Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 11日

  見~つけ、七斗北星

d0007653_8504429.jpg先日の『風景の狩人 久我耕一遺作展』に通って、頂いたり、購入したりの写真がタ~クサンできた。
写真といってもフィルムですから、灯りにかざし、透かして見なければならない代物です。
そんなのを一枚々々眺めていて、「ムムッ?」となったのがこれです。
当初は魚眼レンズで山火事を写したのかな~、と思った一枚ですが、アラスカ・タルキートナまで出かけてオーロラを写したものだとある。
ソイツを仔細に眺めていて、オーロラの怪しい炎の中に七つの粒々、「これって七斗北星だぞ」
洗濯挟みでフィルム写真を吊るし、ソイツを手持ちのバカチョンで複写しただけですので、作品を保護するセロハン紙が歪んだり、反射したり・・・・・。
どれが七斗北星なのか、ちょっと見だけでは判り難い一枚ですが、久我耕一は「コイツを入れて写したかったに違いない」気持ちは伝わってきた。

「写したいのはオーロラだろう」だけじゃあないんですね。
d0007653_8565087.jpg写真に付加を付ける。
それが七斗北星なのだろうと。
己のクルーザー『Hinano 』を望遠でとらえた一枚、この中に映り込んでいる一羽のカモメも偶然飛び込んできたものじゃあないですよ。
画面の中に入って来るのを待って、シャッターを押したに違いないのです。
チッポケな黒い影ひとつで写真にインパクトが生まれることを知るオトコの一枚なんだと。
オーロラの中から見つけた柄杓型の七つ星。
接写を試みてみましたがこの程度にしかなりません。

久我耕一よ、オメ~さんの努力は見つけた。
でも、デカク伸ばしてみたい作品はコイツじゃあない。
何枚か、お気に入りは他にあるのよ。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-04-11 09:54 | カテゴリー外


<<   空気が替わった        もう、怖くないぞ >>