Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 26日

カツオの烏帽子

「オイ、オイ、まだ6月だぞ!」と、パソコンの画面に向かって毒突いてしまった。
芋洗い状態の片瀬海岸にやって来て、うら若い女性の太ももなんかに悪さをするヤツ。
その何時もは盆過ぎにやって来る招かれざる客が、ことしはもう姿を見せたようなのである。
クダクラゲ目ヒドロ虫類の、カツオの烏帽子なのか、はたまたカツオの冠なのか、素人の私には見分けることが出来ないけれど、総称して『デンキクラゲ』と呼ばれているヤツです。
d0007653_8584320.jpg海が好きだから、その好きな海に生息する生き物は、多少薄っ気味悪くてもほとんど受け入れてしまうのだけれど、烏帽子のたぐいだけはいけません。
あのヒモ状の触手に巻かれて刺胞に刺されると、激しい痛みがいつまでも続くばかりか、痕が醜く残りますものね。
伊豆七島の南端をかすめて行った、先日の台風4号の置き土産でしょうか。それにしても早過ぎる。まだ一度も海に入っていないのに、クラゲの心配をしなければならないなんて。
浜に打ち上げられたクダクラゲ目ヒドロ虫類の死骸を見たのは、鎌倉・七里ガ浜の海を一年365日、欠かさずに撮り続けているカメラマンのこちらのサイト
25日の一枚に写っておりました。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世の中おかしいですよ。26日には東京・大手町の気象庁でアブラゼミの声を観測したそうです。
これは観測史上最速なんだそうで、平年に比べて31日早く、今までの記録(1955年7月10日)を2週間も短縮したことになるらしい。
[PR]

by molamola-manbow | 2005-06-26 16:37 | 潜り・磯釣り・海


<< ♪シャバ 娑婆 ラ シャバ ラ...      UkuleleのStradivari >>