Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 09日

  江戸の花火

d0007653_23211777.jpg
梅雨に入ってあちこちのblogで様々な紫陽花咲き誇っている。
挿し木で簡単に増やせる木だから、品種改良も易しいのかも知れない。
昔は観たこと無かった、初めての花によく出会います。
その様々を眺めながらの独り言、
「オイラはこと紫陽花に関しては、純国粋主義者で御座る」。
つまり、好き嫌いが日の丸の鉢巻締めた気分とその他に分かれるのです。
半円形にこんもりと、沢山の花が寄り集まり、「どっちかはっきりして呉れ~」などと言いたくなる薄ぼんやりした色の花が多い方、あれって西洋から持ち込まれた紫陽花なのですよね。
反対にこんもりがなくて、周りのポツンポツンが目立っヤツ、ひっそりと咲く額紫陽花の方が日本の原産種。
どちらかと言うと紫陽花は西洋種に席巻されている感がありますけど、好きなのは額紫陽花、国粋主義者なのでございます。

知らない間にわが家の庭に、日本原産種の新顔が植えられていました。
連れ合いの関係する展示会に去年届いた女優・真野響子紫陽花、凛とした花を愛でて持ち帰った。
株分けして差し上げる約束のヒトが居るから、全部がわが家のものではない。
『墨田の花火』、実際には一度もみたことない江戸の花火、花には粋な名前が付けられている。
[PR]

by molamola-manbow | 2008-06-09 07:19 | 犬・猫・蛙に動植物


<< 化粧直し      豪徳寺の『あめこや』 >>