Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 23日

新宿二丁目 t's Bar 物憂げに曲は流れて・・・・・  

d0007653_81467.jpg もしも~ピアノが~弾け~た~なら~
そんな歌ありました。

琥珀色の液体、カラカラいわせながらグビリと一口、おもむろに鍵盤の横にグラスを置いて、パティ・ページの♪ Tennessee Waltzなんか物憂げに。
明かりを落としたフロアーにゆっくりと紫煙が流れ、会話をとめたカウンターの客、スツール回してピアノの方を振り返ります。
関西の女性ジャズシンガー、一時期何かのコマーシャルで親の仇でもとったかのようにがなりたてていましたけど、あんなのTennessee Waltzじゃありません。
失恋の痛手、友に最愛のヒト奪われた痛い思いのよみがえってくる曲ですから、憂愁をにじませなければ
琥珀色じゃなくて、無色透明、焼酎などすすりながら、もしもピアノの弾けたらな~。
ショボ降る雨の新宿の夜、メロディー頭に流してみても、隣りはむさっくるしい男だ~。
  d0007653_8123515.jpgd0007653_8132753.jpg

              ♪ I was waltzing with my darlin to the Tennessee waltz
                      When an old friend I happened to see,
             I introduced her to my loved one,and while they were waltzing
                     My friend stole my sweetheart from me.

                  I remember the night and the Tennessee waltz
                      Now I know just how much I have lost
                          Yes, I lost my little darlin'
                         The night they were playing
                        The beautiful Tennessee waltz

[PR]

by molamola-manbow | 2008-06-23 06:48 | 酒・宴会・料理


<< 煙突は街のランドマークだった  かな      四六の蝦蟇 >>