Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 20日

生産緑地

d0007653_1359536.jpg
都市化の波に押しつぶされそうになりながら、猫の額の面積で頑張る都会の畑の作物が熟しはじめた。
キュウリは反り上がってるし、トマトにはへたの部分に割れ筋が付いてたりするのも混ざっているのだけど、そもそも野菜はそんな姿してたんだ。
キャベツからは一匹や二匹、イモムシだって糸伝いながら落ちたりするものだったんだ。

で、畑の前の無人の売店にチャリンコ停めて、料金箱に百円入れて、「今日は何にするかな~」と品定めして、一品選んで帰る。
世田谷は結構あちこちに『生産緑地』が残っていて、これからますます野菜の種類は増えて行く。
見た目綺麗な、スーパーの粒揃いの真っ赤なトマトより、真っ直ぐ伸びたキュウリより、確実に旨いこと知ってる。
いまはトマトが応えられない
無農薬の有機栽培じゃないことも知っているんだけど・・・・・。
それにしても『生産緑地』とは、抵抗のある奇妙なネーミングだ。
[PR]

by molamola-manbow | 2009-07-20 05:46 | 自転車


<< 幸せの黄色い辛し蓮根      大和の骨董市 >>