007653_10393422.jpg
1 1 月の雪としては半世紀振り。
その雪が都心を薄っすらと覆った翌日です。
甲斐駒ヶ岳の麓の町・白州郷まで行ってきた。
川端康成の『雪国』ほどの違いじゃあ御座いませんが、「笹子トンネルを抜けると、そこは雪の量が違う世界」へ。
甲斐路の旅は、白州の里に建つ『 V u n v a l l e y 小屋』のギンナン拾い。
「大丈夫、翌日には無くなる」雪のはずだったのに・・・・・。
作業開始の夜明け、雪はまだこんな(⇧ ⇩)だもの。
一番下は小田急線の車窓から写した相模の国、富士山の雪はともかく野には一片の雪も残ってなかったのに。
d0007653_10395299.jpg


d0007653_1273853.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-11-28 10:49 | ホビー | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 27日

  白州郷のおみやげ

東も西も実りの秋、と思っていましたら北の大地に雪がきた。d0007653_9551288.jpg
三内丸山遺跡の皆さんは、すでに準備万端で冬支度を済まておいでだと思いますが、狩猟採取民族の末裔たちときたら。
雪靴、カンジキの用意を怠っていて、二百万都市ではスッテンすってんの連続であったと伝え聞きます。
かく言うわたくし目も、のんべんだらりの生活をしていまして、干し柿 3 0 個ほどを吊るしただけで御座いました。
これじゃあ冬が越せないって~んで、先の連休に山梨・白州郷を訪れた際、デカイ渋柿 3 0 個とドンブリ一杯の零余子( ⇦ ⇦ )を買い求めてきた。
先祖様には「そんなもの、銭を出して買うものかよ」と、軽蔑の目で一瞥されそうな代物ですが、柿はドライフルーツの王様だと思っている好物ですし、年に一度ぐらいはムカゴ飯が食いたいものでして。
久し振りではありますが、鬼クルミとギンナンは俵詰めするほど拾いまくりましたから、そのお駄賃ですね。

言い訳をもう一つ言わせた貰うなら、神奈川の西の外れの渋柿よりも三倍近いデカサがあったものでして。
バックに余裕があったら、100 個ぐらいは買いたかったんですよ。
皮だって乾燥させてからジャムに加工できるし、発酵させれば柿渋だって作れるし・・・・・。

一緒に吊るした鹿角一本も、やはり森の収穫物。
釣り針や矢じりの材料にと、ご先祖様には大層珍重された代物であったに違いない。
神様は収穫の秋に合わせて角が落ちる様に鹿をおつくりなさった。
毎年落ちる鹿角を、現在の末裔はどの様に使っているのでしょう?
「もう一本拾って、物干し竿作り」
などとジョークを飛ばしましたが・・・・・。
d0007653_11272982.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-11-27 10:21 | ホビー | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 25日

  V u n v a l l e y 小屋 続き

                           コノ窓枠、ステキでしょ( ⇩ ⇩ )
d0007653_6572630.jpg
' 7 0 年代の半ば、土地を手に入れて整地から始めてココに山小屋を建てたのだから、 V u n v a l l e y には半世紀近い歴史がある。
この間に周囲を囲む樹木は成長を続けて、頂上を雪で覆う甲斐駒の絶景を正面から消しました。
その鋭意成長中の林の影をトレースし、窓枠に加工したんですよ。
死んじまいましたけどね、小屋の庵主さんは『遊びの天才』だったと思っている。
昨今の窓枠は工場生産の規格品、遊び心なんて微塵も感じないスチール製になっちゃった。
それだけに尚更、ステキ ! 、を感じるのでしょうか?
「オイラはヒマラヤ杉が好きだから、窓枠には枝を下向きに」
「竹が大好きだからたわむ感じを出してくれ」などと、〝 窓枠注文 ”をとる職人が出て来てもいいね。

V u n v a l l e y の名称、コイツも遊びであるらしい。
フランス語曰くの『良い旅を!』の挨拶言葉・ボンボヤージュ、梵語曰くのボンボレ、このどちらかが出典であるらしい。
登山中に唱える修行僧言葉、『六根清浄』さながらに、ヒンズー教の托鉢僧は『ボレリットン、ボン、ボンボレ~』と唱えつつ歩むらしい。
ヒンズーもアーリヤだし、フランス、ドイツも同じ。
アドルフ・ヒトラーなど、「最優秀民族はアーリヤ」などと唱えていましたものね。
V u n v a l l e y の庵主さんから聞いた話じゃあないので、真偽のほどは分からないのですが、『ボレリットン、ボン、ボンボレ~』も、『ボンボヤージュ』も、『六根清浄』も共通点がある。
不浄なものから目・耳・鼻・口・身・心を断ち切る修行、つまりいい旅に繋がるんだもの。
Bよりのイントネーションの方がいいね!!

何時まで経ってもコドモで居たい。
オイラは故人となっちゃった V u n v a l l e y の庵主さんをそう理解してる。
その想い、脈々と受け継がれてるゼ。
小さなピッザ窯の主、今回はガキ連れ、つまり結婚してまた来てたし、庭には可笑しな建造物( ⇩ ⇩ )も増えてた。
ゴザを敷いてコノ中で一杯やると、「満天の星が天井から透けて見えたまた格別なんだ」とかの裂いた竹で作った半円形の籠、覆いをかぶせればテントになる代物です。
それぞれが好き勝手に楽しむ大人の隠れ場は、『来るものは拒まず』の大勢の住人の中に確実に浸透し、成長している。
そこら中が放置柿の渋柿村なのに、だ~れも干し柿暖簾を作らないのは不思議だけど。
白壁の背景に、映えまくるはずなんだが・・・・・。
d0007653_9492160.jpg
                              竹籠の中からの一枚
d0007653_9505357.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-11-25 09:56 | ホビー | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 24日

  久し振りの V u n v a l l e y その1

d0007653_734289.jpg

山梨は白州郷に建つ山小屋・ V u n v a l l e y の全景です。
「同じ角度からカメラに収めたことがあるな~」と思いつつの一枚、何時眺めても美しいと思いますもので!
二階は合計16人収容のの二段ベッド、右脇の石積の建て増しにも同じ宿泊ベッドがあるので、合計すると30人ほどが寝泊まり出来ます。
その「来るものは拒まず」の山小屋で、この連休は勤労奉仕をしてきました。
お仕事はコイツとの格闘です。
「 キタニコマッタヒトアラバ イッテ タスケテヤリ 」の精神ですね。
V u n v a l l e y に通う山派の皆さん、小さな小さなピンポン玉にカブレる様になっちゃった。
で、この時期が来ると海派のオイラ達に S O S を打電してくる様になった。
今年は当たり年じゃあないのですが・・・・・(⇩ ⇩)。
放置しておくと、野ネズミの大発生につながるのです。
小屋正面の一本は鬼クルミ、コチラもキレイに掃除しなければいけません。

d0007653_8295647.jpgd0007653_8301589.jpg

二階テラスから見下ろした前庭(⇩ ⇩)。
何を待つ人達かは右の写真ですぐわかる。
小さなピッザ窯があって、出来立てを食らう。
懸命に黄色いピンポン玉と格闘中の海派を差し置いて、山派が真っ先に喰らってたのはけしからんことですけども!

d0007653_922017.jpgd0007653_93855.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-11-24 09:59 | ホビー | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 24日

Vunvalley④ 糸魚川静岡構造線

d0007653_8123850.jpg
JRの中央線を韮崎駅で降りて山梨の清流・釜無川沿いを北に向かって白州郷へ。
駅の数にして六駅ほどを国道20号線で走ると、日本列島を東西に分かつ糸魚川静岡構造線の一部、三十キロほどを視認することが出来る。
中央線が走っているのは崖の上、隆起して出来た崖なのか、それとも釜無川が走るこっち側が陥没したのか・・・・・。
地球の内底に秘められたエネルギーの凄まじさ、舌まく眺めです。

日本列島には九州から四国を通り、鹿島灘に抜けて行く中央地溝帯も走っている。
この中央地溝帯、西から東へと一直線に走って鹿島灘に抜けるのに、糸魚川静岡構造線とぶつかる関東部分だけは北側に湾曲しちゃってる。
島だったはずの伊豆半島を列島にくっつけちゃった南方から押してるパワー、その中央地溝帯を湾曲させちゃったフォッサマグナと糸魚川静岡構造線がぶつかり合うポイント、北関東のコノ崖線の何処かだろうと思うんだけど・・・・・?
そんなこと考えて、行きも帰りも、今回はバスの旅。 
d0007653_8211657.jpg
                           こちら南アルプス側の車窓(⇩ ⇩)
d0007653_7153683.jpg
d0007653_7155589.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2011-11-24 07:23 | カテゴリー外 | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 23日

Vunvalley③ 鬼胡桃の行き先は・・・・・

d0007653_1057815.jpg前略もなしに書き出した。

コンロの上にフライパンを置いて、コロコロと炒る。
とんがってる実の先端部分にかすかな割れ目が生じてくるよ。
そこにナイフの先など突っ込んでグイッとひねる。
パッカ~ンと二つに割れる。
食らう。
軍手などしてやるといいからね。
怪我しないでね~、退屈しのぎになるからね~。

ヨットの『Hinano』を覚えてるかい?
あの時の変なおじさんからだよ~。
                  manbow
d0007653_111092.jpg
長崎の西、玄界灘に浮かぶ五島列島最南端の島・福江島に、縁薄からぬ少女が住んでる。
日本最西端の温泉じゃあないかと思っている荒川温泉の湧く玉之浦の住人、低学年の小学校生が受け取り主です。

カレンダーを丸めて送ってきた筒状の容器に、山梨・白州郷で拾った鬼胡桃百個ほどを詰め込んで送った。
manbowの名前知らないから、届いた小包には薄気味悪い想いをしたでしょうが、手紙読んで表情を緩めたでしょう。
少女の名前、『ヒナノちゃん』と云うんです。
漢字で『日七乃』と綴るんですけど。

縁の始まりは二年前に出会った赤烏賊の刺身オジさん
昨秋、再びセーリング・クルーザー『HINANO』で荒川を訪れると、お母さんに手を引かれた『日七乃ちゃん』が訪ねてきてくれて玉之浦湾遊覧クルーズを楽しみました。
赤烏賊の刺身オジさん、『日七乃ちゃん』のお爺ちゃんです。

タヒチ語で美しい未婚の娘さんを意味する『HINANO』と、五島列島・荒川温泉の可愛い少女『日七乃ちゃん』。
たった一度のクルージングだけど、もう、彼女は『HINANO』クルーの立派な一員だと思ってるんだ
[PR]

by molamola-manbow | 2011-11-23 06:50 | ヨット | Trackback | Comments(2)
2011年 11月 22日

Vunvalleyその② 銀杏人夫

d0007653_8513637.jpg
d0007653_8582452.jpgザルを被って五右衛門風呂につかってる御仁、Vunvalley小屋の故・御主人様です。
かまどに薪くべてる赤いズボンの幼児、薪で風呂沸かすなんて、人生最大の事件だったに違いない。
結婚して、お父さんになった今、息子を連れて通ってきてます。
丸見えだった露天のお風呂も周囲の樹木が育って、それなりの雰囲気になった。
サウナ付きの大風呂も完成して、こちら沸かすより今じゃあ大風呂使う機会の方が多いんだけど・・・・・。
ニ十ン年間の時の流れ。
そのNO1は、三十センチにも満たない苗木から育てたイチョウと、すっかり葉を落とした鬼クルミの大木に集約される。

d0007653_1114152.jpg写真のイチョウ(一番下)、雄木だから実は生らないのだけど、総計八万個なんてこともあったイチョウが他にニ本あるんです。
夏場の南陽を、さえぎってくれるクルミも、コイツ一本で万単位の実を付けるんだ。
ゼ~ンブ拾って、人間様の食料にしないと、野ネズミの大発生が起こる。
で、この時期になると、大号令の発令となる。
銀杏とクルミの収穫人夫集まれ~ッ
山が好きでこの小屋に集まる山派の人達は、人夫役から一人消え、二人落伍し・・・・・。
d0007653_1924476.jpgみ~んな銀杏カブレ、蕁麻疹を起こすようになっちゃって、海派のオイラたちに救助要請が来るようになったんですね~。
心優しい海派のツワモノ、宮沢賢治の世界を実践します。
     白州ニコマッタヒトアラバ イッテタスケテヤリ
ことしの銀杏は推定二千個とか三千個ぐらい。
木更津のヨット『KoKoLo』からの心優しいツワモノが申してました。
「毎年、この程度ならばいいのに・・・・・。何時もいつも、生り過ぎよ
オ~イ、山派の諸君、クルミは蕁麻疹起こさね~よ~、オメ~サンたちで始末しろ~!!

銀杏収穫隊の人夫へのご褒美、乳飲み子背負った親子連れなど、十数頭の野猿の群れが見られたことでしょう。
農道を手足四本使ってゆっくり近づいてきた姿、最初は毛足の長いペルシャ系の猫に見えたんですけどね~。
銀杏人夫用に収穫を遅らせてた柿の実、こいつらがみ~んな食っちゃったんだけど・・・・・。
d0007653_9454610.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2011-11-22 07:22 | ヨット | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 21日

Vunvalleyその① 白州郷の二十ン年

d0007653_19591634.jpg
d0007653_7211664.jpg最寄り駅はJR 中央線の小淵沢。
仲間内で『Vunvalley』と呼ばれてる山梨は白州郷の山小屋まで、久し振りに出掛けていた。
何時もいつも、「凄いな~」の気持ちを新たにして帰ってくる。
水道は引きましたけど、電気なし、ガスなし、煮炊きは居間に設えた暖房用の薪ストーブでする。
来る者は拒まず。
庭で野菜を育て、味噌を作り、募金箱に五百円玉を放り込めば一夜をゆったり過してリフレッシュして帰って行ける。
建てたのは三年前に亡くなった海仲間のカメラマン。
自ら図面を引いて、京王線の枕木の廃材、一本五十円也を三百ン本集め、釜無川から御影石を拾って土台作りから始めた。
土日毎に仲間が集まり、コツコツと石を積み、枕木に穴をうがって組み立てたのです。
d0007653_722980.jpg
真っ白な漆喰基調の上ものも、ランプ生活続けてる内装も、素人大工さんのカメラマンが造った。
な~にもないゼロの原野に作業小屋を建てることから始めて、こんなに見事な小屋を造り上げた。
亡くなって三年、また新しい輪が加わって、生前以上の賑わいを見せてるのは嬉しい。
画用紙に枯れ枝の様をトレースし、形通りに板を切り抜いて窓枠を作る。
素人だからこそ出来るお遊びですよ。
何時もうっとりして帰るんだ。

       

                     ほぼ同じ角度から眺めた V u n v a l l e y 小屋の現在と二十ン年前
d0007653_111740.jpgd0007653_1112645.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2011-11-21 07:30 | ヨット | Trackback | Comments(0)