Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 06日

小田急線の車窓から

d0007653_7113018.jpg
地下に潜った小田急線の三つの駅のひとつ『世田谷代田駅』、線路の下を環状七号線が走っていた駅だから、かなり深く潜ったはずです。
先頭車両からの一枚、カメラを取り出すのにもたつき、がらんどうのホームを写すのが遅れた。
何を写したかったのか
鉄道マニアにはこの駅の名物とされていた地上駅時代のナガ~イ木製ベンチのその後でした。
ホームの端から端みたいな長さがあって、乱暴に扱っても『壊すこと能わず』みたいな無骨な姿で横たわっていたのです。
ヒョットしたらの期待は裏切られた。
地下駅には火災を考えて木製の器物は置けないのが決まりなんだとかで、小さな金属製のベンチがチョコンとあるだけ。
何処に行っちゃったのでしょう?
何処かで余生を続けていればいいのですが・・・・・。

d0007653_8241830.jpg世田谷代田の駅名、架空の化け物・ダイダラボッチから来ていて、周辺には化け物の名を付けた川も流れておりました。
今でも覗ける川の流れ、新宿を出て成城を縦貫する仙川まで行ってようやく出合える。
小田急線は渋谷の街に地名を残す宇田川の支流のひとつ、 ♪ 春の小川はサラサラ行くよの河骨川を渡り、ダイダラボッチ川を越え、北沢川、烏山川を越えと、多くの川を渡って多摩川となった。
今はみ~んな暗渠、川筋をたどるのも難しい。

神奈川のNO1 河川・相模川を渡ってしばし、車窓にようやく田園が広がる。
路線にはタマガワがもうひとつ、『玉川』です。
丹沢山塊から相模湾へ、無数の川が走って土地は豊穣とみた。
d0007653_10573955.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-10-06 08:49 | カテゴリー外


<< ここも湘南の海      新しい動詞・『尻負う』 >>