Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

2008年 06月 22日 ( 1 )


2008年 06月 22日

四六の蝦蟇

d0007653_1527768.jpg
東京都の果、八丈から島の美しい自然を発信し続けているmintogreenさんのblogに、筑波神社のガマガエルが載ったのは、十日ほど前でした。
娘さんのお友だちの結婚式に呼ばれ、「ここまで来たからには、お参りして帰らぬ手はない」と訪れた際のスナップです。
そのスナップを、「こいつ、由緒正しい血筋の子孫なのだよな~」と、眺め入りました。 
前足の指四本、後ろ足の指六本の四六の蝦蟇
「サアサ、見てのお立会い」とかなんとか。
そうして口上が始まります。
d0007653_15112065.jpg「御用とお急ぎでない方は見ておいで。筑波山の奥深くに生息いたしたる四六の蝦蟇、こいつを鏡張りの箱に入れ申すと、サ~お立合い、余りの己の醜さに、タラ~リタラリと脂汗を流し出す」
「そいつをだ。三、七と二十一日間、柳の小枝で煮詰めたのがこれだ」
「効果抜群の傷薬だよ~」。
ガマの油売りの口上思い浮かべながら、「確かに、コイツはオイラの庭にいるガマガエルより随分醜い。
オイラが拾って来るヤツは、紳士に淑女ばかりだ~」などと。

悪口、聞こえたらしいんですね~、八丈島まで。
manbowさん、お好きでしたよね。ば~ちゃんが作ったお芋のお裾分け」と、ひと箱ド~ンとジャガイモが
そこから、ころがり出てきたのです、由緒正しい筑波のガマガエルの置物!!

早速、庭のガマひっ捕まえて横に据え、記念写真でもとってやろうと庭に出たのだけど、こんな時に限って何処探しても姿がない。
そう、我が家には、ハンサムなガマが居る筈なので、そのうちハンサムなガマと醜い筑波のガマ、二匹を並ばせて写真送ります。
ジャガイモとガマ、大好きなモノ、ありがとう。
今夜はナチョラルボイル、塩だけで頂きま~す。
「今夏もまた来い」とのナゾ掛けですよね。
行きたいな~!!
[PR]

by molamola-manbow | 2008-06-22 00:22 | 犬・猫・蛙に動植物