Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 29日

八丈島からの嬉しい便り

ダンボール箱を開けると、マ~ルイ物がゴロゴロゴロと転がり出た。
ダイダイ、パッションフルーツ、猫の頭ほどもある八つ頭、一番下から里芋、合間に明日葉の束と、そりゃもう飛び上がるほどピリリと辛い島唐辛子
まだまだあるぞ。
「割れたらマズイ」と、心配りして頂いたことはヨ~ク判るけど、あっちこっちガムテープで修復された発泡スチロールの箱からは芋焼酎の『情け嶋』が出た。
壊れてる箱、運送屋さんに放り投げられてこんな形になったんじゃない。
こんな形で詰めたんだ。
「アハハ、飾らないな~」と、分解しちゃいそうな箱を見て、頬は緩んで、八丈小唄『しょめ節』の歌い出し思い出した。

d0007653_12261290.jpg      ハア~(イヤ~だったかな?)
        沖で見たときゃ鬼が島と見たが~
        きてみりゃ八丈は情け島
こんな一節もある。

      八丈島から来いとの便り
        行かざなるまい顔みせに

ひとっ飛びですぐに着く。
着いて三十分でカウンターに座って、おいしい料理と『情け嶋』が味わえる。
癖毛が特徴、悪戯も特徴、一番若いガールフレンド候補、アビちゃん(成長の記録がみられます)にも逢えるのだけど、二百九十キロの海の向こうは遠い。
同行の士を募るのが難しくって、なかなか行けないでいる。
オギャーと世に出て「逢いたいもの」と便りしてから月日は流れ、ガールフレンド候補はもう二歳半だろう。

八丈島で海に一番近い飲み屋さん、神湊港の崖の上に建つ『Knockin’ on Bird's Door』さんへのツアー、来年は是が非でも実現したい。
おにいちゃんのK也とも逢っていない。
d0007653_12245837.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2009-12-29 12:36 | カテゴリー外


<< 島 焼 酎      宴のコロッケ >>