タグ:t's Bar ( 9 ) タグの人気記事


2012年 04月 27日

久々に酔う、久々だから酔う

口開けから飲んで、グラッとしながらスツールを降りたのは十一時を回った辺り。
お陰で多摩川渡って柿生(かきお)まで、小田急線の駅数にして十三駅も乗り過ごしてしまった。
終電は下りも上りも下車駅の経堂が終点、その上りの終電に乗れたのは幸いです。
今度は車両からダ~レもいなくなってて、一番最後にホームに降りた。
d0007653_1235779.jpgd0007653_1241356.jpg
manbowさんとの最初の出会い、Arms Park(英・ウエールス)かな~、Eden Park(ニュージーランド)だったかな~。どっちかのラグビー場、日本じゃないですネ」
ヤケに盛り上がっちゃったのは、ほぼ二十年振りの再会があって、ラグビー人気華やかしき頃の八十年代の話しがワンサカ飛び出したから。
再会の氏はフリーのスポーツ・カメラマン。
昨今はブームのサッカー取材であっても、おいそれとは海外にまで足を運べない経済右肩下がりの時代ですが、八十年代には"たかがラグビー"でさえ海外取材ができた。
その当時のあれやこれや、忘れてたことがタ~クサンでてきた。

二十年振りを設定してくれたオトコは、何時もの飲み友達のひとり。
棚から抜き出されてカウンターの上に置かれたキープボトル(Jack Daniel's)を眺めるやいなやです。
「ウヒャ~、ニューボトルだった筈ですよ。たった1センチしか残ってネ~」
そう言って、ジロリとこっちを見やがった。
暑さ、寒さに関係なく、本格的なBarであろうが居酒屋であろうが、昨今は「芋焼酎のお湯割り」と決めてるから、琥珀色の液体とは無縁の関係を続けてる。
「バーボンとかテネシーウイスキーなんぞを飲むのは若者だぞ、誰がそんなもの。ロートルならロートルらしく、スコッチに換えた方がよか
そんな訳で1センチを仲良く分け合った二十年振り氏とセッティング氏、以後はシングルモルトのGLENLIVETをグビッ。
焼酎vsスコッチで飲み進んだ夜、別れた後の二人がちょっと心配、度数高いし・・・・・。
                                 新宿二丁目のTeraちゃんなるマスターのお店・『t's Bar
[PR]

by molamola-manbow | 2012-04-27 07:33 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 29日

ハートマークのボトル

d0007653_613932.jpg
「キューピットの役目受けもつかもしれないボトル見せてくれるかい?」
「ハテ・・・・・?、キューピット、キューピット・・・・・、なんでしょう?」
「勝手にハートマークを書き入れられちゃったヤツだよ、本人も知らない間に」
「アハハ、アレですか」

て~んで見せてもらったボトル、RUM酒とは思いませんでした。
Reiちゃんなる女性のキープボトルです。
「ウム~、Rumと聞いただけで、ヤツに太刀打ちはムリだネ
「アハハ、申しておきます」
manbowの友人、ボトルの主・Reiちゃんにお熱あげてて、一緒になりたいと願っているのだけど、色良い返事がもらえないんです。
で、勝手にハートマークなんか書き込んでアピールしてるんだけど・・・・・。
一緒にカウンターに並んでバカ言い合ってる間柄だし、共通の知り合いも居るんだから、この程度の悪戯は許されるのでしょうけどね。

酒場デートの際には一度も誘ってくれないんだ。
Reiちゃんには一度逢ってみたいのに・・・・・。
新宿二丁目、『t's Bar』の夜。
[PR]

by molamola-manbow | 2010-06-29 07:07 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
2009年 04月 28日

宵の口

d0007653_9435325.jpg
「人通り、随分少なく感じるけど・・・・・」と、不況のダゲキ思いつつ、もうトップリ暮れた新宿の街を歩いていた。
時刻は八時過ぎ。
しばらく時間があるので、かつてのホームグラウンドを一回りして待ち合わせのショットバー『t's bar』へ。
d0007653_10531112.jpg一坪飲み屋がひしめいた新宿二丁目も、しもた屋風は新千鳥街のほんの一角だけとなり、予算できるだけ削って建てたのであろう貧弱なビル群へと変わりつつある。
思い出しちゃいました、小田急線・経堂駅前で解体作業が始まっている『小田急アパート』の十四階建て巨大廃墟を。
たった三十年余りでぶっ壊し。
新宿二丁目の三流ビル群も、小田急アパートと同じ運命たどるんだろう。
そんな無駄するより、『青線時代』の面影残す飲み屋街、いっそのこと文化遺産として残せばいいのに・・・・・。
この一帯、周りグルッと板塀で囲まれた特殊飲食街の時代がある。

t's』に到着すると、案の定オイラが口開けの客だ。
八脚のカウンターが埋まり、後のテーブル席まで客で入ったのは十一時を過ぎてから。
新宿の八時九時は宵の口といったところ。
d0007653_944969.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2009-04-28 09:50 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
2009年 04月 01日

丸々三ヶ月掛けて

d0007653_8314889.jpg新宿二丁目の洋風一杯飲み屋・『t's Bar』まで、まるまる三ヶ月を掛けてようやく昨夜たどりついた。
二〇〇九年度の新宿飲み屋街デビューです。
渋谷の外れ並木橋で飲んでいて、「明日が早いから」と十時前に一人ぼっちに。
仕方がない。
オイラも帰ろうとテクテク歩いていると、新しい地下鉄・副都心線の入口に出ちゃって、「こんな機会じゃないと乗ることのない線だから」。

「テラちゃん、キミのお店のために造ったような地下鉄だね~」
「アハハ、ご冗談を、石原さん関係のお客さんはだ~れもおいでじゃない」

道産子・テラちゃんが道東・厚岸(あっけし)の海から空輸させている牡蠣の燻製(季節には生牡蠣を食わせる)、注文したのに食わずに帰ってきちまった。
呑むと食えなくなる癖、最近ますます酷くなって、ピーナツ三粒ほどもありゃあよくなる。
厚岸の牡蠣、そもそもは宮城・松島湾から種が流れ着き、自然繁殖したんだといいます。
いまじゃ、広島モノをも、k松島モノをも凌駕しちゃって、日本一の牡蠣へ。

プリプリ丸々の写真見ながら、仕舞ったな~、失礼しちゃったな~と、後悔がふたつ。
d0007653_8563014.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2009-04-01 09:35 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(3)
2008年 06月 23日

新宿二丁目 t's Bar 物憂げに曲は流れて・・・・・  

d0007653_81467.jpg もしも~ピアノが~弾け~た~なら~
そんな歌ありました。

琥珀色の液体、カラカラいわせながらグビリと一口、おもむろに鍵盤の横にグラスを置いて、パティ・ページの♪ Tennessee Waltzなんか物憂げに。
明かりを落としたフロアーにゆっくりと紫煙が流れ、会話をとめたカウンターの客、スツール回してピアノの方を振り返ります。
関西の女性ジャズシンガー、一時期何かのコマーシャルで親の仇でもとったかのようにがなりたてていましたけど、あんなのTennessee Waltzじゃありません。
失恋の痛手、友に最愛のヒト奪われた痛い思いのよみがえってくる曲ですから、憂愁をにじませなければ
琥珀色じゃなくて、無色透明、焼酎などすすりながら、もしもピアノの弾けたらな~。
ショボ降る雨の新宿の夜、メロディー頭に流してみても、隣りはむさっくるしい男だ~。
  d0007653_8123515.jpgd0007653_8132753.jpg

              ♪ I was waltzing with my darlin to the Tennessee waltz
                      When an old friend I happened to see,
             I introduced her to my loved one,and while they were waltzing
                     My friend stole my sweetheart from me.

                  I remember the night and the Tennessee waltz
                      Now I know just how much I have lost
                          Yes, I lost my little darlin'
                         The night they were playing
                        The beautiful Tennessee waltz

[PR]

by molamola-manbow | 2008-06-23 06:48 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(5)
2007年 11月 28日

トイレのアザラシ

d0007653_11361236.jpg新宿二丁目の『t's Bar』、トイレのドアを開けると可愛いアザラシの子供が出迎えてくれた。
「店を三丁目からこちらに移した時、お客さんからトイレにでも飾ってくれと」
フ~ン、となると、この店でトイレを借りたのは今日が初めてかあ、などと。
d0007653_11554219.jpgそういえば余り長っ尻はしないで、仕上げの一杯とか、何処かに出掛ける際の待ち合わせの一杯とか。
昨夜は四人の集合がバラバラで、七時と決めた時刻から、他に客が来ないのをいいことに、時計が翌日を指すまで居座ってしまった。
「きょうはもう、ハシゴはしない」などと宣言して、帰りしなにみつけたアザラシである。
急いで席まで戻り、携帯電話付属カメラでパシャリ。
昨夜もデジカメの中に、カードを入れ忘れて出掛けた。

久しぶりの新宿は、もうクリスマスだ~。
[PR]

by molamola-manbow | 2007-11-28 12:07 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 09日

荒磯に潜むホワイトボースのしぶき

d0007653_11521371.jpg新宿二丁目の馴染みの酒場『t's Bar』のマスターは、manbowがスツールに腰を下ろすやいなや、目の前のカウンターに一本のスコッチを置いた。
「今日はこれを飲め」
と目で語っている。
Chieftain's』(→→
光量不足でラベルがハッキリ写っていないけれど、スコッチにしては結構派手なラベル。
Kilt姿のスコッチ野郎が杖を突き、スックと岩山の上に立っている姿が描かれている。
「棚に並んでいても、手を出したいラベルじゃないなあ」
と感想を述べると、そう言わずに飲んでみろ、ときた。

でかい氷を落し込んだロックグラスに注がれる、くだんの液体には、ウイスキー特有の琥珀の色がなかった。
水のように極端に薄い。
冷却ろ過を施さず、カラメリングもしていない生のスコッチ、とはマスターの薀蓄。
カラカラと揺すってグビッとひとくち。
「目を閉じると感じられる、アイラ(島)の荒磯に潜むホワイトボースのしぶき」
何を言いやがる、とグラス越しにマスターを睨みつけ、もうひとくち。
こんどは
「ショートエイジの荒々しさ、鼻を刺すビートとヨードの香り・・・・・」ときた。
この野郎、先回りするな

スコットランドの北、荒海の中に浮かぶISLAY島のシングルモルト。
最初の口当たりは強烈だけど、二口目からはその個性が心地よさに変わる。
荒海に繰り出す漁師の酒、とでも形容したらいいのかも。
決して柔な口当たりではないのだけれど、また手を伸ばすことになりそうだ。
Chieftain'sの上は、個性を抑えた同じISLAYLAGAVULIN16年
ついでだからこいつも試し、昨夜は酔って候
[PR]

by molamola-manbow | 2006-12-09 11:48 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(11)
2006年 07月 30日

友あり、NYより来たる

新宿二丁目の新千鳥街にあった小さなスナック『スガンさん』の元常連客に、土曜の夕刻、集合令が掛かった。
『スガンさん』は去年十三回忌を迎えた店主・美晴の死とともに店を閉じた。
常連もてんでんばらばらなのだけど、何かあるといまだに「集合」とくる。
店主・美晴の人徳に違いない。
d0007653_19502042.jpg土曜の夜の集合令は、ニューヨークに旅立った常連客の里帰りを「ヤアヤアヤア」と歓迎せんがため。
会場の『東順永』新宿二丁目店に赴いてみると、サプライズ付きであった。
この九月に小学校に上がるという、お嬢ちゃんが隣りにちょこん!!
サムソナイトひとつで飛び立ってから、え~とえ~と、十ン年・・・・・。
これだけあれば母親になってても可笑しくはないけど、おそろしい勢いで流れて行く月日を、ちっちゃなお嬢ちゃんの顔が教えて呉れて、改めてガックリと年を取る想い。
酒の回りもことのほか早く、「I am very famous Japaness movie star」だと吹聴する悪ノリ。
お嬢ちゃんは「うそだ~」を連発していたけれど、こっちも連発したから、ひょっとすると「チョイ不良(ワル)オヤジ役なら、有り得るかも~」な~んて信じちゃったかも~。
d0007653_1955799.jpg
新宿五丁目に本店(こちらの方が狭い)のある『東順永』は、天下一品の水餃子を食わせる。
台北の小篭包屋『鼎泰豊』に匹敵すると言っても、言い過ぎではない。
他に千切りにしたジャガイモの冷製、干し豆腐の千切りなども絶品なのだけど・・・・・。
残念なことに焼酎を置いていない。
しょうがないので、この日は鹿児島・市来町の芋焼酎『七夕』(田崎酒造)の黒を持ち込んだ。
中華料理には紹興酒が合う、なんてえのは、ウソだ~~!!
同じ二丁目の『t's Bar』で仕上げてお開き。
[PR]

by molamola-manbow | 2006-07-30 14:21 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(9)
2006年 05月 09日

てら's BAR

d0007653_7151744.jpg
大型連休が明けるのを待ち構えるようにして、一軒のBarがオープンした。
正確にいえば、お店の新宿三丁目から二丁目への移転、地下から二階への昇格、スツール七脚から十ン脚への拡張、etc
オカマさんたちのお店がひしめき合う、知名度全国区の"特異趣味人"の街の中では、こちらの方が特異な正統派Barである。
床を板張りにして15センチほど嵩上げしたために天井が近い。
この狭さが客同士の一体感を生み、居心地はいい。
場所は生ジャズの聴ける『PIT INN』近く。
名前をt's BARと申しますから、もしもの節はお立ち寄りを!
Scotch、Irishの品揃えは豊富、一通りのカクテルもカチャカチャカチャ。
女性ひとりでも大丈夫ですよ~!

電話03-3356-2268、と今日は宣伝です。
馴染みの飲み屋の廃業、閉店が続き、『t's BAR』は私にとっての唯一とも思える新宿の夜の拠点。無くなっては困るので、住所まで入れちゃえ!
新宿二丁目12-9、大倉ビル2F(夕7時から朝の4時まで。日曜は休肝日)
d0007653_716381.jpg


ひとりごと
[PR]

by molamola-manbow | 2006-05-09 07:31 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(7)